Beauty Topics

コツさえ掴めば初心者さんも簡単!自然に盛れるつけまつげの付け方&必要な道具

出典:adobestock

コツさえ掴めば初心者さんも簡単!自然に盛れるつけまつげの付け方&必要な道具

ぱっちりとした目元にしてくれるつけまつげですが、どうしても派手に見えたり外れやすかったりとなかなか難しいアイテム。しかしコツさえ掴めば、初心者でも付けることができて、まるで自まつげかのような自然な目元になれます。
今回は必要な道具と共に、上手な付け方をメイク別、目の形別にご紹介します。つけまつげの付け方やコツをマスターして、より印象的な目元になりましょう。

カテゴリ | アイメイク
How to まつげ
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら

メイクのタイプ別!つけまつげの付け方

タイプ別の付け方1:セクシーなたれ目に見せたい

タイプ別の付け方1:セクシーなたれ目に見せたい 出典:adobestock

やさしいたれ目の印象にするには、目尻が長めのタイプを付ければ簡単に理想の目に近づけます。まずはリキッドアイライナーで目の形に沿ってたれ目気味に長めに引いて、つけまつげを本来の目尻より少しはみ出して付けるのがコツ。

はみ出しすぎたり、カールを下向きに付けたりするとギャルっぽいイメージになるので、はみ出すのは2mm程度におさえましょう。また、カールがそこまで強くないタイプのものがおすすめです。

タイプ別の付け方2:キュートな猫目に見せたい

タイプ別の付け方2:キュートな猫目に見せたい 出典:adobestock

猫目に見せたい方は、目尻にボリュームのあるクロスタイプを使用しましょう。リキッドアイライナーで跳ね上げたラインを引いたら黒目の上から目尻に向かって、つけまつげを付けて。のりを軸の少し上部に付け、まつげのカールがしっかり上向きになる付け方をすると、目尻にボリュームが出て猫目に見えます。

アイシャドウも目尻を濃いめに仕上げると◎。この付け方は、華やかに見えてパーティーシーンにぴったりです。

タイプ別の付け方3:かわいらしい丸目に見せたい

タイプ別の付け方3:かわいらしい丸目に見せたい 出典:adobestock

真ん中が長めのカールが強いタイプを付けると、目が丸くかわいらしいイメージに仕上がります。目の縦幅を強調するイメージで、カールがしっかり上向きになるような付け方を意識しましょう。一重や奥二重の方は、セパレートタイプのものを黒目の上の位置に長めに、バランスを見ながら乗せていく付け方がおすすめです。

また、アイラインは細めに引くのが、ナチュラルメイクに見えるコツ。リキッドライナーで細めに引きましょう。

つけまつげを付けるときの注意事項

注意点1:洗浄はNG

注意点1:洗浄はNG 出典:adobestock

つけまつげは、基本メイク落としを使用するなどの洗浄はNGです。のりやアイシャドウなどの汚れはお湯や専用のメイク落としなどで取り除くのみで、その後はしっかり乾かしてほこりなどが付かないように保管します。

洗浄すると傷みの原因となり、繰り返し使用できなくなることもあるため注意しましょう。また、毛が抜けたりカールが弱まってコシがなくなったりした場合は、無理に使わずに新調してください。

注意点2:長さのカットNG

注意点2:長さのカットNG 出典:adobestock

幅をカットして調整するつけまつげですが、毛の長さをカットして使用するのは基本的にやめておきましょう。先に向かって細くなるよう1本1本が繊細に作られているため、長さをカットするとぶつ切りになり、不自然な仕上がりに見えます。

手持ちのつけまつげが長すぎると感じた場合は、最初から毛が短めのナチュラルなアイテムを買い直す方が上手に付けられておすすめ。

初心者も簡単!つけまつげを使いこなそう

初心者でも自然に見えるつけまつげの付け方を、必要な道具と共にご紹介しました。なりたい目元にさらに近づけるつけまつげは、アイメイクアイテムの強い味方で、より目元をくっきりと見せてくれます。

どうしても派手になったり外れやすかったりとお悩みの方は、ぜひ基本の付け方や目の形別、メイクのタイプ別の付け方を試してみてくださいね。しっかりと付け方をマスターして、印象的な目元になりましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share