Beauty Topics

SNSで話題の「泣き顔メイク」のやり方!うるうる感を演出させるポイントをチェック

出典:adobestock

SNSで話題の「泣き顔メイク」のやり方!うるうる感を演出させるポイントをチェック

若い女性を中心に注目を集めている泣き顔メイクは、SNSで話題のトレンドメイクです。泣き顔メイクとはグリッターで涙の痕を表現するメイク方法で、なかにはグルーガンでしずく型のパーツを手作りする人もいます。もとは中国で流行していたメイク方法だといわれており、キラキラと光る涙の痕があざと可愛いと人気。
今回はそんな泣き顔メイクの魅力やパーツ別の泣き顔メイク方法とポイント、大人の女性が取り入れるためのコツを紹介します。

カテゴリ | アイメイク
How to トレンド

【チーク編】基本的な泣き顔メイクのポイント

目元から頬骨にかけてのシームレスチーク

目元から頬骨にかけてのシームレスチーク 出典:adobestock

赤系のアイシャドウを使用する泣き顔メイクは、アイシャドウの赤みを活かしてチークを塗布するのがポイント。泣き顔メイクでは儚げな雰囲気をアピールしたいので、チークはふわっと纏うシームレスチークがおすすめです。下まぶたのアイシャドウと繋げるようにチークを塗り、目元から頬にかけてふんわりとチークを広げてください。

チークの輪郭がはっきりしていると古っぽい印象を与えるうえ、涙の痕が不自然に浮いてアンバランスに仕上がるので注意しましょう。

薄付きチークでほんのり血色感

薄付きチークでほんのり血色感 出典:adobestock

泣き顔メイクの主役は頬を伝う涙の痕なので、チークは控えめに仕上げるのがメイクのポイントです。血色感を与えすぎると多幸感あふれる表情になるため、チークで頬がほんのりと色づく程度がベスト。

青みを含む色が得意なブルベはローズ系のチークを使用して、内側からじゅわっと滲むような血色感を演出してください。黄みを含む色が似合うイエベは肌なじみのよいベージュピンクを塗布して、しとやかな血色感を演出するとよいでしょう。

鼻先にチークを入れて泣き顔っぽく

鼻先にチークを入れて泣き顔っぽく 出典:adobestock

鼻先にチークを入れるメイク方法は、泣き顔メイクの発祥である中国で流行しているテクニックです。いちごのようにぽっと赤らむ鼻先が特徴的なため、「いちご鼻メイク」と呼ばれることもあります。

泣きながら鼻をすすったような雰囲気に仕上がることから、泣き顔メイクとの相性は抜群といえるでしょう。ただし、鼻先チークは濃く入れると不自然な印象になるので、色が付くか付かないか程度に留めることがポイントです。

【リップ編】基本的な泣き顔メイクのポイント

リップはツヤのある質感がおすすめ

リップはツヤのある質感がおすすめ 出典:adobestock

泣き顔メイクはうるうると潤んだ瞳が魅力的なため、リップもツヤのある仕上がりにすると統一感が生まれます。繊細なパールを含んだシマーな質感や、透け感のあるシアーな質感のリップアイテムを使用してください。

発色のよいマットな質感のリップを使用する場合は、リップグロスを重ねると簡単にニュアンスチェンジが叶います。唇の中央部分に少量のリップグロスをのせると、一気にぷるんとした濡れツヤ感のあるリップに近づけるでしょう。

唇の山にハイライトを仕込んで

唇の山にハイライトを仕込んで 出典:adobestock

泣き顔メイクをより今っぽく仕上げるためには、中華美人のようなぷっくりとしたボリューミーな唇がポイント。中国では果実のようにジューシーなボリュームリップに、口角がキュッと上がった唇の形がトレンドです。

リップを塗布する前に唇の山部分にハイライトを仕込んで、ぽってりとした女性らしいリップを作りましょう。また、唇の色味をコンシーラーでカバーして、チークで輪郭をぼやかすと自然なオーバーリップに仕上がります。

赤リップを使用すると統一感が生まれる

赤リップを使用すると統一感が生まれる 出典:ライター撮影画像

ピンクや赤のアイシャドウを使用する泣き顔メイクでは、メイク全体の統一感が生まれるため赤リップと相性抜群。唇の輪郭に沿ってパキッと発色させるのではなく、あえてラフにポンポン塗りをするのがポイントです。

また、内側からじゅわっと発色したような唇に仕上げたい人は、内側にのみ色をのせるグラデーションリップがおすすめ。グラデーションリップの上からリップグロスを重ねることで、さらにじゅんわりと滲むような唇が叶います。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share