Beauty Topics

【鼻の形・顔立ち別】ノーズシャドウの入れ方とおすすめアイテム!自然な印象の美人鼻へ

出典:adobestock

【鼻の形・顔立ち別】ノーズシャドウの入れ方とおすすめアイテム!自然な印象の美人鼻へ

鼻筋をキレイに見せてくれるノーズシャドウですが、入れ方が難しいと感じている女性も多いのではないでしょうか?鼻の形や顔立ちに合ったノーズシャドウの入れ方を把握して、自分に似合うノーズシャドウの入れ方をマスターしましょう!
初心者でも使いやすいおすすめアイテムや基本的な選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。正しいノーズシャドウの入れ方や選び方を身につけて、鼻筋が通った美しい顔立ちに近づけましょう。

カテゴリ | アイメイク
How to 応用編

ノーズシャドウの上手な入れ方は選び方がコツ

パーソナルカラーに合った色

パーソナルカラーに合った色 出典:adobestock

失敗しにくいノーズシャドウの選び方は、パーソナルカラーを意識したカラー選びをすることがポイントです。

一昔前まではベージュ系のノーズシャドウアイテムが多く、基本的にイエベ向けカラーがほとんどでした。しかし、パーソナルカラーが注目を集めている昨今、ブルベでも使いやすいグレージュ系アイテムも増えています。パーソナルカラーに合ったアイテムは肌馴染みが抜群なので、パーソナルカラーを意識した選び方をしてください。

イエベ向けのカラー

イエベ向けのカラー 出典:adobestock

イエベが使いやすいノーズシャドウの選び方は、ベージュブラウン系カラーのアイテムを選ぶことです。

基本的に黄みを含むカラーはイエベ肌に馴染みやすいので、黄みの強さを基準にする選び方がおすすめ。ノーズシャドウとアイブロウパウダーを兼用する場合は、ナチュラルブラウンやハニーブラウンと記載された色味を選びましょう。また、2~3色がセットになったアイテムを選ぶと、濃淡の調整がしやすいのでおすすめです。

ブルベ向けのカラー

ブルベ向けのカラー 出典:ライター撮影画像

ブルベが使いやすいノーズシャドウの選び方は、グレージュ系カラーのアイテムを選ぶことです。

ブルベは青みを含む色味を得意とするパーソナルカラーなので、ベージュブラウンでは影が肌から浮いて見えます。パーソナルカラーに合ったアイテムの選び方は、グレージュやココアブラウンと記載されているアイテムがおすすめ。アイブロウパウダーを使用する場合は一番明るいシェードカラーを使用して、やりすぎ感のない自然な印象に仕上げてください。

肌のトーンに合った色

肌のトーンに合った色 出典:adobestock

肌のトーンに合ったノーズシャドウの選び方は、自分の肌色がどの程度の明るさなのか把握することがポイントです。

例えば、同じパーソナルカラーであっても色白肌と色黒肌では、使用するノーズシャドウの色味が異なります。色白の人が色黒用のノーズシャドウを使用すると、色が濃すぎて不自然に仕上がるため注意が必要。ナチュラルに鼻筋を強調するためには、基本的には自分の肌色よりも2トーンほど暗い色味を選ぶとよいでしょう。

使いやすいテクスチャー

使いやすいテクスチャー 出典:adobestock

ノーズシャドウとして使用できるアイテムは、パウダー・クリーム・スティック・ペンシルの主に4種類。

アイブロウパウダーとしても使用できるパウダータイプは、濃淡の調整が簡単なので初心者でも扱いやすいアイテムです。長時間メイク直しができないという人は、肌にぴったりと密着して陰影を強調できるクリームタイプがおすすめ。スティックタイプやペンシルタイプは携帯に便利なうえ、狙った部分にピンポイントで陰影を足せます。

パウダータイプ

パウダータイプ 出典:ライター撮影画像

パウダータイプは比較的色の濃淡を調整しやすく、初心者でもノーズシャドウの入れ方が簡単なアイテムです。アイブロウパウダーとしても使用できるため、1つ持っておくとかなり重宝するアイテムだといえるでしょう。パウダータイプの失敗しにくい選び方のポイントは、2~3色程度が1セットになっているものを選ぶこと。

専用ブラシを使用するノーズシャドウの入れ方は、ナチュラルにメリハリのある顔立ちに近づけてくれます。

クリームタイプ

クリームタイプ 出典:adobestock

肌への密着力の高さが魅力的なクリームタイプは、しっかりとノーズシャドウを入れて陰影を強調したい人におすすめ。一般的にはブラシを使用する入れ方はせず、指やスポンジで肌にのせるシェーディングの入れ方が基本です。

パウダータイプよりもツヤ感のある仕上がりになるので、ツヤ肌メイクにはクリームタイプが相性抜群といえるでしょう。ただし、パウダータイプよりもぼかしにくく、ムラができやすい点がデメリットとされています。

スティックタイプ

スティックタイプ 出典:adobestock

持ち運びに便利なスティックタイプのノーズシャドウは、出先でも気軽にメイク直しができる便利アイテムです。狙った部分にピンポイントで陰影をプラスできるため、テクニックいらずで簡単に鼻筋を強調できるでしょう。ノーズシャドウを肌に直塗りした後に、スポンジで軽く馴染ませるとよりナチュラルに仕上がります。

ベースメイクの仕上げに使用するとヨレてしまうので、フェイスパウダーをはたく前に使用する入れ方が基本です。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプ 出典:adobestock

スティックタイプよりもさらに小回りが利くペンシルタイプは、鼻筋や鼻先などの細かい部分に使いやすいアイテムです。広範囲のシェーディングには向きませんが、人中短縮メイク・口角メイク・涙袋メイクにも使える汎用性の高さが特徴。

基本的に芯が柔らかいタイプのほうがぼかしやすいので、芯の柔らかさを基準とした選び方をおすすめします。またスティックタイプと同様に、ぼかすときはスポンジを使用して馴染ませるとよいでしょう。

ノーズシャドウの入れ方をマスターして憧れの美人鼻に

鼻の印象を悪目立ちさせることなく自然に強調するためには、鼻の形や顔立ちに合ったノーズシャドウの入れ方が重要です。鼻の形・顔立ちに合った入れ方を確認したうえで、求める仕上がりに合わせて好みのアイテムを選んでください。ノーズシャドウの正しい入れ方や選び方をマスターして、鼻筋が通ったメリハリのある顔立ちを目指しましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share