Beauty Topics

爽やかで透明感のある「ブルーメイク」のやり方。青色の魅力や使い方のコツとは?

出典:adobestock

爽やかで透明感のある「ブルーメイク」のやり方。青色の魅力や使い方のコツとは?

清涼感ただようブルーメイクは、定番のブラウン系とは異なるピュアな雰囲気が魅力。初心者には手を出しにくいといわれますが、実はコツを押さえるだけでデイリーに楽しむことも可能です。
そこで今回は、テーマ別・ブルーメイクのやり方やアイテムごとの魅力をご紹介します。青色を浮かせず肌になじませるポイントもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to イエベブルベ

【テーマ別】ブルーメイクのおすすめのやり方

おすすめのやり方(1)初心者さん向けブルーメイク

おすすめのやり方(1)初心者さん向けブルーメイク 出典:adobestock

初心者編・ブルーメイクのやり方

アイシャドウ ブルー系のラメアイシャドウで涙袋メイク
リップ いつものリップの上に、ブルーグロスで青みのツヤを

初心者さんはソフトな発色の青色を選ぶと、抵抗なくブルーメイクを楽しめます。

涙袋メイクをする際は目頭から2/3までにとどめ、くすみやすい目尻を避けましょう。口元はブルーグロスのみでナチュラルに仕上げても、お気に入りのリップに重ねてニュアンスチェンジしても素敵です。

おすすめのやり方(2)ブルーをデイリーメイクに

おすすめのやり方(2)ブルーをデイリーメイクに 出典:adobestock

デイリー編・ブルーメイクのやり方

ベース セミマット〜ツヤ肌に
アイシャドウ ベージュ系をまぶた全体、ブルーを二重幅までのせて境目をぼかす
リップ 好みのリップを塗り、ブルーグロスを中央にのせてぷっくりさせる
チーク ブルーorパープルで肌の透明感を引き出す

日常にブルーメイクを取り入れる際は、アイシャドウをメインにするのが簡単です。そのほかのリップやチークもほんのり青みを帯びたカラーを合わせると、統一感がでて涼しげなメイクに。

上品な印象に仕上がるので、お仕事メイクにもぴったりです。ベースメイクのツヤをやや抑え、セミマットにするときちんと感がアップするでしょう。

おすすめのやり方(3)旬のブルーで女子会の注目を集めて

おすすめのやり方(3)旬のブルーで女子会の注目を集めて 出典:adobestock

女子会編・ブルーメイクのやり方

ベース みずみずしいグロウベースをつくる
アイブロウ 整えすぎずふんわりしたナチュラル眉に
アイシャドウ ラメ入りのゴールドを上下のまぶた全体にのせ、発色のよいブルーを目尻側1/2にアイライナーを引くように細く入れる
マスカラ 上まつ毛にブラック、下まつ毛にブルーをつける
リップ セミマットの青みレッドで口元を引き締める
チーク なし

華やかな印象を自在にあやつれるブルーメイクは、女子会メイクにもおすすめ。発色のよいパキッとしたブルーとキラキラのゴールドで目元に遊びを効かせます。アイシャドウでしっかりカラーをのせた分、チークレスで抜け感を演出するのがおしゃれに仕上げるコツです。

濃いめのリップは直塗りせず、指にとってラフなやり方で仕上げてください。

おすすめのやり方(4)澄んだ目元が印象的なデートメイク

おすすめのやり方(4)澄んだ目元が印象的なデートメイク 出典:adobestock

デート編・ブルーメイクのやり方

ベース 薄づきのナチュラルなツヤ肌に仕上げる
アイシャドウ ラメ入りの淡いブラウンでほんのり陰影をつけ、アイスブルーのラメシャドウを目頭へさっとのせる
マスカラ ブラックで全体に長さをだし、ネイビーブルーを目尻側1/2に重ねる
リップ シアータイプの青みピンクでやさしい血色をON
チーク 肌なじみのよいピンクカラーをふんわりとのせる

デートメイクでは、チークやリップにピンクカラーを使って柔らかい血色を与えつつ、ほんのりブルーで透明感をまとわせて。

ネイビーブルーは派手すぎず、青色の知的な印象をプラスできるのでおすすめです。まつ毛のさりげないブルーが、奥行きのある表情を演出します。

ブルーのアイシャドウをキレイに発色させるやり方とは?

ブルーのアイシャドウをキレイに発色させるやり方とは? 出典:adobestock

透明感を得られるはずのブルーシャドウでも、使い方によっては色がキレイに発色せずくすんでみえることも。アイシャドウを指やブラシでまぶたにのせるときは、こすらずにタップしてのせることを意識しましょう。こするとパウダーの粒子がつぶれて、本来のカラーを表現できないことがあるのです。

アイシャドウを塗る前にはアイベースを塗ってまぶたの状態を整えておくと、ブルーカラーがくすまずよりキレイに発色します。

「やりすぎ感」に注意!ブルーメイクをおしゃれにまとめるコツ

【イエベ向け】ブルーメイクのやり方とは?

「似合わない」を解消する色選びのコツ

「似合わない」を解消する色選びのコツ 出典:adobestock

イエベさんがブルーを取り入れる際のコツは、ターコイズブルーやエメラルドなどの青緑系がおすすめです。ほんのり黄みを含んだ色なので、純粋な青色より温かみがあり、暖色が得意なイエベにもマッチしやすくなります。

また、ブルーを塗ったまぶたにゴールドラメのアイシャドウを重ねるやり方も、肌なじみよく仕上がるのでぜひお試しください。

やり方のポイントは、得意な色と組み合わせること

やり方のポイントは、得意な色と組み合わせること 出典:adobestock

青みがかったカラーが苦手なイエベさんは、得意な要素を取り入れながらほどよくブルーを楽しむやり方がおすすめです。コツは肌なじみのよいブラウンメイクをベースに、1ヶ所だけブルーを効かせること。キャットラインにブルーを使用したり、ブルーシャドウを目頭や目尻などピンポイントに入れたりするのもよいでしょう。

ファンデーションを塗る前にブルーやパープルのコントロールカラーでくすみを整えておくと、さらにブルーメイクがなじみやすくなります。

ブルベはメイク全体を「青み系コスメ」で統一

ブルベはメイク全体を「青み系コスメ」で統一 出典:adobestock

ブルーカラーをメイクに取り入れたときは、ほかのアイテムも青みカラーを選ぶと統一感が出ます。とくにブルベはもともともっている透明感が引き出され、簡単にこなれた雰囲気が手に入るでしょう。

1つで完成するパレットタイプのブルーシャドウはブルベさんの目元に合うカラーが揃っていて、悩みがちな色選びもスキップできます。

一重さんのブルーシャドウは細く入れると◎

一重さんのブルーシャドウは細く入れると◎ 出典:adobestock

一重まぶたのクールな眼差しと、寒色系のブルーメイクは相性◎。涼しげな印象を活かすために、発色が鮮やかなブルーのアイライナーやアイシャドウを目の際に細く入れましょう。彩りをきかせつつ、目元をキュッと引き締めてくれます。淡いブルーは一重まぶたが膨張してみえるので、高発色を選ぶのが上手に使いこなすコツです。

リップは青みがかったピンクやレッドカラーで、統一感と血色をONして。

鮮やかなブルーは、1点投入がおすすめ

鮮やかなブルーは、1点投入がおすすめ 出典:adobestock

鮮やかなブルーカラーは、多く使用すると派手な印象のメイクになりがち。場合によっては「バブリー感」が出てしまい、旬の垢抜けメイクからは遠ざかってしまいます。したがって、発色豊かなブルーのアイテムは1つに絞ることが大切。

また、アイシャドウでパキッとしたブルーを楽しむときは、細く狭く入れることがおしゃれに仕上げるコツです。アイホールに広くぼかすと青あざのようにみえることもあるので、注意しましょう。

ブルーメイクとシルバーのピアスでかっこいい印象に

ブルーメイクとシルバーのピアスでかっこいい印象に 出典:adobestock

ブルーメイクとシルバーピアスを組み合わせると、洗練された雰囲気がマッチして好印象です。メンズライクな服装で、知的かつハンサムなスタイルを追求するのもよいでしょう。

スタイリッシュにブルーメイクを楽しみたいときは、アクセサリーやファッションコーディネートで抜かりなく仕上げてみてください。

爽やかな大人のブルーメイクで、いつもと違うエレガントな印象に

今回は、ブルーメイクのひと味違った魅力やテーマごとでおすすめのやり方をご紹介しました。初心者が青色をナチュラルに取り入れるためのコツも解説しましたので、ブルーコスメを買ってみたけれど持て余しているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クリアな透明感や上品さを手にしたい方は、この機会にブルーメイクに挑戦しましょう!

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share