Beauty Topics

垢抜ける眉毛の整え方を伝授!基本のカット方法から描き方のコツまで完全ガイド

出典:adobestock

垢抜ける眉毛の整え方を伝授!基本のカット方法から描き方のコツまで完全ガイド

顔の印象を大きく左右する眉毛の手入れは、垢抜けるために必要不可欠ではないでしょうか。ところが、「眉毛を左右対称に整えられない」「基本的な眉毛の整え方が分からない」など、眉毛の整え方に関する悩みはさまざま。
そこで今回は、理想の眉毛に整えるための基本道具や綺麗にカットするための整え方、基本的な眉毛の描き方を紹介します。眉毛の整え方や描き方を見直して、自分に合った理想の垢抜け眉毛を手に入れてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to

【お手入れ編】綺麗な眉毛を作る方法は?基本の整え方とコツ

手順1 ブラシで毛流れを整える

手順1 ブラシで毛流れを整える 出典:adobestock

綺麗な形の眉毛を作るための整え方は、あらかじめブラシで毛流れを整えることがコツです。眉毛は意外と寝ぐせや生えぐせが付きやすく、ボサボサのまま整えてしまっては綺麗な眉毛に仕上がりません。

毛が生えている向きに沿ってスクリューブラシで梳かし、毛流れを整えてから眉毛を処理しましょう。眉頭の毛は上方向に向けて、眉尻の毛は下方向に向けて梳かす整え方は、初心者でも綺麗に眉毛を処理できる基本の整え方です。

手順2 アイブロウペンシルで下書き

手順2 アイブロウペンシルで下書き 出典:adobestock

失敗しにくい眉毛の整え方のコツは、アイブロウペンシルで眉毛の形を下書きすることです。

理想的な眉毛の形に処理するためには、眉頭・眉山・眉尻の位置にアイブロウペンシルで印をつける描き方がよいでしょう。それぞれの位置は眉頭が小鼻の延長ライン、眉山は黒目の外側ライン、眉尻が小鼻と目尻の延長ラインにくるようにしてください。また、眉毛の角度・太さ・長さも表情に大きく影響を与えるため、眉毛の輪郭を下書きしておくと安心です。

手順3 眉下の不要な毛を抜く

手順3 眉下の不要な毛を抜く 出典:adobestock

毛抜きは毛根から抜けるため綺麗に仕上がりますが、ついつい必要な部分まで抜いてしまいがち。眉毛は抜きすぎると生えそろうまでに時間がかかるため、必ず下書きからはみ出た毛のみ毛抜きを使用してください。

毛抜きの使用は眉下のあきらかに不要な毛のみに留め、眉上の形を整える際はカミソリやシェーバーで処理します。具体的な例としては、まぶたや眉間から生えている不要な眉毛のみを抜く整え方が失敗しにくいでしょう。

手順4 眉上の不要な毛を剃る

手順4 眉上の不要な毛を剃る 出典:adobestock

眉毛は目に近いほど彫りが深い印象に仕上がるため、眉毛の太さを整える際は眉上からのカットが基本。反対に眉下から削って眉毛と目の間が広くなると、彫りが浅くあどけない印象の顔に仕上がります。

しっかりと根元からカットしたい人はカミソリを使用し、毛が生えている向きに沿って剃る整え方をしてください。肌へのダメージを最小限に抑えたい人は、刃が直接肌に触れないシェーバーを使用してカットする整え方がおすすめです。

手順5 長い眉毛はハサミでカット

手順5 長い眉毛はハサミでカット 出典:adobestock

毛抜きとカミソリまたはシェーバーで眉毛の太さを整えたら、ハサミで眉毛を1本1本カットして長さを整えてください。ハサミを使用した整え方はブラシやコームで眉毛をすくい、下書きからはみ出た部分のみをカットします。眉毛用ハサミの刃部分にコームが付属しているタイプであれば、初心者でもナチュラルな眉毛な眉毛にカットできるでしょう。

あまりに短くカットしすぎると眉毛がまだらになるので、眉毛の輪郭からはみ出る毛のみカットすることをおすすめします。

眉毛の整え方で使用するメイク道具5選

アイブロウペンシル

アイブロウペンシル 出典:ライター撮影画像

眉毛が薄い人におすすめのアイブロウペンシルは小回りがきくため、眉毛1本1本をナチュラルに描き足しやすい道具です。

芯を繰り出して使用するタイプは、色の調整がしやすいのでメイク初心者でも綺麗な眉毛が描けるでしょう。筆ペンのような書き心地のリキッドタイプは、細い線が描きやすく1本1本眉毛を書き足したい人にぴったり。木軸を削って使用する鉛筆タイプは基本的に芯が折れにくく、ナチュラルな眉毛が完成します。

アイブロウパウダー

アイブロウパウダー 出典:ライター撮影画像

ふんわりと眉毛の濃さや形を整えるアイブロウパウダーは、眉毛の輪郭がぼやけてナチュラルに仕上がる道具です。自眉が濃い人でも使いやすい道具で、自眉を活かしてナチュラルメイクを楽しみたい人におすすめ。

基本的に3~4色のパレットで販売されており、グラデーションを作ると理想的で綺麗な眉毛に仕上がります。アイブロウパウダーを使用した上手な整え方は色を複数使い、眉頭から眉尻にかけて濃くなるような描き方がコツです。

眉マスカラ

眉マスカラ 出典:ライター撮影画像

眉マスカラは眉毛をカラーリングする道具で、眉マスカラの使用は垢抜けメイクのコツといっても過言ではありません。

髪の毛を染めているにもかかわらず、眉毛が自眉のままではどうしてもメイクが浮いてしまいがち。メイク全体に統一感を与えるためには、髪色と同系色の眉マスカラを使用してカラーリングしてください。黒髪の場合は眉マスカラを使用する必要はありませんが、髪色よりワントーン明るい色に染めると垢抜けて見えます。

アイブロウコート

アイブロウコート 出典:ライター撮影画像

アイブロウコートとは眉毛のメイク崩れを防止する道具で、アイブロウメイクの上から塗布して使用します。汗や皮脂、摩擦によるメイク崩れから保護してくれるため、綺麗な眉毛を1日中キープできる優れもの。

プチプラブランドからも数多くの商品が販売されているので、手軽に入手しやすい点がうれしいポイントです。速乾性があるタイプはメイク初心者でも使いやすく、マットタイプを使用すると不自然にテカることがありません。

コンシーラー

コンシーラー 出典:adobestock

コンシーラーとは肌のアラを隠すための道具で、ファンデーションでは隠し切れない部分に使用します。基本的にはクマやシミ、ニキビ跡のカバーに使用しますが、アイブロウメイクに使用すると仕上がりに差が生まれるでしょう。

すべてのアイブロウメイクの手順が完了したら、眉毛の輪郭に沿ってコンシーラーを塗布してください。コンシーラーを使用することで眉毛がはっきりと浮き出て見えるうえ、眉毛の剃り跡をカバーする効果が期待できます。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share