Beauty Topics

大人なナチュラル印象に◎清楚系メイクの魅力から部分ごとのやり方を詳しくレクチャー

出典:adobestock

大人なナチュラル印象に◎清楚系メイクの魅力から部分ごとのやり方を詳しくレクチャー

清らかで飾り気がない印象を与える「清楚系メイク」。性別や年齢問わず愛される好感度の高い雰囲気が作れ、ビジネスからプライベートまであらゆるシーンで重宝するメイク方法です。
今回はそんな清楚系メイクの魅力をはじめ、パーツごとの基本的なやり方や失敗しないコツを徹底的に解説します。メイクにレパートリーが無くて悩んでいる方は、万人受けする清楚メイクからマスターしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別 ナチュラル

アイメイク、チーク、リップはナチュラルな色味を選ぶ

アイメイク、チーク、リップはナチュラルな色味を選ぶ 出典:adobestock

清楚系メイクではアイメイクやチーク、リップなど、色物を使うパーツはすべてナチュラルなカラーをチョイスすることが基本です。カラーを主役にした鮮やかなメイクはトレンド感がありおしゃれですが、清楚な印象とはまた異なります。

清楚系メイクに仕上げるときのポイントは「華やかな美しさ」ではなく「本来の魅力を引き出したような美しさ」です。あくまでもナチュラルに仕上げることを第一に、カラーアイテムは肌なじみのよいものを使いましょう。

ナチュラルがカギ!印象アップする基本の清楚系ベースメイク方法

下地やコントロールカラーで透明感と自然なツヤを仕込む

下地やコントロールカラーで透明感と自然なツヤを仕込む 出典:adobestock

清楚系メイクに欠かせない素肌っぽさのある自然な透明感とツヤを表現するには、下地やコントロールカラーがとても重要。事前に透明感とツヤを仕込み、土台を整えておくことで次に使うファンデーションが薄付きで済みます。

化粧下地はツヤ肌に仕上げる保湿系、コントロールカラーはくすみを飛ばして透明感※を与えるパープル系を選びましょう。時短で済ませたい方やなるべく塗り重ねるアイテムを減らしたい方は、下地とコントロールカラーの役割を兼ね備えた多機能下地を使うのもおすすめです。

※メイクアップ効果

ファンデーションは極力薄付きを意識

ファンデーションは極力薄付きを意識 出典:adobestock

清楚系メイクのファンデーションは、リキッドタイプやクッションタイプのようなツヤ系のアイテムを選びましょう。カバー力で肌をきれいに見せるというよりも、ツヤで肌悩みを目立たなくし素肌感を残します。下地の工程である程度肌を整えているので、ファンデーションは極力薄付きを意識して顔の中心を重点的に塗るように仕上げてください。

ツヤ系のファンデーションを使うと崩れやテカリが気になる方は、ベースメイクの仕上げに気になる部分にだけフェイスパウダーをブラシで軽くのせておきましょう。

ファンデーションでは隠しきれない肌悩みはコンシーラーでカバー

ファンデーションでは隠しきれない肌悩みはコンシーラーでカバー 出典:adobestock

シミやニキビ跡、くまなどのファンデーションだけでは隠しきれない肌悩みは、コンシーラーを使ってポイントでカバーしましょう。

コンシーラーは使う場所や肌悩みに合わせてテクスチャーや形状を変えると、自然に仕上がります。色の濃いシミやニキビ跡はテクスチャーが硬めでカバー力の高いスティックタイプ、くま隠しなどの目周りのカバーにはテクスチャーがやわらかくしっとりと仕上がるクリームタイプを使ってみてください。

ナチュラルがカギ!印象アップする基本の清楚系アイメイク方法

眉毛は自眉を活かして立体的に

眉毛は自眉を活かして立体的に 出典:adobestock

清楚系メイクでは、本来の眉毛を活かしたようにナチュラルに仕上げるのがポイント。パウダーアイブロウを使い、ふんわりとした立体感のある眉毛に仕上げましょう。

スクリューブラシで毛流れを整え、毛が足りないところや色味がまだらな部分を中心にパウダーをのせてください。しっかり描くのではなく、本来の眉毛を軽く整えるイメージで仕上げましょう。色味は明るすぎたり暗すぎたりすると眉毛だけが浮いて見えてしまうため、髪色よりもワントーン明るく仕上げるのがコツ。仕上げに眉マスカラを使うのもおすすめです。

アイシャドウは肌なじみのよいブラウン系が基本

二重|アイシャドウの方法

二重|アイシャドウの方法 出典:adobestock

清楚メイクでは肌なじみのよいブラウン系のアイシャドウを使い、自然な陰影をつけることがポイントです。二重さんはもともと目元がハッキリとしている方が多いため、単色で仕上げるのがおすすめ。目元に彩りを与えるというよりは、自然な陰影をつけるようにアイホールと下まぶたに淡く塗るのがコツです。

アイシャドウはパールが入ったアイテムを選ぶと、自然なツヤ感で色っぽさもプラスできます。

奥二重・一重|アイシャドウの方法

奥二重・一重|アイシャドウの方法 出典:adobestock

奥二重さんや一重さんはグラデーションで濃淡を作り、奥行きのある目元に仕上げましょう。グラデーションを作ると、腫れぼったく見えやすい奥二重さんや一重さんの目元が自然に強調されハッキリとします。

淡いブラウンカラーをアイホールと下まぶた全体に塗り、暗めのブラウンカラーを上まぶたのキワと下まぶたの目尻から1/3に塗ってください。暗めのブラウンカラーを塗るときは、目を開いたときに色味が見える位置までのせるのがコツです。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る