Beauty Topics

ナチュラルさが増す!アイシャドウなしメイクのやり方やコツをコスメごとに伝授

出典:adobestock

ナチュラルさが増す!アイシャドウなしメイクのやり方やコツをコスメごとに伝授

アイシャドウを引き算したアイシャドウなしメイクが、人気を集めていることをご存じですか?抜け感たっぷりで、本来の魅力を最大限に引き出せると話題になっています。ですが、ばっちりメイク派の方には「目元が寂しく見えそう…。」と不安に感じる方がいるのも事実。
そこで今回は、アイシャドウを引き算しても垢抜けて見えるアイシャドウなしメイクのコツをご紹介します!今まで抵抗感があって挑戦できなかった方も、この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to アイシャドウ ナチュラル

アイシャドウなしメイクのコツ3|逆に濃くしすぎるのもNG

アイシャドウなしメイクのコツ3|逆に濃くしすぎるのもNG 出典:adobestock

アイシャドウなしメイクは他のパーツを抜きすぎないことも必要ですが、逆に濃くしすぎるのも避けましょう。目元以外を濃く仕上げると、全体で見たときにバランスが悪く見えてしまいます。ベースメイクの厚塗りは避け、ポイントメイクもはっきりと発色するカラーは使わないようにして自然に色味が分かる程度に仕上げるのがコツです。メイクをするときは手鏡だけで仕上げず、大きめの鏡で顔全体も見ながらメイクをするとバランスが取りやすくなりますよ。

絶妙な引き算がカギ!アイシャドウなしメイクのやり方

やり方1|インラインとロングまつ毛で清楚な印象に

やり方1|インラインとロングまつ毛で清楚な印象に 出典:ライター撮影画像

まずはアイシャドウなしメイクの基本のやり方を押さえておきましょう。

アイラインはペンシルを使ってまつ毛の隙間を埋めるように引き、マスカラはロングタイプで繊細に伸びた長いまつ毛に仕上げるのがコツ。アイラインやマスカラもシンプルに仕上げることで、本来の目元を最大限に引き出せます。抜け感たっぷりの目元は清潔感があり、好印象を与えますよ。シンプルに仕上げたいオフィスメイクにもピッタリです。

やり方2|ぼかしアイラインで奥行きを出す

やり方2|ぼかしアイラインで奥行きを出す 出典:ライター撮影画像

もう少し目元をはっきり見せたい場合は、ぼかしアイラインで奥行きを出すのがおすすめ。

ぼかしアイラインのやり方は、ペンシルで目頭から目尻まで少し太めにアイラインを引きます。アイラインを引いたら、綿棒でぼかすようにラインをなじませて完成。まぶたのキワに引いた淡いアイラインが、目元をやさしく引き締めて強調してくれます。

カラーはやわらかく仕上がるブラウンをチョイスしてください。

やり方3|ボリュームマスカラでまつ毛を際立たせる

やり方3|ボリュームマスカラでまつ毛を際立たせる 出典:ライター撮影画像

まつ毛を主役にしたアイメイクを楽しみたいときは、ボリュームマスカラを使ったアイシャドウなしメイクがおすすめ。ボリュームたっぷりのまつ毛が目元を際立たせ、はっきりした印象に見せてくれます。

ボリュームマスカラは液が重めのものが多く、塗りすぎるとダマになりやすいのが難点。余分な液をティッシュオフしてから塗るときれいに仕上がります。

まつ毛のボリュームで目元を強調させるぶん、カラーはブラウンなどの抜け感が出るものを選んでくださいね。

やり方4|なりたい印象に合わせてアイラインの引き方を変える

やり方4|なりたい印象に合わせてアイラインの引き方を変える 出典:ライター撮影画像

アイシャドウなしメイクは普通のメイクに比べアイラインが強調されるため、引き方次第で目元の印象が大きく変わります。なりたい仕上がりに合わせて仕上げたいときは、アイラインの引き方を工夫してみてください。

ナチュラルに見せたい場合は、まつ毛の隙間を埋めるように引く「インライン」可愛い印象に見せたい場合は、目尻側のラインを少し下げ気味に引く「タレ目ライン」クールに見せたい場合は目尻側を少し長く、跳ね上げ気味に引く「跳ね上げライン」に仕上げると雰囲気にマッチしたアイメイクが楽しめます。

やり方5|カラーコスメでアクセントを効かせる

やり方5|カラーコスメでアクセントを効かせる 出典:ライター撮影画像

もう少し目元にアクセントを効かせたい場合は、アイラインやマスカラーをカラーコスメにするのもおすすめ。アイラインやマスカラをカラーにするだけで、一気におしゃれ感のある目元に仕上がります。パキッとした鮮やかなカラーを目尻部分などのポイントで使うと、それだけで上級者な仕上がりに。鮮やかなカラーに抵抗がある方は、カーキやボルドー、グレーなどのニュアンスを楽しめるコスメに変えるだけでもこなれ感がアップしますよ。

アイシャドウなしメイクの目元以外のやり方|ベース

ベースメイクはナチュラルに仕上げるのがコツ

ベースメイクはナチュラルに仕上げるのがコツ 出典:adobestock

アイシャドウなしメイクでは目元を引き算しているため、ベースメイクは丁寧に仕上げる必要があります。ベースメイクを抜くと、全体がただ手を抜いているだけのメイクに見えてしまうからです。見た目は薄付きながらも1つずつの工程を引き算せず、丁寧におこないましょう。

アイシャドウなしメイクでは、素肌さが残る透明感のある肌に仕上げると、全体のバランスが整います。トーンアップタイプの化粧下地で透明感を仕込み、薄付きのファンデーションでナチュラルに仕上げるのがコツです。

くすみは徹底的に払拭しておく

くすみは徹底的に払拭しておく 出典:adobestock

アイシャドウなしメイクでは目元に色味がないぶん、くすみが気になりやすくなります。そのため、ベースメイクを仕上げる時点で目元のくすみ対策をおこなっておきましょう。

化粧下地やファンデーションは、上まぶたや目尻のキワなどの細かい部分にもしっかりと塗り、色ムラを作らないことが必要。ファンデーションだけではくすみをカバーできない場合は、コントロールカラーやコンシーラーを使うのもおすすめです。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る