Beauty Topics

新パーソナルカラー《グリーンベース》とは?特徴や診断方法、似合うメイク方法を伝授

出典:adobestock

新パーソナルカラー《グリーンベース》とは?特徴や診断方法、似合うメイク方法を伝授

パーソナルカラーといえば、ブルーベースとイエローベースの2種類から分類されるのが一般的。ですが、両方の特徴を持つ「グリーンベース」があるのをご存じですか?今まで診断をして、はっきりとした答えが出なかった方はもしかするとグリーンベースなのかもしれません。
そこで今回はグリーンベースの特徴やセルフでできる診断方法、似合う色を使ったメイク方法などを徹底解説します。「自分がグリーンベースかも」と思った方はぜひチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to イエベブルベ

グリーンベースのセルフ診断方法

グリーンベースのセルフ診断方法 出典:adobestock

グリーンベースは先程紹介したブルーベースとイエローベースの特徴を両方含みます。そのため、自己診断をしたときにどちらにも当てはまる方は、グリーンベースの特徴も一緒にチェックしてみてください。

具体的なグリーンベースの特徴は以下のとおりです。

  • ・手のひらは黄みがかっているが、ピンクみや赤みもある
  • ・手首の血管の色が青色と緑色の中間のような色
  • ・瞳の色や本来の髪色は黒に近い濃い茶色
  • ・アクセサリーの色はシルバー系もゴールド系もどちらも似合う

これらに当てはまる方はブルーベースでもなく、イエローベースでもなくグリーンベースの可能性が高いといえます。

メイクに活かせる!コスメ別のグリーンベースが似合う色とは?

グリーンベースは色選びに迷いやすい

グリーンベースは色選びに迷いやすい 出典:adobestock

似合う色味の範囲が広いグリーンベースは、基本的にパーソナルカラーを気にせず、好みやトレンドに合わせたカラー選びでOK。とはいえ、どんな色味でも似合うと言われると逆にコスメ選びに迷う方も多いですよね。

似合う色のなかでも、メイクで使うとよりグリーンベースのよさを引き出せる色があるので、ここからはコスメ別にとくにチョイスしてほしいカラーをご紹介します。

ベースメイク

ベースメイク 出典:adobestock

相性のよい色味が幅広く、どれを選んでも失敗しにくいグリーンベースですが、ベースメイクだけは例外です。グリーンベースさんにとって、唯一難しいのがファンデーション選び。というのも、ブルベさんが得意なピンク系のファンデーションやイエベさんが得意なオークル系のファンデーションも、グリーンベースが使うと肌に赤っぽさやオレンジっぽさが出やすいからです。

グリーンベースの方は、ピンクみもなく黄みもないニュートラルな色のファンデーションを選んでみてください。

アイシャドウ

アイシャドウ 出典:adobestock

アイシャドウは選ぶ色味によって仕上がりの雰囲気が大きく変わるため、なりたい印象に合わせて色選びをするのがおすすめです。

なかでもグリーンベースがアイシャドウに選ぶとよい色味は以下のとおり。

グリーンベースにおすすめのアイシャドウのカラー

  • ・パープル
  • ・ブルー
  • ・グレー
  • ・イエロー
  • ・カーキ
  • ・ベージュ
  • ・ピンク

ピンク、イエロー、ブルー、ベージュは今年のトレンドカラーでもあるため、今どきなアイメイクに仕上げたいときはこの4種類の色味を積極的に使うとよいでしょう。

また、アイシャドウの質感はラメやパールが含まれているものよりも、マットなほうが似合う傾向にあります。

チーク&リップ

チーク&リップ 出典:adobestock

グリーンベースはどの色味のチークやリップを選んでも失敗しにくいので、アイシャドウとのバランスを考え、統一感を出すことを意識すると選びやすくなります。

例えば、アイメイクに寒色系を使ったらチークやリップにも寒色系を、逆に暖色系を使ったらチークやリップにも暖色系を選び、顔全体で見たときのまとまりを大事にしましょう。

たくさんある色味のなかでも、とくにグリーンベースが使いやすいチークやリップのカラーは以下のとおりです。

グリーンベースにおすすめのチーク&リップのカラー

  • ・赤みのあるオレンジ
  • ・深みのある赤
  • ・ローズピンク
  • ・コーラルピンク
  • ・ラベンダーピンク

より魅力的に仕上がる!グリーンベースが似合うメイク方法とは?

初心者の方はどんなシーンでも使いやすい色から挑戦するのが◎

初心者の方はどんなシーンでも使いやすい色から挑戦するのが◎ 出典:adobestock

グリーンベースは似合う色が多いので、そのぶんメイクも幅広く楽しめるのが特徴。ですが初心者にとっては、幅広いメイクが楽しめるというのは逆に難易度が高く感じる方もいるでしょう。ここでは初心者の方でも簡単に挑戦しやすい、グリーンベースに似合うメイク方法をご紹介します。

オフィスからプライベートまで、シーンを問わず使えるメイクを提案しますので、これからグリーンベースに似合うメイクを研究したい方はぜひ参考にしてみてください。

ベースメイクはアイテムの組み合わせが大事

ベースメイクはアイテムの組み合わせが大事 出典:adobestock

グリーンベースのメイクで1番難しく感じやすいのがベース。ベースメイクではファンデーション選びがカギとなります。

ピンク系とイエロー系のどちらかに偏ったファンデーションの色味は、グリーンベースと相性が悪いため、ニュートラルなカラーを選ぶのがポイント。ニュートラルカラーのものを見つけるのが難しい場合は、ピンク系とオークル系のファンデーションを混ぜ合わせて使用するのもおすすめです。

また、赤みを補正するグリーンの化粧下地やコントロールカラーを事前に仕込んでからファンデーションを塗ると、赤っぽさやオレンジっぽさが抑えられ、色白で透明感※のあるベースメイクが作れます。

※メイクアップ効果による

アイメイクはグリーンベースの肌になじむベージュをセレクト

アイメイクはグリーンベースの肌になじむベージュをセレクト 出典:adobestock

初心者の方はシーン問わず使えるベージュのアイシャドウを使って、ナチュラルなアイメイクに仕上げましょう。ベージュは今年のトレンドカラーでもあるので、今っぽさも演出できますよ。

メインをベージュカラーで仕上げ、締め色にブラウンカラーを使うと、陰影が出て自然に目元が強調されるのでおすすめ。マスカラやアイライナーも目元をやさしく見せるブラウンで統一すれば、ナチュラルながら抜け感のあるアイメイクに仕上がりますよ。

眉毛はオリーブブラウンをチョイスしてこなれ感をプラス

眉毛はオリーブブラウンをチョイスしてこなれ感をプラス 出典:adobestock

アイブロウはアイメイクと同じようにブラウンで仕上げてもよいのですが、あえてほんのりグリーンが入ったオリーブブラウンの眉マスカラを使い、こなれ感をプラスしてみましょう。

オリーブブラウンならグリーンベースの肌にもなじみやすく、主張しすぎないので初心者の方にも抵抗なく取り入れやすいカラー。眉毛に色味が足されるだけで一気に上級者メイクに格上げしてくれます。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る