Beauty Topics

ニキビができる場所ごとの意味って?できる原因も理解してケアや予防をしよう!

出典:adobestock

ニキビができる場所ごとの意味って?できる原因も理解してケアや予防をしよう!

ニキビ=思春期にできるものというイメージがありますが、大人になってもニキビに悩まされているという人は少なくないはず。実は、ニキビはできる場所によって意味が変わることを知っていますか?ニキビの場所によって予防やケア方法、対処法も変わってくるので、できる場所ごとの意味を把握しておくことが大切です。
さらに、大人ニキビができる原因や予防する方法、ニキビの種類についても解説しているので、この機会にニキビについて知識を深めてみましょう。

カテゴリ | スキンケア
How to

【できる場所別】ニキビの予防・ケア・対処法を知ろう

おでこは前髪の状態・髪の毛の清潔さに注目

おでこは前髪の状態・髪の毛の清潔さに注目 出典:adobestock

おでこに発生するニキビの対処法を考える際に注目したいのが、前髪の状態と髪の毛の清潔さです。前髪がおでこにかかっているという人は、まず家に帰ってきたら髪の毛をピンなどで留めて上げておくようにするのがポイント。

また、お風呂でシャンプーやトリートメントを使った後はすすぎ残しがないように気をつけましょう。とくに整髪料をつけた日は、しっかりと落としきるようにしてくださいね。

ニキビができてしまった場合は、やさしく洗顔することを意識して保湿ケアも欠かさずに行いましょう。

頬はとにかく保湿ケアをして乾燥を防ごう

頬はとにかく保湿ケアをして乾燥を防ごう 出典:adobestock

頬にニキビができるときは乾燥を意味している場合が多いので、とにかく保湿ケアをしてあげるのが対処法のポイント。スキンケアの際は化粧水や乳液で水分・油分をバランスよく補って、適度にクリームやパックなどで+αのケアも行いましょう。

頬のラインにニキビができやすいという人は、下地やファンデーションを落としやすい薄づきタイプのものや、ノンコメドジェニックのものを選ぶのも予防策としておすすめです。

鼻は皮脂・メイク汚れを丁寧に落とそう

鼻は皮脂・メイク汚れを丁寧に落とそう 出典:adobestock

鼻は皮脂の分泌が多い場所なので、毎日しっかりと皮脂や汚れを落としましょう。ただ、詰まった汚れを取り除こうとゴシゴシと洗ってしまうのはNG。洗顔をする際は円を描くように泡を乗せて、ニキビがある場合は刺激を与えないようにやさしく洗い上げましょう。

また、鼻周りはメイク汚れもたまりやすいのでクレンジングを丁寧に行ってあげるのも大切です。

口元はスキンケア不足・ターンオーバーの乱れに注意

口元はスキンケア不足・ターンオーバーの乱れに注意 出典:adobestock

口元は意外と乾燥しやすくスキンケアも不足しがちな場所なので、普段から意識的に保湿を行うことがニキビ予防にもつながってきます。顔全体に化粧水を塗ったら口元のラインには重ねづけをしたり、部分用のパックを活用したりするなど乾燥から守ってあげましょう。

また、乾燥が起こりやすい口元はターンオーバーも乱れやすいので、原因となるストレスをためない、過剰な洗顔や角質ケアをしないといった点もぜひ意識してみてください。

顎はホルモンバランスを整えるのが重要

顎はホルモンバランスを整えるのが重要 出典:adobestock

顎に発生したニキビはホルモンバランスの乱れを意味するパターンが多いため、対処法としてはホルモンバランスを整えることが重要になります。顎のニキビに悩まされている人は、まずはバランスのよい食生活や適度な運動、規則的な睡眠といった日々の生活習慣を整えていくことから始めてみましょう。

ゆっくり入浴したり、気分転換をしたりしてストレスをためないようにするのも大切なポイント。また、ニキビに効果的なビタミンを食事やサプリメントで意識的に摂取するのもよいですね。

さまざまなニキビの種類

ニキビの種類(1)白ニキビ

ニキビの種類(1)白ニキビ 出典:adobestock

小さいサイズだと見落としてしまうことも多い白ニキビは、ニキビの種類の中でも初期段階のもの。毛穴に皮脂や角質が詰まることによって、ぽつっと白く盛り上がっている状態です。白ニキビは額や顎、口元といった場所にできやすく、まだ炎症が起こっていないため痛みや腫れがないのも特徴的。

なるべく早めにケアや対処を行うのが、白ニキビを悪化させないようにするポイントです。

ニキビの種類(2)黒ニキビ

ニキビの種類(2)黒ニキビ 出典:adobestock

白ニキビの毛穴が開いて酸化し、黒っぽくなってしまった状態を黒ニキビといいます。毛穴に皮脂が詰まることによって脂肪の塊=芯ができて、毛穴を塞いでしまうのです。

黒ニキビは放置しておくと炎症を起こしてしまうため、白ニキビと同じように早めのケア・対処を行うことが大切。スキンケアやコスメの油分が原因になっている場合もあるので、アイテムの見直しをするのも黒ニキビを発生させづらくする方法としておすすめです。

ニキビの種類(3)赤ニキビ

ニキビの種類(3)赤ニキビ 出典:adobestock

白ニキビや黒ニキビが悪化して炎症反応を起こした状態が赤ニキビです。肌のターンオーバーの乱れや過剰な皮脂分泌によって毛穴に皮脂が詰まり、それらを栄養にしているアクネ菌がどんどん増殖することで炎症を起こしてしまうのが赤ニキビの原因。

赤ニキビは皮膚が赤く盛り上がるのも特徴の1つで、見た目にも目立ちやすいのが困ったところです。

ニキビの種類(4)黄ニキビ

ニキビの種類(4)黄ニキビ 出典:adobestock

まるで、おできのように黄色っぽく膨れ上がった見た目が特徴的な種類の黄ニキビ。赤ニキビがさらに悪化して炎症がひどくなると、ニキビの中に膿ができて黄ニキビへと変化していきます。毛穴の中で化膿してしまうことが原因で、毛穴の周りにまで炎症が広がってしまうことも。

赤ニキビや黄ニキビはニキビの種類の中でも症状が進んでいる状態のため、治るまでに時間がかかってしまう点も注意しておきましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share