Beauty Topics

自分に合うチークの色が知りたい!パーソナルカラーや年代別でみる選び方とは?

出典:adobestock

自分に合うチークの色が知りたい!パーソナルカラーや年代別でみる選び方とは?

血色感のある肌を演出できるチークですが、色の選び方が曖昧ではありませんか?好きな色や定番カラーなど選び方はさまざまですが、何色を選べばよいかわからない方は、パーソナルカラーを基準にしてみましょう。
チークは顔の広範囲に使うメイクアイテムのため、顔色になじむ色味を使えば仕上がりが一気に垢抜けます。ほかにも20代・30代に合う色の選び方やチークの塗り方なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

カテゴリ | ベースメイク
How to チーク

<20代・30代>年代別に似合うチークの色を解説

20代は明るめカラーで若々しさを演出

20代は明るめカラーで若々しさを演出 出典:adobestock

20代女性は明るく華やかに、かわいらしさを演出できるチークカラーが最適。とくに20代前半は肌のくすみが少なく、もともとの血色がよいため、高発色のチークを使えば若々しい雰囲気がより引き立つでしょう。

一方20代後半の大人女性は、少し落ち着いた色味を選んでみてください。ベージュ系のチークであっても肌に血色感を感じられる20代であれば、上品さの中にかわいらしさも感じられる仕上がりになるでしょう。

30代はツヤと上品さを意識した色を選ぶ

30代はツヤと上品さを意識した色を選ぶ 出典:adobestock

30代は20代とは違い、大人っぽさを感じられる落ち着いたトーンの色を選ぶのがおすすめです。どうしても血色感が悪くなってくるため、肌にきちんとなじむかどうかも重要なポイントとなります。

コーラル系やベージュ系なら、チークの色に迷いやすい30代の大人女性も使いやすいでしょう。ツヤや立体感を演出することで、ナチュラルに肌がきれいに見えるようなアイテムを選んでみてください。

基本から応用まで!チークの塗り方をマスターしよう

顔の形が卵型の人の基本の位置はここ!

顔の形が卵型の人の基本の位置はここ! 出典:ライター撮影画像

チークは入れる場所や入れ方によって、骨格の印象や雰囲気をガラッと変えられます。まずは以下のステップで、正しい位置を確認してください。

  • (1)小鼻と耳の上をつなぐ線と小鼻と耳の下をつなぐ線をイメージする
  • (2)瞳の中心から垂直に線をおろす
  • (3)線で囲まれたゾーンの中で、顔の外側から指2本分あけたところがチークを入れる位置

これは顔の形が卵型の人におすすめの入れ方ですが、基本となる位置でもあるので知っておくとよいでしょう。

面長さんは横長を意識する

面長さんは横長を意識する 出典:ライター撮影画像

顔が長めの面長さんは、横方向を意識した塗り方が最適です。頬骨の少し下あたりに明るめの色を横長に、ふんわりとぼかすように入れてください。そうすると自然と横方向のふくらみを演出できるため、頬に目線がいき面長が強調されません。

小顔効果を演出したい場合は、少しだけ斜め上方向に入れるのもおすすめです。チークのアウトラインが目立っているとのっぺり見えてしまうため、しっかりぼかして肌になじませてくださいね。

丸顔さんは斜め方向に入れる

丸顔さんは斜め方向に入れる 出典:ライター撮影画像

顔が丸くぽっちゃりと見えてしまう丸顔さんは、耳から頬の内側に向かって斜め方向を意識して入れましょう。そうするとシャープな仕上がりになり、顔がすっきりと引き締まって見えます。

面長さんのようにぼかして入れるのではなく、入れる幅を狭めるとより大人っぽい印象になるでしょう。丸く入れると丸顔が強調されてしまうため注意が必要で、シェーディングをするようなイメージで塗ってみてください。

逆三角形さんは円を描くように丸く入れる

逆三角形さんは円を描くように丸く入れる 出典:ライター撮影画像

逆三角形さんは顔の下半分が細めになっているため、その部分をふっくら見せるような入れ方をすると顔全体のバランスがとれます。笑ったときに頬が高くなる位置から、丸く円を描くようにして広い範囲にチークを塗ってください。

低めの位置に入れすぎると、シャープなアゴが強調されて老けた印象を与える可能性もあるため注意が必要です。

エラ張り・ベース顔さんは楕円形に入れる

エラ張り・ベース顔さんは楕円形に入れる 出典:ライター撮影画像

エラが張ったベース顔さんは頬の中央から入れ始め、こめかみに向かって楕円形に伸ばしてください。その後ブラシに残ったチークで、エラ部分にもなじませましょう。

そうするとエラの出っ張りが和らぎ、ふんわりとやさしい印象が叶います。黒目より内側まで色を伸ばしてしまうと顔が膨張して幼く見えてしまうので、色をのせるのは黒目の外側までするのがポイントです。

【応用編】マスク着用時は目の下ギリギリまで入れる

【応用編】マスク着用時は目の下ギリギリまで入れる 出典:ライター撮影画像

マスクをしてもチークを塗れば、血色感がアップし顔色が明るくなります。とくに白いマスクは血色を感じにくいため、顔がのっぺりとし疲れた印象に見えてしまうことも。

マスク着用時は「目の下ギリギリまで」を意識して、密着力の高いクリームチークやリキッドチークを頬骨の高い位置に入れてみてください。そうするとマスクをしていてもチークの色味が柔らかく感じられ、血色感のある明るい肌を演出できるでしょう。

パーソナルカラーや年代に合わせて似合うチークの色を探そう

チークの色に迷ったときはパーソナルカラーを基準とした選び方をすると、もともと血色がよいかのような肌色に見せられます。ほかにも20代・30代など年代別に似合う色を知っておくと、今までの色がしっくりこなくなったときも慌てずにすむでしょう。

自分に似合うチーク色を探すのは難しいかもしれませんが、ぜひ今回紹介した選び方を参考にピッタリの色味を見つけてください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share