Beauty Topics

「アイラインを引かない」で旬顔に。ナチュラルで可愛いメイクの仕方とは?

出典:adobestock

「アイラインを引かない」で旬顔に。ナチュラルで可愛いメイクの仕方とは?

アイメイクに必要なものといえば、アイシャドウ、アイライナー、マスカラなどが挙げられますよね。しかし最近では、アイラインをあえて引かない方が可愛い雰囲気や抜け感を出せるとあり人気を集めています。
今回は、旬の「アイラインを引かない」メイクの魅力をご紹介。メリットや一重・奥二重・二重の目の形ごとのメイク方法など、ナチュラルで可愛い今どき顔に仕上げる秘訣を伝授します。

カテゴリ | アイメイク
How to

【一重向け】アイラインを引かない!メイク方法とコツ

目尻や涙袋にアイシャドウを仕込む

目尻や涙袋にアイシャドウを仕込む 出典:adobestock

厚みのある目に見えやすい一重の方は、目尻に重点を置く塗り方をしてみましょう。アイラインを引かない場合でも、目尻から少しはみ出すように締め色を加えることで目の横幅を強調させ、切れ長な目元を活かせます。

目尻とあわせて、「涙袋」を主役にするのもおすすめの方法です。アイホール全体に塗ると膨張する明るい色も目の下側に入れておけば、縦長効果によって自然なぱっちり目を狙えます。

方法(1)マットカラーでシックな印象に

方法(1)マットカラーでシックな印象に 出典:ライター撮影画像

一重の切れ長な目を引き立てる、マットな質感の色を使ったメイクです。ラインをあえて引かない代わりに、目尻に締め色を加えて引き締めています。

  • (1)マット系ベージュアイシャドウを、目を開いたときに見える幅まで塗る。
  • (2)茶色の締め色を、黒目の外側あたりから目尻を3~5mmオーバーする位置まで細く入れる。

2色とも細めの幅を意識して入れることで、一重さん特有の涼やかな目元を魅力的に見せられます。

方法(2)ツヤ系カラーを涙袋に入れてうるみ感アップ

方法(2)ツヤ系カラーを涙袋に入れてうるみ感アップ 出典:ライター撮影画像

こちらは、目尻と涙袋にのみ色をのせてシンプルに仕上げています。

  • ・(1)締め色を、黒目の外側から目尻を5mmほどはみ出すところまで細く入れる。
  • ・(2)ラメ系の色を、涙袋全体に入れてふんわりぼかす。

ツヤ系カラーを涙袋に入れることで、うるみ感あふれる目元を作れます。ピンクベージュなどの肌なじみがよい色を選べば、クールな目元を大人可愛い印象に仕上げられますよ。

一重向きのアイテムとは?

一重向きのアイテムとは? 出典:adobestock

一重の方には、落ち着いた色味がぴったり。ピンクやオレンジ、赤などの暖色系は膨張した目元に見せてしまうため、メインで使うのはあまり向きません。暖色系を使うなら目尻や涙袋へ部分的に入れるか、鮮やかな原色系ではなくくすみを帯びたシックな色を選ぶようにしましょう。

また、広い範囲にはマット系のものを使うと腫れぼったくならず、目元をキリッと引き締められます。

【奥二重向け】アイラインを引かない!メイク方法とコツ

二重幅を活かすアイシャドウ使いが大事

二重幅を活かすアイシャドウ使いが大事 出典:adobestock

奥二重の方がアイラインを引かないメイクを上手にこなす秘訣は、二重幅を締め色で埋めないこと。一重と同じくふっくらとした目になりやすい奥二重は二重幅が狭いため、濃い色を太く入れるとせっかくの二重幅が目立たなくなってしまいます。

なるべく明るい色やツヤ系カラーを使って、目を伏せたときにチラッとのぞく色味を楽しんでみましょう。締め色は、目尻など部分的に使うのがおすすめです。

方法(1)カーキカラーでニュアンスをプラス

方法(1)カーキカラーでニュアンスをプラス 出典:ライター撮影画像

ラメ入りのカーキを主役にした、奥二重向けのアイラインを引かないメイクです。ラメの輝きによって、二重幅に絶妙な抜け感を演出できます。

  • (1)マット系ベージュアイシャドウを、アイホール全体にのせる。
  • (2)ラメ系のカーキを二重幅に入れる。

扱いが難しそうなカーキも、ラメ系であれば主張しすぎないため気軽にチャレンジできますよ。ニュアンスを効かせたおしゃれ顔を叶えたい方におすすめです。

方法(2)縦割りグラデーションで華やかに

方法(2)縦割りグラデーションで華やかに 出典:ライター撮影画像

色のレイヤードを楽しみたいときは、目の横幅を強調できる「縦割りグラデーション」がおすすめです。

  • (1)明るい色を目頭~黒目上あたりまでのせる。
  • (2)締め色を黒目上~目尻までと、下まぶたの3分の1にオン。
  • (3)2色の境界を指でぼかしてなじませる。

目の横幅を強調できる塗り方なので、まぶたが膨張しがちな奥二重さんにもってこい。ピンクなどの暖色系カラーもきれいに映え、大人可愛い雰囲気を演出できます。

奥二重向きのアイテムとは?

奥二重向きのアイテムとは? 出典:adobestock

奥二重も一重と同様に、鮮やかな色味よりも肌なじみのよい落ち着いた色の方がよくマッチします。アイラインをあえて引かない日も引き締まった目元に見せられるので、メインカラーを選ぶときのポイントにしてみましょう。

締め色は、マット系のずっしり濃い色味よりもラメ系の透け感のある明るい色がおすすめです。まぶたを重い印象に見せず、軽やかで可愛い雰囲気を作れます。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share