Beauty Topics

美容には投資したい!家計簿をつけて本当に必要なものにお金をかけよう

出典:adobestock

美容には投資したい!家計簿をつけて本当に必要なものにお金をかけよう

コスメ、洋服、美容家電など、欲しいものって次から次へと浮かんできますよね。しかし、食費や家賃、光熱費などを考えるとすべてを手に入れられないのが現実。そんなときは、家計簿をつけて月々の収支を見直してみてはいかがでしょうか?
私は家計簿を始めたことで、本当に欲しいものにお金をかけられるようになりました。そこで今回は、忙しい大人女子でも手軽に実践できる家計簿のつけ方をご紹介します。

カテゴリ | コラム
美容ネタ
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら

家計簿をつけ始めて変わったこと

本当に欲しいものにお金をかけられるようになった

本当に欲しいものにお金をかけられるようになった 出典:ライター撮影画像

まずは、家計簿をつけ始めて変わったことをご紹介します。1つ目は無駄遣いが減ったことです。家計簿をつける前は、仕事終わりにコンビニでお菓子を買ったり、ほとんど利用していない動画配信サービスに加入し続けたりと無駄な出費がありました。

しかし家計簿で出費を数値化すると、無駄遣いが一目でわかるように!その結果、なくても困らないものにはお金をかけなくなりました。今は無駄遣いが減ったことで、本当に欲しかったものにお金をかけています。

漠然としたお金の不安がなくなった

漠然としたお金の不安がなくなった 出典:adobestock

2つ目に変わったことは、お金に対する不安がなくなったことです。家計簿をつける前は「今月は使い過ぎちゃったけど大丈夫かな?」「もっと節約したほうがよい?」といった、漠然とした不安がありました。そうした不安は、収入と支出のバランスを把握していないことで起こります。

私は家計簿を始めたことで月々の収入と支出が明確になり、漠然とした不安がなくなりました。赤字になっていたとしても、どの出費を抑えればよいのか考えられるので、立て直しもきくようになります。

この記事を書いた人

南コウ

理系大学を卒業後、化粧品メーカーで商品開発に携わる。結婚を機に地方へ移住し、ライターに転身。化粧品メーカーでの経験を活かし、スキンケア・メイクに関する記事を中心に執筆活動を続けている。好きな場所はドラッグストアの化粧品売り場。登録販売者の資格保有。

記事一覧へ戻る

share