Beauty Topics

すだれまつげの魅力とメイク方法。やり方やコツをマスターして色っぽい印象に◎

出典:adobestock

すだれまつげの魅力とメイク方法。やり方やコツをマスターして色っぽい印象に◎

「メイクに変化をつけたい」「自分の雰囲気を変えたい」そう感じたことはありませんか?手軽に雰囲気を変えられて、初心者の方も挑戦しやすいのがすだれまつげです。
そこで、この記事ではすだれまつげのメリットや、やり方を徹底解説します。すだれまつげと相性がよいメイクのやり方やきれいに仕上げるコツ、似合う方の特徴もまとめたので、新しい自分探しに役立ててくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to まつげ

すだれまつげをきれいに仕上げるコツ

マスカラはコーム型かロングタイプを選ぼう

マスカラはコーム型かロングタイプを選ぼう 出典:adobestock

すだれまつげには、コーム型かロングタイプのマスカラを使うとよいでしょう。コーム型はきれいに流れるようなまつげを演出でき、ロングタイプのマスカラはまつげを長く見せてくれるので、大人っぽい雰囲気になります。

なりたい印象に合わせてマスカラの種類を変えて使うと、それぞれのメイクを引き立たせてくれるでしょう。

マスカラを塗るときは余分な液をオフしてから

マスカラを塗るときは余分な液をオフしてから 出典:adobestock

マスカラを塗るときは、ティッシュで余分な液をオフしてから塗りましょう。ブラシから取り出したまま直接塗ると塗りすぎになり、すだれまつげがうまくいかない原因に。

オフするときは1~2回程度、全体的に余分な液をオフするのがきれいに仕上げるコツです。液を取りすぎるとマスカラの意味がなくなるので、ほどよく調整してくださいね。

マスカラブラシは縦向きに動かす

マスカラブラシは縦向きに動かす 出典:adobestock

すだれまつげをきれいに仕上げるコツは、ブラシを縦向きに動かすことです。普段のメイクでは目元を強調するためにジグザグと動かすことが多いですが、すだれまつげは自然な印象に仕上げるのかがポイント。

すっぴんのようなまつげに仕上げたいため、ジグザグと横向きに動かすのはNGです。縦向きに塗りにくい場合は、まぶたを少し引っ張ると塗りやすくなりますよ。

すだれまつげと相性のよいメイク

マスカラのカラーをメイクによって変える

ブラックで大人な印象に

ブラックで大人な印象に 出典:adobestock

すだれまつげに初めて挑戦する方は、ベーシックなブラックのマスカラを使いましょう。ブラックとすだれまつげの相性はよく、初心者の方でも手軽にきれいな大人の印象に。

ブラックを使うときは、液の付けすぎややり方に注意してください。強調しすぎるとメイク全体が濃く見えてしまうだけでなく、まつげだけ浮いて見えるデメリットがあります。

ブラウンでナチュラルな仕上がりに

ブラウンでナチュラルな仕上がりに 出典:adobestock

ブラウンは、ナチュラルでやさしい印象の目元になります。ブラックでは目立ちすぎて似合わないという方は、ブラウンのマスカラに挑戦してみましょう。

また、ブラウンを使うときは、アイラインのカラーもブラウンに合わせるのがコツ。カラーを統一することで、アイメイクに一体感が生まれてきれいなすだれまつげになりますよ。

カラーマスカラで違う自分を演出

カラーマスカラで違う自分を演出 出典:adobestock

いつもの自分とは違う印象にしたいときは、カラーマスカラを使うとよいでしょう。赤や青、緑などのカラーを使うことで、すだれまつげにアクセントがつきます。

カラーマスカラを使うときのコツは塗りすぎない、まつげを束にしないこと。塗りすぎやまつげが束になるとカラーを目立たせてしまい、目を小さく見せるデメリットがあります。

アイシャドウは上品に透け感を演出

肌馴染みのよい色を

肌馴染みのよい色を 出典:adobestock

すだれまつげをするときは、上品なアイシャドウを使って透け感のある目元を演出しましょう。濃いカラーのアイシャドウを使うと目元ばかり目立ち、すだれまつげが浮くデメリットも。

メイク全体に違和感をあたえる原因になる可能性があるため、自然で肌馴染みのよいアイシャドウを選ぶとよいでしょう。透け感を演出することでメリハリがつき、すだれまつげとの相性がよいメイクになりますよ。

ラメ感のあるものを

ラメ感のあるものを 出典:adobestock

アイシャドウを選ぶときは、ラメ感のあるものを選びましょう。華やかな目元を演出するだけでなく、すだれまつげをより大人っぽく仕上げる、目元を立体的に見せるなどのメリットがあります。

一方、マットタイプのアイシャドウを使うと、まぶたを腫れぼったく見せるデメリットが。ラメ感のあるアイシャドウは、まぶた中央にのせる程度がきれいに見えるコツですよ。

アイラインは細く長く引く

アイラインは細く長く引く 出典:adobestock

アイラインは、目尻から細長く引くと目元がきれいに見えます。太く引くとアイラインばかりが目立ち、すだれまつげの印象が薄くなるため目元全体に違和感のある仕上がりに。

すだれまつげを活かすためには極細のアイライナーを選び、できるだけ細く引くのがコツです。また、一重や奥二重などまぶたの幅に関係なく、細く長くアイラインを引くやり方はおすすめ。

カラコンはナチュラルなものを

カラコンはナチュラルなものを 出典:adobestock

カラコンは、おしゃれで印象的な目元を演出するために使ってみましょう。しかし、カラコンを選ぶときは黒目を不自然に強調させたり、カラーが濃かったりと派手な印象のものは避けてください。すだれまつげが目立たなくなるデメリットがあります。

ナチュラルなものを選ぶことで瞳だけが目立つことを防ぎ、すだれまつげが似合う目元に仕上がるでしょう。

印象を変えたいときは、すだれまつげに挑戦しよう!

普段のメイクを変えたいと思っても、何をどのように変えたらよいのか分かりませんよね。いざ変えてみても自分に合わず、違和感のあるメイクになることも。

すだれまつげはコツさえつかめば、簡単に誰でも印象を変えられます。また、幼い雰囲気を大人な印象に変えるのも簡単です。持っているメイク道具で誰でも気軽にイメージチェンジができるので、ぜひ挑戦してくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share