Beauty Topics

BBクリームとCCクリームどっちを選ぶべき?肌悩み別おすすめアイテム&使い方

出典:adobestock

BBクリームとCCクリームどっちを選ぶべき?肌悩み別おすすめアイテム&使い方

手軽に使えてパパッと簡単に魅力的なベース肌が作れることから、愛用者も多い『BBクリーム』と『CCクリーム』。立ち位置が似ているイメージもありますが、名前の意味や違いをご存じでしょうか?
今回は、『BBクリーム』と『CCクリーム』の特徴や違いを比較しながらご紹介。ベースアイテムとしての役割や意味、肌悩みを効果的にカバーする上手な使い方など、ベースメイクをきれいに仕上げるテクニックをレクチャーします。

カテゴリ | ベースメイク
How to 化粧下地
INDEX

BBクリームとCCクリームの違いは?役割や意味もチェック!

BBクリームの名前の由来と意味

BBクリームの名前の由来と意味 出典:adobestock

BBクリームは『Blemish Balm(ブレミッシュバルム)』の頭文字を取ったもので、『きずを修復するクリーム・軟膏』を意味します。ドイツの皮膚科で誕生したものが原型で、ピーリング後のデリケートな肌を紫外線などから保護して再生を促す、医療用として使われていました。

その後、美容大国として名高い韓国で注目され、ファンデーションなどの機能を兼ね備えたベースアイテムとして進化したのです。肌の凹凸やシミなどの悩みを隠す『カバー力』に優れています。

CCクリームの名前の由来と意味

CCクリームの名前の由来と意味 出典:adobestock

CCクリームの意味はいくつか例があり、化粧品メーカーによって違いがあります。主に、『Color Control(カラーコントロール)=色の補整』や『Care Control(ケアコントロール)=ケアして調節』、『Complete Correction(コンプリートコレクション)=完璧に修正』を意味する場合がほとんど。

ファンデーションを塗る前の段階で肌の色や質感を整える『色味補正』を得意としているのが、BBクリームとの大きな違いです。

BBクリームとCCクリームのベースとしての役割

BBクリームとCCクリームのベースとしての役割 出典:adobestock

BBクリームは、基本的に次のような役割を担います。

  • ・日焼け止め
  • ・化粧下地
  • ・ファンデーション
  • ・コンシーラー

一方、CCクリームが持つ役割は次のようなものです。

  • ・日焼け止め
  • ・化粧下地
  • ・コントロールカラー

最近はBBクリームとCCクリームどちらも、美容液成分を配合しているタイプが多く登場しています。このようなアイテムは、メイクをしながらスキンケアの役割をサポートするマルチな機能を持ち合わせていますよ。

BBクリームの肌悩み・タイプに合わせた選び方

BBクリームがおすすめのタイプとは?

カバー力を重視したい

カバー力を重視したい 出典:adobestock

BBクリームの持ち味は、何といっても『カバー力』が優秀なこと。ファンデーションやコンシーラーの機能も兼ね備えているので、毛穴や凹凸、シミ、そばかすなどをきれいにカバーしてくれるのです。

また、BBクリームそのものがカバー力に優れているため、続けてファンデーションやフェイスパウダーを重ねたとしても、通常のベース作りと違いあまり厚塗りせずに済みます。肌悩みは隠したいけれど、厚化粧で崩れたくない方にも嬉しいポイントです。

ベースアイテムをシンプルにしたい

ベースアイテムをシンプルにしたい 出典:ライター撮影画像

たくさんの役割を持つBBクリームは、あれこれとベースアイテムを使いたくない方にもうってつけです。1本で十分なカバー力があるため、続けて使うアイテムを極力少なくできます。

BBクリームの後は、『フェイスパウダーのみで簡単に済ませる』のも、『部分的にファンデーションを重ねてしっかりめに仕上げる』のもどちらでもOK。商品によって機能やカバー力に多少違いはありますが、オンの日・オフの日のようにシーンや好みに合わせた使い分けもできます。

時短でスムーズなメイクを叶えたい

時短でスムーズなメイクを叶えたい 出典:ライター撮影画像

使うアイテムをシンプルにすることは、メイク時間の短縮にもつながります。本来ベースを作るには、日焼け止め・化粧下地・ファンデーション…といくつもステップが必要で、1つ1つ丁寧に塗るのは時間がかかるものです。

CCクリームと違い1本で何役も担うBBクリームを活用すれば、手間のかかる工程を減らせるため、短時間でスピーディにベースを仕上げられます。バタバタと忙しい朝の時間も、スムーズに身支度をこなせますよ。

BBクリームの選び方(1)肌に合う色味

BBクリームの選び方(1)肌に合う色味 出典:adobestock

BBクリームの色は、素肌に合わせて選ぶことが大事です。肌より明るすぎると首から上が不自然に浮き上がり、暗すぎると重くくすんで見えてしまいます。

BBクリームの色を決めるときは、できるかぎり実物を試してから購入するのがおすすめです。ほどよい明るさの蛍光灯の下で自分の肌をチェックし、顔と首の境目であるフェイスラインを基準に選ぶと、素肌にマッチする色が見つかります。

BBクリームの選び方(2)テクスチャー

BBクリームの選び方(2)テクスチャー 出典:ライター撮影画像

心地よく使えるテクスチャーであるかどうかも、BBクリームを選ぶときの大切な要素です。とろみの強い濃厚なタイプから、サラサラとゆるいタイプまで、テクスチャーの種類はアイテムによってさまざま。

使う方の好みもありますが、固いテクスチャーのものは伸びが悪く、肌に塗る際に摩擦を起こしてしまう場合があります。過度な摩擦は肌に負担がかかるため、色選びと同様、実際に手元で使い心地を試してから購入するのがおすすめです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share