Beauty Topics

ピーリングジェルの効果を感じる使い方は?使う順番から押さえておきたい注意点もチェック

出典:adobestock

ピーリングジェルの効果を感じる使い方は?使う順番から押さえておきたい注意点もチェック

肌のカサツキなどをリセットさせるためにおすすめしたいのがピーリングジェルです。化粧ノリを高めるなどのメリットがあります。
しかし、正しく使わなければ肌の調子を悪くしてしまいます。この記事では、ピーリングジェルが気になる人に向けて、効果的な使い方やその注意点などを詳しく解説します。化粧効果によるトーンアップを期待したい人は必見の記事です。

カテゴリ | スキンケア
How to 応用編 ジェル

「マッサージできるピーリングジェル」は使える?

肌に負担をかけやすいのでおすすめできない

肌に負担をかけやすいのでおすすめできない 出典:adobestock

マッサージも兼ねるピーリングジェルも市販されています。マッサージはリフトアップ効果を狙えますし、ピーリングとマッサージを兼ねるので一石二鳥とも考えられるでしょう。

しかし、ピーリング自体が肌に負担をかけるスキンケアです。こういったピーリングジェルの使い方をすると、肌を傷めてしまう可能性も考えられます。

ピーリングよりもマッサージにウェイトを置いてしまうようなスキンケアにもなりやすいので注意が必要です。

ピーリングの意味がない製品もある

ピーリングの意味がない製品もある 出典:adobestock

市販品にはAHAなどで古くなった角質を柔らかくしてはがすものや、スクラブなどで物理的にはがすものも存在します。AHAが配合されているものは、指先で軽く肌になじませることで古くなった角質をジェルがからめとりますが、無配合の製品は物理的に古くなった角質をはがしていくため、マッサージなどが必要になるのです。

肌に必要な角質まではがしてしまう可能性もあるため、肌に合わないと感じる人もいるでしょう。

スクラブ配合は美肌の追求にはNG!

スクラブ配合は美肌の追求にはNG! 出典:adobestock

スクラブ配合のピーリングジェルは、スクラブ剤が古くなった角質をこそげ落とすといった考え方で作られています。製品ごとにさまざまな特徴がありますが、スクラブが毛穴に詰まってしまうなどのトラブルが起こることもありますし、肌に負担がかかりやすいことも。

美肌の追求でピーリングジェルを使いたいなら、スクラブ入りは避けましょう。普段の洗顔でも角質落としはできるので、負担がかからないものを選ぶのが無難です。

使いすぎは逆効果!ピーリングジェルの注意点

こすりすぎはNG!

こすりすぎはNG! 出典:adobestock

ピーリングジェルは、肌の表面にある角質を柔らかくする成分が特徴です。またジェルの水分が蒸発することでジェルが固まり角質をからめとっていくため、こすりすぎると肌に負担をかけてしまいます。

カスを出さないといけないことはなく、肌になじませた時点で表面の角質がはがれやすくなっているので、こする必要はほぼありません。乾燥肌を引き起こす可能性もあるので、無駄に肌をこするのは避けましょう。

使用頻度は増やさない

使用頻度は増やさない 出典:adobestock

肌表面の角質は約28日で新しいものと入れ替わります。新陳代謝やターンオーバーといわれるものです。ピーリングの頻度を高めて、新陳代謝を早めたいと思うこともあるでしょう。

しかし、皮脂の過剰分泌を招くほか、赤みやかゆみなどの思わぬトラブルを起こすことも考えられます。肌の新陳代謝は入浴や洗顔のほか日常生活でも絶えず行われるため、ピーリングは補助的なものと考え週2回の頻度を限度にしましょう。

洗顔後の使い方を推奨

洗顔後の使い方を推奨 出典:adobestock

洗顔をすると、泡が持つ表面張力によって古くなった角質が吸着されます。また、界面活性剤や酵素などの効果で皮脂汚れやたんぱく質汚れも落とせるのが特徴です。

ピーリングジェル自体、肌に負担がかかりやすい使い方になるため、洗顔の後にやさしくなじませるだけといった方法をとるとよいでしょう。落としきれなかった角質だけを落とすという感覚で使うことをおすすめします。

保湿ケアは入念に行うこと

保湿ケアは入念に行うこと 出典:adobestock

ピーリングを行った後は、肌表面に新しい角質がむき出しになった状態です。角質は柔らかく水分を多く含んだ状態ですが、外気などの要因で簡単に乾燥しやすい状態にあると考えられます。

乾燥を防ぐために、使用後は保湿系化粧品を使ってスキンケアを入念に行いましょう。皮脂の過剰分泌を防ぐために、美容液オイルなどを用いて新しい角質を守るケアをすることも必要です。

紫外線対策は最重要項目!

紫外線対策は最重要項目! 出典:adobestock

角質は、紫外線から肌を守る働きも担っています。ピーリングをすることで古くなった角質がなくなると、紫外線にさらされやすい状態の新しい角質がむき出しの状態に。外部刺激にも弱いため、ピーリングをした後数日間はいつも以上に紫外線対策を行いましょう。

シミやニキビ跡を作りにくくするためのピーリングジェルです。新しいシミを増やさないための対策は必要以上に講じることが大切です。

使い方次第できれいな素肌が目指せるピーリングジェルを使おう!

ピーリングジェルは、フルーツ酸などと呼ばれる「AHA」によって、古くなった角質をはがれ落としやすくする効果があります。丁寧な使い方を心がけるだけで、肌に負担をかけずに角質オフが叶います。

使い方の注意点もありますが、普段のスキンケアに取り入れられる範囲内です。きれいな素肌を目指したい人はもちろん、化粧品の発色をきれいに見せたい人はぜひ試してくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share