Beauty Topics

【簡単】メイクブラシのおすすめの洗い方。正しいやり方を知っていつでも清潔に

出典:adobestock

【簡単】メイクブラシのおすすめの洗い方。正しいやり方を知っていつでも清潔に

毎日のメイクに欠かせないアイテムの1つ、メイクブラシ。普段何気なく使っていても、肌に色が乗りにくいと感じたことはありませんか?
短時間の使用でも、メイクブラシにはたくさんの汚れがたまります。気になったときに正しい方法で洗ってみましょう。この記事では、メイクブラシが長持ちする洗い方や保管方法を紹介します。愛用中のメイクブラシをこの機会に見直してみませんか?

カテゴリ | ベースメイク
How to
INDEX

汚れたメイクブラシで起こりやすいこととは?

メイクのノリが悪いと感じる

メイクのノリが悪いと感じる 出典:adobestock

チークやパウダーなど、ブラシにたっぷり含ませているにもかかわらず、色ムラや肌に色が乗らないときがありませんか?それはブラシが汚れているため、パウダーがブラシにつきにくくなっている可能性があります。

また、パウダーや皮脂を吸着したブラシがくっつき束になってしまい、肌に乗らないことも。それに気づかず、粉を含ませるためにブラシでパウダーを削りすぎて無駄遣いにつながってしまうことが起こり得ます。

ファンデーションやパウダーチークが固まった!

ファンデーションやパウダーチークが固まった! 出典:adobestock

しばらく洗っていないブラシでファンデーションやパウダーチークなどを塗ると、パウダー本体が固まったり、斑点が見えたりすることがあります。これは「ケーキング」とよばれるもので、皮脂や汗、化粧品の油分がパウダー側についたときに発生する現象です。

固まったパウダーは表面を丁寧に削れば、元のように使えます。

ニキビがなかなか治らない

ニキビがなかなか治らない 出典:adobestock

ニキビがなかなか治らないという場合、汚れたメイクブラシの先が患部を刺激して炎症を悪化させている可能性があります。ニキビ以外にも、肌に赤みやかぶれなどの肌トラブルが生じるケースも。

ブラシについたホコリや古くなったファンデーションなどが、肌の刺激を促すことがあるので気を付けましょう。

汚れたメイクブラシをそのままにするとどうなる?

雑菌やダニの繁殖

雑菌やダニの繁殖 出典:adobestock

ブラシを洗わずに使い続けると、ブラシに含まれた皮脂や角質をエサに、雑菌やダニが繁殖することがあります。人工毛や動物毛など、種類を問わず同様の現象が起こりやすいので注意しましょう。

普段からメイクブラシを清潔に保たないと雑菌やダニが肌につき、吹き出物やかぶれといった肌トラブルの原因となります。

メイクパウダーやホコリの蓄積

メイクパウダーやホコリの蓄積 出典:adobestock

プレストパウダーなどの微細な粒子やホコリもブラシの結束部分に入り込みやすいです。もちろんブラシ表面にも細かい粉末が残ってしまいます。使用後に手入れをしないままだと、ホコリやパウダーが蓄積されていくでしょう。

また、肌にパウダーを乗せるたびにブラシが皮脂や角質などを吸着し、さらなる汚れを引き起こします。その結果、雑菌の繁殖などの悪循環に陥ることも。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share