Beauty Topics

【デカ目メイク講座】アイテム別のやり方のコツをマスターしてぱっちり印象に◎

出典:adobestock

【デカ目メイク講座】アイテム別のやり方のコツをマスターしてぱっちり印象に◎

ぱちっとした目に憧れて、アイメイクに力を入れている人も多いのではないでしょうか。ですが、一歩やり方を間違えると、厚化粧に見えて残念な仕上がりに…。
そこで今回は、ナチュラル見えながらデカ目を叶えるアイメイクの基本的なやり方を徹底レクチャーします。目のタイプ別のデカ目メイクのコツもご紹介していますので、今日からぱちっとした目元を手に入れたい人は参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to アイテム別

【涙袋】基本のデカ目メイクのやり方

涙袋のやり方1|涙袋がある人はラメで立体感をプラス

涙袋のやり方1|涙袋がある人はラメで立体感をプラス 出典:adobestock

瞳をウルッと見せてくれる涙袋メイクは、デカ目効果も期待できます。ですが、選ぶコスメややり方を間違ってしまうと、やりすぎな印象に…。自然な仕上がりを意識して涙袋メイクをしましょう。

もともと涙袋がある人は、ラメやパールシャドウをのせるだけでOK。ラメの粒子が粗いものや白っぽい色を使うとわざとらしさが出てしまうため、ラメの粒子が細かく肌なじみのよい色で自然な立体感をプラスするのがコツです。

涙袋のやり方2|涙袋がない人は影をいれてぷっくりさせる

涙袋のやり方2|涙袋がない人は影をいれてぷっくりさせる 出典:adobestock

涙袋がない人は、下まぶたの目頭から瞳の下までラメシャドウを塗ったあと、アイブロウペンシルや涙袋ライナーでラインを引いて影をつけて際立たせます。

ラインは目頭から目尻までガッツリ線を引いてしまうとクマのように見えてしまうため、瞳の下部分にだけに引くのがコツ。引いたあとは綿棒で軽くぼかしてなじませると、自然な涙袋メイクに仕上がります。

【目の形別】デカ目メイクのやり方

一重さん・奥二重さんのデカ目メイクのポイント

一重さん・奥二重さんのデカ目メイクのポイント 出典:adobestock

デカ目メイクは、目の形によって気をつけるべきポイントが違います。一重さんや奥二重さんは二重幅が狭いため、アイラインを太くガッツリ引いてしまうと重たく見えて、かえって小さく見せてしまうことに…。アイラインを引くときは、目尻だけに長めに引くのがデカ目に見せるコツです。

また、まつげを根元からしっかりと上げ、縦幅を強調させることも一重や奥二重のデカ目メイクのポイントになります。

二重さんのデカ目メイクのポイント

二重さんのデカ目メイクのポイント 出典:adobestock

二重さんはもともと目元がはっきりしていることが多いため、ダークな色味でしっかりとアイメイクを仕上げると、濃くなりすぎてしまいます。

そのため、アイシャドウやアイライン、マスカラなどは、ベージュやブラウンなどのやさしい色味を選ぶようにしましょう。色味で抜け感を出すことで、ナチュラルに仕上がります。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share