Beauty Topics

キリッとした大人な「クールメイク」の仕方!かっこいい印象を引き出すポイントとは?

出典:adobestock

キリッとした大人な「クールメイク」の仕方!かっこいい印象を引き出すポイントとは?

シャープで大人っぽい雰囲気が魅力の「クールメイク」。ベースや眉毛、アイシャドウなどの手順に少しこだわるだけで簡単にチャレンジできるので、普段のイメージを一新したい方からも人気のメイクテクニックです。
今回はそんな「クールメイク」について、魅力と部分別のメイク方法をご紹介。簡単にかっこいい印象に見せるコツからクールになりすぎたときの対処法まで、詳しく解説します。

カテゴリ | アイメイク
How to

【アイメイク&眉毛】クールメイクのポイントとは?

クールメイクに似合うアイシャドウの質感とカラー

クールメイクに似合うアイシャドウの質感とカラー 出典:adobestock

クールメイクには、パール入りのアイシャドウを使ってみましょう。粒子の細かなパールが目元に繊細な輝きを与え、大人っぽくエレガントなニュアンスを演出してくれます。

メインに使うカラーはブラックやグレー、カーキやネイビーといった深い色味がおすすめ。無彩色や寒色系などの高発色のカラーを使うことで目元に奥行きが生まれ、クールで凛とした魅力的な印象に仕上がります。やや濃いめに色をのせることを心がけると、キリッと引き締まった目元を作れますよ。

アイシャドウの塗り方(1)グラデーションで立体感を演出

アイシャドウの塗り方(1)グラデーションで立体感を演出 出典:ライター撮影画像

クールで立体感のあるくっきりとしたアイメイクに仕上げたい方は、グラデーション塗りにチャレンジしてみましょう。

  • 1.アイホールにベージュ系のベースカラーをのせる
  • 2.アイホールの半分の幅にグレーカラーを濃いめにのせる
  • 3.目のキワにダークグレーの締め色を細く入れる
  • 4.下まぶたの目尻側にも(3)の色を入れて完成

3色とも濃いめに入れると、クールな魅力が一層際立ちます。仕上げに3色を軽く指でぼかすと、しっかりまぶたになじんでくれますよ。

アイシャドウの塗り方(2)単色+ハイライトで目力アップ

アイシャドウの塗り方(2)単色+ハイライトで目力アップ 出典:ライター撮影画像

キリッとシャープな目元に見せたい方には、アイシャドウの単色使いがおすすめです。

  • 1.グレーなどメインカラーを、目のキワに向かって徐々に濃くなるようにのせる
  • 2.黒目の上へ縦長の楕円状になるようにハイライトカラーをのせる
  • 3.下まぶたの中央にもハイライトカラーをオン

ハイライトカラーを部分的に重ねることで、目元がパッと明るく見えて目力アップを狙えます。目元が暗く見えがちな方にもぴったりのメイク方法です。

<アイライナー>跳ね上げラインで「切れ長アイ」を作る

<アイライナー>跳ね上げラインで「切れ長アイ」を作る 出典:ライター撮影画像

クールメイクでは、長めのアイラインで目の横幅を長く見せることがポイントです。

  • 1.目尻から5〜7mmほどオーバーするように、長めの跳ね上げラインを引く
  • 2.目頭から目尻の間は、まつ毛の隙間を埋めるインラインを引く

下まぶたの輪郭を目尻の先へ延長させるイメージで引くと、自然な印象の跳ね上げラインを描けます。リキッドアイライナーや極細のペンシルアイライナーを使うと、魅力あふれる繊細なアイラインに仕上がるでしょう。

<マスカラ>ロングタイプで長さを強調

<マスカラ>ロングタイプで長さを強調 出典:ライター撮影画像

クールメイクはアイシャドウやアイラインを濃いめに仕上げるので、まつ毛までボリューム感を出すとキツイ印象に見せてしまう可能性があります。バランスを取るために、マスカラはロングタイプのものを使いましょう。

ビューラーでまつ毛を根元からしっかりカールさせて、マスカラをひと塗りします。仕上げにコームで整えると、きれいなセパレートまつ毛に。カラーは、ダークブラウンやブラックなど濃いめのカラーを使うと、アイシャドウの色と相性よくなじんでくれます。

<眉毛>直線的な形に仕上げる

<眉毛>直線的な形に仕上げる 出典:ライター撮影画像

眉毛の形は、クールで魅力的な顔立ちに見せるための重要なポイントです。まっすぐな線で描くやや太めの平行眉に仕上げてみましょう。

直線的なラインを描くことで目元に力強さが生まれ、凛々しく魅力的なかっこよさを演出できます。眉山は少し上げて角を作り、眉尻に向かってスッとのびたシャープな形にするのがおすすめです。

眉毛の描き方

眉毛の描き方 出典:ライター撮影画像

眉毛を描く手順は次の4ステップです。

  • 1.眉毛が少ない部分のみペンシルで描き足す
  • 2.眉尻に向かってブラシを小刻みに動かし、直線的なラインで眉毛の輪郭を整える
  • 3.眉頭はブラシを上方向へ動かし、形を整える
  • 4.眉毛を挟む形でコンシーラーをのせ、指でやさしくぼかす

仕上げにコンシーラーを入れることで眉毛の輪郭がくっきりして見え、キリッと整ったシャープな平行眉に見せられます。

【チーク】クールメイクのポイントとは?

ヌーディーカラーで落ち着きを演出

ヌーディーカラーで落ち着きを演出 出典:adobestock

チークメイクでクールな印象を作るには、血色感を出しすぎないことが大事です。ピンクやレッドなど華やかな色味のチークを使うと、可愛らしさが際立ってしまいます。

チークの色味は落ち着きと肌なじみのよさを重視して、ベージュやオレンジブラウンなどのヌーディーカラーを使ってみましょう。もともと血色がよい方であれば、チークは使わず代わりにシェーディングを入れてシャープな骨格を演出するのもおすすめです。

ベージュ系チークを使うクールメイクのやり方

ベージュ系チークを使うクールメイクのやり方 出典:ライター撮影画像

まずブラシにチークを適量取り、手の甲にブラシの先を軽く当てて余分な粉を落とします。このひと手間を加えると、ほんのり穏やかな色づきを楽しめますよ。

続いて、画像の黒枠の位置にブラシで軽く頬をなでるように入れましょう。頬骨に対して斜め向きに入れることで、落ち着きのあるかっこいい顔立ちに見せられます。チークの存在感が際立ってしまうため、丸く入れたり広く入れたりしないように心がけてください。

シェーディングを使うクールメイクのやり方

シェーディングを使うクールメイクのやり方 出典:ライター撮影画像

シェーディングで代用する場合は、チークよりも広めに入れることがおすすめです。画像の黒枠の位置を目安に、ベールをかけるイメージで薄くのせてみましょう。

頬骨の周りだけでなく耳の前やエラにも広くのばせば、陰影がついて頬や顔の輪郭をシャープに見せ、クールな印象アップを狙えます。チークと同様、手の甲で余分な粉を落としてからのせると影のつきすぎを防げますよ。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share