Beauty Topics

正しい爪やすりの使い方は?綺麗に形や表面を整える方法・コツをマスターしよう!

出典:adobestock

正しい爪やすりの使い方は?綺麗に形や表面を整える方法・コツをマスターしよう!

日頃のエチケットとして使う爪やすりは、すでにお持ちの方も多いですよね。ただし、爪に負担をかけない使い方ができている方は少ないのかもしれません。
また、爪やすりといっても実はとてもたくさんの種類があるので、間違えた使い方をしている方も多いようです。
そこで今回は爪やすりの具体的な使い方や種類、理想の形に整える方法をご紹介。あらためてネイルケアの基本を学び、爪先を美しくキープしましょう。

カテゴリ | ネイル
How to 基本編
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら
INDEX

綺麗なネイルには、自爪ケアが大切

「美爪に近づく!」爪やすりの魅力

「美爪に近づく!」爪やすりの魅力 出典:adobestock

爪やすりはネイルケアで使う爪専用のやすりで、「ネイルファイル」とも呼ばれます。爪の長さや形を整えたり表面をなめらかにしたりする、美しい爪には欠かせないアイテム。

爪切りは使い方が簡単で魅力的ですが、私たちが思っているよりも爪に大きな負担がかかってしまうことがあるのです。爪周りの乾燥や血行不良が重なれば二枚爪を引き起こし、見た目も悪くなってしまいます。

いつでもベストな爪をキープするために爪やすりの使い方を覚えて、女性らしく清潔感のある手元を目指しましょう。

爪やすりには〈2つのタイプ〉がある

爪やすりには、主に2つの種類があります。使い方や目的が異なりますので、まずは簡単に違いをチェックしましょう。

目的に合わせて使い分けることで、自爪の状態に合わせたネイルケアを自宅で行えますよ。

ネイルファイル|爪の長さ・形を整える

ネイルファイル|爪の長さ・形を整える 出典:adobestock

ネイルファイルは、爪をやすりで削ることで好みの長さや形に整える(=ファイリング)ための爪やすりです。

目が荒くて板のように硬い素材でできているので、爪をしっかり削りやすくなっています。爪切り派の方も切り口をなめらかに仕上げるために、ネイルファイルが必要です。

使い方や当てる角度を調整すると、自由自在に形を変えられます。どんな方でも、必ず1本はもっておきたいですね。

ネイルバッファー|爪の表面をなめらかにする

ネイルバッファー|爪の表面をなめらかにする 出典:adobestock

ネイルバッファーは、爪の凹凸をなめらかに整える(=バッフィング)ための爪やすりです。

目が細かく内側にスポンジがついていて弾力があるため、爪の表面のカーブに均一に密着し、しっかり磨けます。

自爪でもナチュラルなツヤを演出してくれますので、仕事上ネイルカラーを塗れない方のセルフケアアイテムとしてもおすすめです。正しい使い方で自爪をツヤツヤに仕上げれば手元のきちんと感がアップして、それだけで素敵な印象になりますよ。

爪やすりを上手に使うコツをチェック

爪やすりは、どのくらいの頻度が正解?

爪やすりは、どのくらいの頻度が正解? 出典:adobestock

爪やすりのおすすめの頻度

  • ・ネイルファイル:1〜2週間に1度
  • ・ネイルバッファー:3〜4週間に1度

爪やすりでネイルケアをする頻度は個人の好みや爪が伸びるスピードで多少異なりますが、上記の頻度を目安にしてみてください。爪が長く伸びすぎると、結局爪切りが必要になったりファイリングに時間がかかったりするので、爪先が1mm程度伸びたときに削るのがポイント。

また、バッフィングはやりすぎると爪の表面が薄くなりますので、頻繁な使い方はNGです。夏季は爪の成長が進みやすい時期のため、季節によっても都度タイミングを見極めましょう。

〈お風呂上がり〉がネイルケアの絶好のタイミング

〈お風呂上がり〉がネイルケアの絶好のタイミング 出典:adobestock

爪やすりをはじめとするネイルケアは、お風呂上がりのタイミングに行うのが最もおすすめですよ。なぜなら、爪は乾燥しているほどダメージを受けやすいからです。

水分を含んだ状態の爪は適度な弾力が増すので、ネイルケアをよりスムーズに安心して行えます。爪切りを使う方も、お風呂上がりに行うと爪が割れるなどのトラブルが起こりにくくなりますよ。とくに冬の時期は爪が割れやすいので、ネイルケアのタイミングは注意してくださいね。

「深爪はダメ!」爪はどこまで短くしてもいいの?

「深爪はダメ!」爪はどこまで短くしてもいいの? 出典:adobestock

爪の長さはライフスタイルや好みによりますので、比較的長めでも短めでもどちらもOKです。ただし、できるだけ短くしたい場合は自分の指の長さよりも短くしないようにしましょう。ただし切り過ぎると深爪になってしまうので注意を。

長さを見極めるコツは、横から見たときに爪と指の長さが綺麗にそろった状態にすること。指先が美しく見えるだけでなく爪の強度も守られるため、外部刺激にも負けない爪先になります。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share