Beauty Topics

目の下の「クマ」ができる原因は?種類別のケア方法で老け見えを解消しよう

出典:adobestock

目の下の「クマ」ができる原因は?種類別のケア方法で老け見えを解消しよう

「夜更かしした」「ケンカして泣きはらした」など、目の下にできるクマの悩みは女性にとって切り離せないものです。それとは別に「スキンケアをちゃんとしているはずなのに目の下のクマが消えない」という悩みも。
この記事では、目の下にできるクマに着目して、その原因や改善方法などをまとめました。今日はとくにクマが目立つ!というときに、リカバーする方法も含めてご紹介します。

カテゴリ | スキンケア
How to
INDEX

目の下の「クマ」とはどんな状態?

血管や皮膚のメラニンの状態が反映されたもの

血管や皮膚のメラニンの状態が反映されたもの 出典:adobestock

目の下のクマとは、下まぶた周辺にできる皮膚コンディションによるものです。これは単なる肌トラブルではありません。薄い皮膚から血管が透けるほか、メラニン色素が集中し目の下がくすんだように見えるのです。

肌の調子とも相まって「今日は特別目の下のクマがひどい」と感じることもあります。なかには、規則正しい生活をしているにもかかわらず、目の下のクマが気になるということもあるでしょう。

表情を暗く見せるのがデメリット

表情を暗く見せるのがデメリット 出典:adobestock

目の下にできるクマのデメリットとして、1番に考えられるのが「表情が暗く見えてしまう」こと。また、疲れているような印象も第三者に与えてしまいます。

鏡の中の自分を見たとき老け込んでしまったかのような表情に、思わず驚きの声を上げてしまったことはありませんか?目の下のクマで、自分自身が疲れていると認識したケースもみられます。

化粧ノリも大きく左右される

化粧ノリも大きく左右される 出典:adobestock

毎日同じメイクをしていると、クマを隠し切れないことがあります。ベースメイクやアイメイクを頑張ったのが裏目に出てしまい、余計に表情を暗く見せてしまうことも。

クマがあることで、気持ちの面でもモチベーションが下がってしまいます。クマが目立ちやすいときは、肌の調子も下がり気味の状態です。化粧ノリも大きく変わるので、クマを隠すためにいろいろなメイクアイテムを多用しすぎて悪循環に陥ることもあります。

クマのタイプ別に原因があります

クマのタイプ別に原因があります 出典:adobestock

「クマ」といっても、だれもが同じ状況・状態ではありません。クマにはいくつかのタイプがあり、それぞれにできる理由があります。

自分の目の下のクマのタイプや、そのできる理由を知れば対処法を導き出すことも可能です。なかなか解決が難しい種類のクマもありますが、タイプ別に対処できる方法があるので、安心してくださいね。

自分の目の下を観察!「クマ」はどんな色をしている?

目の下のクマを観察してみよう

目の下のクマを観察してみよう 出典:adobestock

自分の目の下のクマがどんな状況なのか、鏡を見て観察してください。目の下のクマの色や広がり具合などを確認しましょう。

目の下に浮かぶクマは、大きく分けて、「茶クマ」「黒クマ」「青クマ」の3色に分けられます。この色の見分けができればクマができる原因などもわかるので、対処しやすくなります。

悩んでいる人が意外と多い「黒クマ」

悩んでいる人が意外と多い「黒クマ」 出典:adobestock

クマの症状で多く見られるのが、目の下だけではなく目の周り全体が黒ずんで見える「黒クマ」です。目の下に涙袋やたるみなどの膨らみがある人や、「奥目」といわれる目が落ちくぼんで見える人に現れやすい傾向があります。

クマといっても骨格と肉付きの兼ね合いから見える影であることが多く、明るい場所では、目の周りの影が目立たなくなることもありますが、3種類のクマのなかで1番老けて見えるので、悩まれている方も多いのではないでしょうか。

元気なく見えてしまう「青クマ」

元気なく見えてしまう「青クマ」 出典:adobestock

目の下が青みがかったように見えるのは、「青クマ」です。目の下の肌を指の腹で引いたときに、青み肌が薄くなる状態であれば青クマだといえます。この方法で黒クマとの見分けをしましょう。

青クマは、毛細血管が透けて見える状態です。生活習慣の乱れなどが原因で血流の滞りなどが続くと、血色が悪くみえることも。青クマが目立つと「顔色が悪い」と指摘されることもあり、快活な印象が薄くなるといった欠点があります。

色素沈着型の「茶クマ」

色素沈着型の「茶クマ」 出典:adobestock

茶クマは目の下の肌を指の腹で引いたときに、クマごと皮膚が動いたときに判断されます。そばかすやシミと同じ茶色系をしているところもポイントです。

茶クマは目の下にできた色素沈着で、目をこすることが多い場合や過剰なアイメイクが日常的だという場合に起こりやすいのが特徴。紫外線の影響やメイク落としきれなかった、乾燥肌のケアを怠ったというときにも目の下の色素沈着が起こりやすいので注意しましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share