Beauty Topics

今トレンドのパープルメイクって?魅力やイエベ・ブルベ別のやり方をレクチャー

出典:adobestock

今トレンドのパープルメイクって?魅力やイエベ・ブルベ別のやり方をレクチャー

まるで消えてしまいそうな儚げな透明感と、ちょっぴり色っぽい大人の魅力を演出できるパープルメイク。ところが、パープルは使い方を間違えると派手な印象を与えやすく、一昔前のバブリーメイクのように見えてしまいがちですよね。
そこで今回は、チークやリップなどパーツ別にパープルメイクの取り入れ方について解説します。また、イエベ・ブルベに似合うおすすめパープルカラーも紹介するので、ぜひパープルメイクに挑戦してみてください。

カテゴリ | アイメイク
How to トレンド イエベブルベ

【ベースメイク編】イエベ・ブルベに似合うパープルメイク方法

パープルはコントロールカラーで仕込む

パープルはコントロールカラーで仕込む 出典:adobestock

パープルカラーをベースメイクに使用する場合は、コントロールカラーで取り入れるとよいでしょう。コントロールカラーはほんのり色味がついた化粧下地で、肌悩みに対する補色を塗布することによって肌悩みを払拭します。

ラベンダーは黄色の補色に位置づけられているため、ナチュラルに肌の黄ぐすみを払拭できるでしょう。

フレッシュなツヤ肌を演出

フレッシュなツヤ肌を演出 出典:adobestock

透明感を底上げしてくれるパープルに似合うベースメイクは、内側から発光するようなナチュラルな水光肌。まるですっぴんが美しいかのように見せるために、グロー肌仕立てのリキッドファンデーションを使用してください。また、クマやシミなどの部分にはコンシーラーを使用して、厚塗り感が出ないようにピンポイントでカバーしましょう。

イエベ秋やブルベ夏はマットな質感を得意とするので、パウダーをはたいてセミマットに仕上げてみてください。

パープルのパウダーで毛穴をカバー

パープルのパウダーで毛穴をカバー 出典:adobestock

ベースメイクの仕上げに肌へのせることにより、肌のアラをふんわりとぼかしてくれるフィニッシュパウダー。毛穴の凹凸をカバーしてくれたり、メイク崩れを防止してくれたりと魅力的なアイテムですよね。

ラベンダーのパウダーを使用すると、透明感※を引き出すヴェールをまとったような仕上がりになります。イエベ秋やブルベ夏はセミマット~マットな質感、イエベ春やブルベ冬はラメやパール入りのパウダーがおすすめです。

※メイク効果

【チークメイク編】イエベ・ブルベに似合うパープルメイク方法

チークは発色を抑えてふんわりと

チークは発色を抑えてふんわりと 出典:ライター撮影画像

チークにパープルカラーを使用する場合は、チークを付け過ぎないように大きめブラシでふんわりとのせましょう。

イエベは青みカラーと相性が悪いので、赤みの強いパープルチークを使用して血色感をプラスしてください。ブルベはラベンダーカラーのチークを使用して、透明感を高めたベースメイクに仕上げると似合うでしょう。パープルチークは肌に乗せるとピンクっぽく発色し、基本的に不自然なパープルには発色しないので安心してください。

パール入りチークで立体感をプラス

パール入りチークで立体感をプラス 出典:adobestock

チークにはマットやラメなどの質感がありますが、パープルメイクにはシマーなチークがおすすめ。シマーなチークには微細なパールが含まれているため、パールに光が反射するとナチュラルなツヤ感が生まれます。また、頬骨やCゾーンにぼかすことによって、顔全体に立体感を与えてハイライト効果も得られるでしょう。

大人っぽく仕上げたい人はマット、より華やかに仕上げたい人はラメなど、気分に合わせて質感を楽しむのもおすすめです。

ツヤ肌を邪魔しないクリームチーク

ツヤ肌を邪魔しないクリームチーク 出典:adobestock

一般的なプレストパウダータイプのチークは、粉をはたくのでパウダリーな質感に仕上がりがちですよね。

パープルメイクと相性抜群のツヤ肌ベースメイクを活かすためには、パウダーチークよりもクリームチークがおすすめ。油分が多くて肌になじみやすいクリームチークは、じゅわっと上気したようなナチュラルな仕上がりが魅力です。指にとったクリームチークは一度手の甲につけて、量を調節してから頬にのせると失敗しにくいでしょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share