Beauty Topics

同窓会もおまかせ!派手すぎない華やかパーティメイクテクをパーツ別にレクチャー

出典:adobestock

同窓会もおまかせ!派手すぎない華やかパーティメイクテクをパーツ別にレクチャー

久しぶりに友人と再会する同窓会。華やかな衣装を纏い、メイクもばっちりキメて最高の姿で参加したいですよね。ですが、なかには「衣装にマッチする、華やかなメイク方法がわからない…。」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、同窓会などのパーティで映えるメイク方法をパーツごとに詳しくレクチャー。昼と夜のそれぞれのシーンに合ったメイク方法を解説していますので、これからパーティを控えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別

夜パーティのアイメイク方法

夜パーティのアイメイク方法 出典:ライター撮影画像

夜のパーティメイクでは目元に暗い色味を持ってくると、照明の加減で顔全体の印象も暗く見えてしまう場合があります。そのため、アイシャドウは、ピンクブラウンやオレンジブラウンなど、少し血色感のある色を使うのがおすすめです。

また、昼メイクと同じように華やかさを足すため、アイシャドウはラメやパールを含んだものを選びましょう。夜は粒子が粗く大胆にツヤを纏えるものを選んでもOK。キラキラさせた方が落ち着いた照明でも目元を明るく見せ、雰囲気のあるアイメイクに仕上がりますよ。

アイライナーは太めに引き、まつ毛もマスカラでしっかりボリュームを出して目元をはっきり見せるのがポイントです。

華やかさを纏えるパーティメイク方法【シェード&ハイライト】

パーティメイクに必須な立体感はシェードとハイライトで演出

パーティメイクに必須な立体感はシェードとハイライトで演出 出典:adobestock

写真撮影の機会が多いパーティメイクでは、立体感も大事。立体感を出すのに欠かせないアイテムとなるのが、シェーディングとハイライトです。普段のメイクでシェーディングやハイライトを入れない方も、パーティメイクでは必ず入れるようにしましょう。

シェーディングは「鼻筋」「小鼻」「頬骨の下」「こめかみから顎先までのフェイスライン」に、ハイライトは「額の中央」「鼻の付け根」「鼻先」「目の下の三角ゾーン」に入れるのが基本です。

昼と夜のパーティメイクではおすすめの入れ方が少しずつ異なるので、詳しく解説していきます。

昼パーティのシェードとハイライトのメイク方法

昼パーティのシェードとハイライトのメイク方法 出典:ライター撮影画像

昼のパーティメイクではシェーディングやハイライトを濃く入れると浮いてしまい、不自然な仕上がりになってしまいます。そのため、色味が付くか付かないか程度にさり気なく入れるのがポイントです。

ファンデーションは顔の中央部分を中心に塗って自然な立体感を出しているので、シェーディングはフェイスラインに入れず頬骨の下と鼻筋、小鼻にのみ入れましょう。

ハイライトは基本の位置である額の中央、鼻の付け根、鼻先、目の下の三角ゾーンに入れてください。ハイライトはキラキラしすぎるとテカリに見える恐れがあるので、さり気ないツヤが纏える自然な仕上がりのものがおすすめです。

夜パーティのシェードとハイライトメイク方法

夜パーティのシェードとハイライトメイク方法 出典:ライター撮影画像

夜のパーティメイクは顔全体が暗く見えやすいため、シェーディングやハイライトをしっかり入れてメリハリのある顔に仕上げるのがポイントです。

シェーディングは鼻筋、小鼻、頬骨の下、こめかみから顎先までのフェイスラインに加え、髪をアップにする場合は髪の生え際に入れるのもおすすめ。より小顔効果が狙えます。

ハイライトは額の中央、鼻の付け根、鼻先、目の下の三角ゾーンに加え、目頭や唇の山の部分にも入れると立体感が増し、落ち着いた照明でも映えるようなメイクに仕上がりますよ。

華やかさを纏えるパーティメイク方法【チーク&リップ】

チークやリップは血色感を意識してカラーを選ぶ

チークやリップは血色感を意識してカラーを選ぶ 出典:adobestock

パーティメイクではリップやチークで血色感をプラスしましょう。血色感をプラスすることで顔の印象がパッと明るくなり、さらに華やかさがアップします。

昼と夜で使う色味や質感を使い分けると、雰囲気にマッチしたメイクが楽しめるのでおすすめ。

それでは、昼と夜のそれぞれのパーティにふさわしいチーク&リップメイクを詳しく解説します。

昼パーティのチーク&リップメイク方法

昼パーティのチーク&リップメイク方法 出典:ライター撮影画像

昼のパーティメイクでのチークやリップは、コーラルピンクやピーチピンクなどの肌なじみのよいカラーで、ふんわりとしたやさしい血色感をプラスするのがおすすめ。華やかに見せたいパーティシーンであっても、発色の濃いカラーを使うと派手になりすぎてしまいます。そのため、華やかさはツヤで演出しましょう。

チークはラメを含んでいるものを、リップはツヤっぽく仕上がるものをチョイスすると、昼パーティにぴったりな品のある華やかなメイクに仕上がりますよ。リップは飲食をしても落ちにくいティントリップを使ってみてください。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る