Beauty Topics

【2022年】プチプラでも優秀なおすすめ日焼け止め10選!肌別に自分にぴったりな1つを見つけよう

出典:adobestock

【2022年】プチプラでも優秀なおすすめ日焼け止め10選!肌別に自分にぴったりな1つを見つけよう

紫外線を防止して肌をすこやかに保つ「日焼け止め」は、美肌をキープしたい女性のマストアイテムです。毎日使うからこそ、惜しみなく塗れるプチプラ商品を探している方も多いはず。
そこで今回は口コミで人気のプチプラ商品を中心に、おすすめの日焼け止め〈10選〉をお届けします。日焼け止め選びのポイントや、UVケアに効果的な塗り方もお伝えしますのでぜひ参考にしてみてください。

カテゴリ | ベースメイク
日焼け止め
INDEX

毎日使う日焼け止めは、プチプラアイテムが人気

美肌のベースは、徹底した「UVケア」にあり!

美肌のベースは、徹底した「UVケア」にあり! 出典:adobestock

美肌の大敵である紫外線はメラニンや活性酸素を増やし、肌のコラーゲンに影響を与える可能性があります。シミやそばかす、たるみや乾燥肌、バリア機能低下による敏感肌など、さまざまな肌トラブルを引き起こすことがあるため、日焼け止めで紫外線を防止することはとても大切です。

十分な効果を得るためには、UVカット機能がついたファンデーションだけではもの足りません。できるだけ、一本別に日焼け止めを用意することがおすすめです。

紫外線の種類「UVA」「UVB」とは?

紫外線の種類「UVA」「UVB」とは? 出典:adobestock

美肌のために防止したい紫外線は「UVA」「UVB」と呼ばれる2種類が存在します。

メラニンを刺激して肌を黒くするのがUVA(紫外線A波)で、将来的にシミやたるみを招く紫外線。そして肌に炎症を起こし、ひりつきや赤みの原因になるのがUVB(紫外線B波)です。

日焼け止めを探す前に紫外線の種類を理解すると、自分の肌やシーンに合ったアイテムを選びやすくなります。

優秀な日焼け止めが豊富な「プチプラ」がおすすめ

優秀な日焼け止めが豊富な「プチプラ」がおすすめ 出典:adobestock

「プチプラで効果はあるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、最近のプチプラコスメはとても優秀。十分な日焼け止め効果はもちろんのこと、美肌効果や使い心地のよさにとことんこだわったアイテムが豊富に揃い、どれにしようか迷ってしまうほどです。自分の肌タイプや悩みに沿って最適な日焼け止めをチョイスしましょう。

この記事では、愛用者が多い人気のプチプラアイテムを集めていますので、気になるものは要チェック!

自分の肌にぴったりの日焼け止めを選ぶポイント

あなたはどっち?「ケミカル」or「ノンケミカル」

あなたはどっち?「ケミカル」or「ノンケミカル」 出典:adobestock

タイプ別の特徴

ケミカル ノンケミカル
メリット 肌なじみ◎ 比較的低刺激
デメリット まれに刺激を感じる方も 白浮きしやすい
UVカット成分 紫外線吸収剤※1 紫外線散乱剤※2

プチプラの日焼け止めには紫外線吸収剤を使用した「ケミカルタイプ」と、紫外線散乱剤を使用した「ノンケミカルタイプ」があります。化学的な成分を避けたい方、敏感肌の方にはノンケミカルタイプが人気ですが、個人差がありますのであくまで1つの目安にしてみてくださいね。

また、一般的なデメリットを改良してより幅広い方に対応したプチプラアイテムも続々と発売されているため、随時チェックすることがおすすめです。

※1 メトキシケイヒ酸オクチル、ジメチルPABA オクチル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなど
※2 酸化亜鉛、酸化チタンなど

日焼け止め効果をチェック!「SPF」と「PA」の違い

日焼け止め効果をチェック!「SPF」と「PA」の違い 出典:adobestock

SPFとPAの違い

SPA(最大SPF50 ) PA(最大++++)
防止する紫外線 UVB UVA
効果の見方 素肌に比べて何倍防げるか どの位防げるか+で4段階表示

日焼け止めの効果を分かりやすく可視化した表示が、「SPF」と「PA」です。基本的には紫外線を防止する効果が高いほど、肌に負担がかかりやすくなります。

外で過ごす時間が長い方や日焼けしやすい方、紫外線量が増える春夏はUVカットを優先し、SPFとPAどちらも高い数値の日焼け止めがおすすめです。一方、おうちで過ごす時間が長く外出が少ない日、秋冬のシーズンには数値を抑えた日焼け止めでもOK。

SPFとPAの数値は、生活環境とシーンに合わせて使い分けることが大切です。

毎日負担なく続けられる「使いやすさ」

毎日負担なく続けられる「使いやすさ」 出典:adobestock

毎日使用する日焼け止めは、心地よく塗れる使用感も重要なポイントになるでしょう。日焼け止め特有の香りが苦手なら、香料が入ったアイテム選びがよいかもしれません。他にも伸ばしやすさや肌なじみ、塗った後の皮膜感やファンデーションとの相性など、さまざまな違いがあります。

「自分がストレスなく使えるかどうか」を基準にチェックすると、お気に入りにたどり着けるためおすすめです。

便利な「機能性」もチェック

便利な「機能性」もチェック 出典:adobestock

プチプラの日焼け止めの中には、さまざまな機能性に富んだ便利に使えるアイテムも多数あります。例えば、海やプールにおすすめのウォータープルーフタイプや環境に配慮したもの、日常使いに嬉しい石けん落ちタイプなど。

プチプラなら手に取りやすい価格なので、気になったアイテムはどんどんチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share