Beauty Topics

ナチュラルさが増す!アイシャドウなしメイクのやり方やコツをコスメごとに伝授

出典:adobestock

ナチュラルさが増す!アイシャドウなしメイクのやり方やコツをコスメごとに伝授

アイシャドウを引き算したアイシャドウなしメイクが、人気を集めていることをご存じですか?抜け感たっぷりで、本来の魅力を最大限に引き出せると話題になっています。ですが、ばっちりメイク派の方には「目元が寂しく見えそう…。」と不安に感じる方がいるのも事実。
そこで今回は、アイシャドウを引き算しても垢抜けて見えるアイシャドウなしメイクのコツをご紹介します!今まで抵抗感があって挑戦できなかった方も、この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to アイシャドウ ナチュラル

フェイスパウダーは目周りもしっかりと

フェイスパウダーは目周りもしっかりと 出典:adobestock

アイシャドウなしメイクでは、アイラインやマスカラが滲んでしまうとパンダ目が目立ってしまいます。そのため、目元にも事前にフェイスパウダーをのせ、滲みにくい対策をしておきましょう。

目元には小さめのブラシを使うと、目尻や下まぶたのキワなどの細かい部分もパウダーがのせやすくなります。また、フェイスパウダーだけではなく、アイラインやマスカラの滲みを防いでくれるアイシャドウベースを使うのもおすすめです。

アイシャドウなしメイクの目元以外のやり方|チーク&リップ

チークやリップで血色感をプラス

チークやリップで血色感をプラス 出典:adobestock

アイシャドウを引き算するアイシャドウなしメイクでは、チークやリップで色味を足して血色感をプラスしましょう。頬と唇に色味が加わるだけで顔色がパッと明るくなり、華やかなメイクに仕上がります。とはいえ、濃くなりすぎると目元とのバランスが悪くなってしまうので注意が必要。

自然な血色感を演出するようにほんのり色付かせるのが、バランスのよいアイシャドウなしメイクに仕上げるコツです。

チークとリップはツヤっぽく仕上げて立体的に

チークとリップはツヤっぽく仕上げて立体的に 出典:adobestock

より華やかさがほしい場合は、チークやリップでツヤをプラスするのもおすすめ。チークはパールを含んだコスメを、リップはグロッシーに仕上がるコスメを選んでみてください。チークやリップでツヤがプラスされるだけで顔全体に立体感が増し、女性らしさがアップします。

また、頬と唇のツヤの効果で顔全体がトーンアップし、透明感も増しますよ。

時短にこだわるならマルチコスメで統一感のあるメイクに

時短にこだわるならマルチコスメで統一感のあるメイクに 出典:adobestock

とにかく時短にこだわりたい場合は、チークとリップの両方に使えるマルチコスメに頼るのもおすすめ。マルチコスメなら同じ色味を頬と唇にのせるので、手軽に統一感のあるメイクに仕上がります。

また、チークとリップの両方に使えるマルチコスメはクリームタイプのテクスチャーが多く、血色感だけではなく自然なツヤ感もプラスできるのが魅力。さらに、持ち運びも便利なので、1つ持っておくとお直し用として重宝しますよ。

アイシャドウなしメイクが地味に見えてしまうときのプラスαテク

カラコンを使ってみる

カラコンを使ってみる 出典:adobestock

「アイシャドウなしメイクをしてみたものの、何かもの足りない…」。そんなときに使えるプラスαテクニックをご紹介します。

まずは、カラコンを使う方法。カラコンを入れるだけで黒目が際立ち、目元が強調されます。ですが、縁がガッツリあるものや派手な色味のものは、抜け感たっぷりのアイシャドウなしメイクとはアンバランスな印象に。カラコンを使う場合は、自然に黒目を大きく見せてくれるナチュラルなものを選びましょう。

アイブロウマスカラで眉毛を華やかに見せる

アイブロウマスカラで眉毛を華やかに見せる 出典:adobestock

アイブロウマスカラで眉毛をカラーリングするのもおすすめです。眉毛に色味が加わるだけで目元が垢抜け、こなれ感のある印象に仕上がります。

ブラウンなどの定番カラーをのせるだけでも雰囲気が変わりますが、より華やかに見せたいときはピンクブラウンやアッシュブラウンなどのニュアンスを楽しめるアイテムを選ぶと、一層おしゃれ感のある目元が手に入りますよ。アイブロウマスカラが手持ちでない場合は、カラーマスカラを軽く眉毛にのせるだけでもOKです。

目周りにハイライトをのせる

目周りにハイライトをのせる 出典:adobestock

アイシャドウを引き算することで目元が暗く見える場合は、目周りにハイライトをのせてツヤをプラスしてみてください。入れる位置はCゾーン、目の下の三角ゾーン、目頭がおすすめ。目周りにツヤが足されるだけで目元に光が集まり、透明感のあるパッと明るい印象に見えます。

目元に抜け感があるぶん、ハイライトがギラギラしているとそこだけが悪目立ちしてしまうので、さり気ないツヤが纏えるパールの細かいものを選びましょう。

引き算が決め手のアイシャドウなしメイクで本来の魅力を底上げ!

アイシャドウなしメイクは、普段からばっちりアイメイクをしている方にとって「大丈夫なの?」と不安になるかもしれません。ですが、やり方のコツさえ掴めば、抜け感たっぷりの今っぽいメイクに仕上がりますよ。また、使うコスメが減るぶんメイク時間が短縮できるのも魅力。

ぜひこの機会に思い切ってアイシャドウを引き算してみて、本来の魅力を引き出すナチュラルメイクを楽しんでくださいね。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る