Beauty Topics

初心者も使いやすい、おすすめのビューラー10選!口コミや選び方もチェック

出典:adobestock

初心者も使いやすい、おすすめのビューラー10選!口コミや選び方もチェック

ビューラーは上向きまつ毛を作るマストアイテムですが、自分に合った形を選ぶことではじめて機能するため、選び方で迷うことも多いでしょう。
そこで今回は、口コミでも人気の高いおすすめビューラー10選をご紹介します。プチプラとデパコスでそれぞれ厳選したので、購入を考えている方は参考にしてみてください。

カテゴリ | アイメイク
How to おすすめ デパコス プチプラ まつげ
INDEX

「まつ毛メイクに必須」ビューラーの種類

定番のシンプルな形「オーソドックスタイプ」

定番のシンプルな形「オーソドックスタイプ」 出典:adobestock

数あるビューラーの中でも、最もシンプルな種類がこちらのオーソドックスタイプ。圧のかけ方を手元で調整しやすく、誰にでも簡単に操作できる点が人気のビューラーです。

ハンドル部分がすっきりしたデザインのため、コンパクトに収納したい方や外出先で使う頻度が高い方におすすめ。

軽い圧でしっかりカールできる「スプリングタイプ」

軽い圧でしっかりカールできる「スプリングタイプ」 出典:adobestock

スプリングタイプのビューラーは、本体にバネが付いた種類です。握ったときに弾力性があり、ギュッと力強くはさまなくても均一にまつ毛をカールできるのが魅力。

オーソドックスタイプと比較するとハンドル部分がしっかりした形状のものが多く、ややボリュームがあるため自宅用のビューラーにおすすめです。

まつ毛の完成度を高める「部分用」

まつ毛の完成度を高める「部分用」 出典:adobestock

まつ毛をピンポイントでカールできるのが、部分用のビューラー。幅が狭く、狙ったまつ毛をはさみやすいため、目尻や目頭のまつ毛が上がりにくい方や自分の思い通りにまつ毛のカールをデザインしたい方におすすめの種類です。

オーソドックスタイプやスプリングタイプと併用することで、クオリティの高い目元に仕上がります。

上向きまつ毛をキープする「ホットビューラー」

上向きまつ毛をキープする「ホットビューラー」 出典:adobestock

まつ毛が当たる部分に熱を発生させ、カールキープ力を高めるホットビューラー。下向きまつ毛の方やメイクしたての綺麗なカールを崩したくない方に重宝するアイテムです。

ホットビューラーの形状にも種類がありますが、初心者の方にはスティックタイプがおすすめです。先端にコームが付いており、マスカラを塗るような感覚で簡単にまつ毛をカールできます。

「簡単&使いやすいタイプはどれ?」ビューラーの選び方を解説

選び方のポイントは「カーブ」と「幅」

選び方のポイントは「カーブ」と「幅」 出典:adobestock

【基本】ビューラーの選び方

【ポイント】
カーブの強さ 目の丸みに合わせる
フレームの幅 目の横幅に合わせる

ビューラーを購入する際に気をつけるべきポイントは、自分の目元に合う種類を選ぶこと。見た目やブランドだけでビューラーを選ぶと、使いこなせないことがあるので要注意です。

ここからはカーブの強さとフレームの幅に注目して、選び方のヒントをご紹介します。

カーブの強さ|二重・丸目・出目は「カーブ強め」

カーブの強さ|二重・丸目・出目は「カーブ強め」 出典:adobestock

ぱっちりとした目元の二重さんや丸い目の方、眼球がやや前に出ている出目の方は、カーブの強いビューラーがおすすめ。選び方の目安は、海外のデパコスや「二重用」と記載されたものがよいでしょう。

カーブが強い種類は縦幅のある大きな目にぴったりフィットして、1回のストロークでまつ毛を根元から綺麗にカールします。

カーブの強さ|一重・奥二重・奥目は「ゆるやかカーブ」

カーブの強さ|一重・奥二重・奥目は「ゆるやかカーブ」 出典:adobestock

涼しげな印象の一重さんや奥二重さん、奥目で小ぶりな目元の方は、カーブのゆるやかなビューラーがぴったり。

選び方は、国産ブランドや「一重・奥二重用」、「日本人に合う」などと記載されたものを選ぶと、使いやすいタイプがみつかります。もしカーブがゆるい種類を試しても合わない方は、部分用ビューラーを数回に分けて使うやり方もよいでしょう。

フレームの幅|目の幅をチェックしよう

フレームの幅|目の幅をチェックしよう 出典:adobestock

日本人の目幅は平均30mmといわれており、それに合わせて30〜39mmのビューラーが販売されています。数ミリ単位でビューラーのフィット感は異なるため、あらかじめ自分の目幅を測っておくと選び方が簡単に。

目頭から目尻まですべてのまつ毛が収まるサイズが、自分に合う理想のビューラーです。

彫りが深い方は「フレームの高さ」も確認

彫りが深い方は「フレームの高さ」も確認 出典:adobestock

ビューラーがまぶたに直接当たるフレーム部分の高さも、仕上がりや使用感に直結するポイントです。

眉下の骨が出ている彫りの深い方は眉と目の距離に余裕がないため、ビューラーも高さのない種類がおすすめ。一方凹凸が少なく腫れぼったいまぶたの方は、フレームに高さがある方がまぶたを効果的に持ち上げ、根元からはさみやすくなります。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share