Beauty Topics

すっぴんのようなナチュラルアイメイクの仕方。さりげない抜け感を出すテクとは?

出典:adobestock

すっぴんのようなナチュラルアイメイクの仕方。さりげない抜け感を出すテクとは?

すっぴんに近い、繊細でやわらかな表情を簡単に作れる『ナチュラルアイメイク』。抜け感のある仕上がりで大人女性にも人気ですが、魅力を引き出すにはちょっとしたテクニックが必要です。
今回は注目の『ナチュラルアイメイク』について、魅力や基本のやり方を徹底解説。ナチュラルに見せるカラーやアイテム選び、一重・奥二重・二重の目の形別でのメイク方法など、初心者でも気軽に挑戦できる簡単テクニックをレクチャーします。

カテゴリ | アイメイク
How to ナチュラル

【二重さん】ナチュラルアイメイクのやり方

塗りすぎに要注意!

塗りすぎに要注意! 出典:adobestock

二重の線がくっきり入っていて、ぱっちりな目が魅力的な二重さん。ナチュラルアイメイクをするときは、アイシャドウを重ねすぎない心構えが大事です。

もともと存在感がある二重は、目元を少し濃くしただけでもけばけばしい印象に見えてしまいます。ほのかに色がつく程度にして、「ちょっと薄すぎるかな?」と思うくらいで止めておいてください。

使うアイテムをできるかぎり少なく

使うアイテムをできるかぎり少なく 出典:adobestock

二重さんは目元にあれもこれもとつけ加えると、くっきり大きな目が派手に見えてナチュラルな印象からかけ離れてしまいます。『色をのせるときはマスカラを控える』『アイシャドウを使わないときはアイラインで引き締める』のように、バランスを考えて組み合わせるのがコツ。

また、『アイラインは黒目の上だけ』『マスカラは透明タイプを上側のみ』とこだわって使うと、二重がもつ魅力を存分に引き出せます。

締め色なしで抜け感たっぷり!単色グラデーション

締め色なしで抜け感たっぷり!単色グラデーション 出典:ライター撮影画像

単色でも重ねる回数を変えることで、簡単にナチュラルな陰影をつけられます。アイホールにベージュをひと塗りしてから、二重幅に3回ほど同じ色をレイヤードして指で境界を軽くぼかしましょう。

アイホールには指で、二重幅には細めのブラシを使って入れると、きれいな濃淡を出しやすくなります。単色のグラデーションは少しコツが必要ですが、ワンランク上のナチュラルアイメイクに仕上げるテクニックとしてぜひ覚えてください。

ハイライト×アイラインで究極のナチュラル顔

ハイライト×アイラインで究極のナチュラル顔 出典:ライター撮影画像

ハイライトとアイライナーで作るナチュラルアイメイクは、シンプルで簡単にできるイチオシのテクニックです。余計なカラーを入れずハイライトで光沢のみを加えることで、二重の持ち味であるぱっちり目を艶やかに見せ、魅力的な目元に引き立てます。

目のキワにまつ毛の隙間を埋める『インライン』を引き、アイホールと下まぶたに薄くハイライトを広げましょう。上まぶた中央部分には、ポンポンと重ねづけして立体感を出します。

テクニックをつかんで、魅力的なナチュラルアイメイクを叶えよう

今回は、ナチュラルアイメイクの魅力と簡単にできるやり方を解説しました。『ナチュラル』といっても、単に薄づきにするだけがテクニックではありません。

魅力を引き出すには、カラーのチョイスやコスメの使いこなし方、組み合わせ方などさまざまな部分にこだわって、丁寧に作り込むことが大切です。ご紹介したテクニックを参考にして、自分に似合うナチュラルアイメイクをマスターしてください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share