Beauty Topics

【デパコス・プチプラ】おすすめのハイライト10選!メイクでの役割やタイプ別の選び方

出典:adobestock

【デパコス・プチプラ】おすすめのハイライト10選!メイクでの役割やタイプ別の選び方

メイクアイテムの中でもハイライトって、使っても使わなくても変わらないと思っていませんか?ハイライトは上手に使えばのっぺり顔脱出に役立ちますし、華やかさを持った顔に仕上げられる優秀アイテムなのです。
今回は、ハイライトの使い方に悩む方へ向けて、ハイライトの役割や選び方を確認しながら、おすすめのアイテムをデパコス・プチプラ別にご紹介します。

INDEX

ハイライトは何のためのアイテム?ハイライトの役割を確認!

顔に高さをプラスして立体的に見せる役割

顔に高さをプラスして立体的に見せる役割 出典:adobestock

ハイライトをのせることで頬に明るさがプラスされ、光が集まります。そうすると明るい部分に高さが出るため、ハイライトは顔を立体的に見せる役割があるのです。

メリハリのある顔立ちに憧れがあるなら、メイクの仕上げにハイライトを活用しない手はありません。ハイライトだけでも立体的に見せられますが、シェーディングとセットで使えばより凹凸がはっきりします。

肌にツヤを与える役割

肌にツヤを与える役割 出典:adobestock

頬にハリやツヤがあると活き活きとした印象を与えられます。ツヤがあることで肌が潤った状態に見え、それだけでぐんと印象がよくなりますよ。

ハイライトは疑似的にツヤを作る役割があるので、印象アップに効果的です。また、保湿成分が配合されているハイライトであれば乾燥しやすい時期はもちろん、エアコンで肌が乾燥しカサついた印象になるのを防げます。

肌トラブルを光で飛ばす役割

肌トラブルを光で飛ばす役割 出典:adobestock

ハイライトは光を集める効果があるので、毛穴やニキビ跡のような肌トラブルを光で飛ばし目立たなくできます。このときに使うハイライトは、ラメが少なくパール感あるものがおすすめ!目元のくすみもハイライトでカバーできます。

肌トラブルをハイライトで目立たなくするには、まず下地でフラットな状態に整えるのがポイント。ベースを整えた後にハイライトをさっとのせてあげることで、明るく美しい肌に仕上がります。

どのタイプを使う?ハイライトの選び方のポイントとは?

選び方その1:質感の違いで選ぶ

選び方その1:質感の違いで選ぶ 出典:adobestock

ハイライトにはパウダーやリキッド、クリームなどさまざまな質感があります。ハイライトの選び方として、この質感の違いに注目してみてください。質感が違うと使い心地も変わってくるので、テスターでお試ししてから購入すると失敗を防げますよ。

肌が乾燥しやすい方は、潤い感のあるリキッドやクリームタイプがおすすめ。しっとりと肌に馴染みます。一方、肌に油分が多いと感じる方はパウダータイプでさらっと仕上げると、ヨレにくく綺麗な状態に仕上がりますよ。

選び方その2:仕上がりで選ぶ

選び方その2:仕上がりで選ぶ 出典:adobestock

ハイライトに配合されているラメに注目して、仕上がりで選ぶのもおすすめです。ラメのサイズが大きいと華やかな印象に、ラメが小さいと上品な印象に仕上がります。ギラギラ感が苦手な方は、ラメなしのマットタイプやラメが細かいものを選びましょう。

内側から発光するようなみずみずしいツヤがある印象に仕上げたいなら、リキッドタイプがぴったり!素肌感を残した仕上がりは、パウダータイプの方が作りやすいです。

選び方その3:カラーで選ぶ

選び方その3:カラーで選ぶ 出典:adobestock

ハイライトというとゴールドやクリアのようなカラーが多いですが、最近はピンクやミントなどカラータイプも増えています。なりたい印象を軸に、カラーでハイライトを決める選び方もありますよ。

ツヤ感や華やかさが欲しいのならゴールド、血色感もプラスしたいのならピンク系がおすすめ。ミントやブルー系のハイライトは肌を白く見せて、透明感※もアップしてくれます。

※メイクアップ効果によるもの

選び方その4:価格で選ぶ

選び方その4:価格で選ぶ 出典:adobestock

プチプラ・デパコスのように価格で選ぶ方法もあります。プチプラで気になるカラーを複数揃えるもよし、持っているだけでテンションが上がるデパコスを選ぶもよし。

ハイライトの効果をこれから知るという方なら、プチプラから始めてみるのがおすすめです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share