Beauty Topics

ダブルラインメイクのやり方講座!簡単にデカ目印象が叶うおすすめアイテムにも注目

出典:adobestock

ダブルラインメイクのやり方講座!簡単にデカ目印象が叶うおすすめアイテムにも注目

ぱっちり二重は魅力的で憧れますよね。ですが、アイプチやアイテープを使うのは手間がかかり、まぶたへの負担も気になるため、できれば避けたいと感じる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、初心者にも簡単にできて、まぶたにも負担がかからない「ダブルライン」のやり方を徹底レクチャー。あわせておすすめのアイテムもご紹介します。
手軽にデカ目を手に入れたい方は、ぜひ本記事をチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to

奥二重のやり方

奥二重のやり方 出典:adobestock

二重幅が狭い奥二重は、目を開いた状態で見えるもともとの線に長さを足すようなイメージで線を描くのがコツ。

やり方はまず、目を開いた状態で見える線を確認し、印をつけておきます。次に目線を下に降ろし、印をガイドに23mm程度目尻からはみ出るように描きましょう。最後に、メインのアイシャドウを塗ってぼかすのですが、奥二重の場合、線の上下だけではなく左右もしっかりなじませることで横幅の広さも強調でき、より魅力的な目元に仕上がります。

初心者にも使いやすい!ダブルラインメイクにおすすめのアイテム

極細筆で初心者にも使いやすいダブルライン用アイライナー

KATE ダブルラインエキスパート】
ダブルライン用に設計されたアイライナー。極薄のブラウンが影のようにさり気なく二重の線を強調します。筆先が細く繊細な線もブレずに描けるので、初心者にも扱いやすいのが魅力です。

ダブルライン以外にも、切開ラインや涙袋の影などにも使えて便利。手持ちのアイライナーやブラウンシャドウでは、自然な線が描けるか不安な方に試してほしいアイテムです。

935円(税込) 編集部調べ

「ダブルラインと涙袋に使ってます。気に入りました!(20代女性)」

アイブロウにも使える!1本3役のリキッドアイライナー

CANMAKE 3wayスリムシェードライナー】
リアルな影のように描けるアイライナー。ダブルラインや涙袋に使っても違和感のないナチュラルな仕上がりになるのが特徴です。筆が根元から細くなっており、程よいコシがあるので、思い通りのきれいな線が描きやすくなっています。

また、このリキッドライナーはアイメイクだけではなくアイブロウにも使えるのが魅力。1本でダブルライン、涙袋の影、アイブロウリキッドの3役が叶う便利なアイテムです。

770円(税込) 編集部調べ

「薄いので重ねて書けるのが使いやすく、購入して良かったです。」

上級者な仕上がりに!ワンランク上のダブルラインメイクのやり方

下まぶたにもラインを描き、涙袋を強調させるやり方

下まぶたにもラインを描き、涙袋を強調させるやり方 出典:adobestock

目元をとにかく強調させたい方は、涙袋にも線を描いて影をつくってみてください。涙袋に影ができると、ダブルラインだけで仕上げたときよりも1.5倍ほどデカ目に見えますよ。

涙袋の影の描き方は簡単。ニコッと笑ったときに盛り上がる部分の下に線を描いてなじむようにぼかすだけです。ぷっくり膨らむところはハイライトシャドウやラメシャドウを塗ると、より立体感が出せます。

濃いダブルラインで海外メイク風に仕上げるやり方

濃いダブルラインで海外メイク風に仕上げるやり方 出典:adobestock

海外セレブのようなかっこいい目元に憧れる方は、あえてダブルラインを目立たせて、カットクリース風に仕上げてみてください。少しコツがいるため、初心者には難しく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単にできますよ。

やり方はまず、濃いブラウンシャドウで目のくぼみにそって、少し太めの線を目頭から目尻まで描きます。次に、アイシャドウを塗った真下から目のキワまで、コンシーラーを塗りましょう。塗るときは指だとムラになりやすいため、ブラシを使うのがコツ。最後に、コンシーラーを塗った上にグリッターやラメシャドウをのせて完成です。

話題のダブルラインメイクでより惹きつけるような目元へ

「目元をもっとはっきり見せたい」「アイプチなどを使わずに二重のように見せたい」こんなお悩みがある方は、ぜひダブルラインに挑戦してみてはいかがでしょうか。手持ちのアイテムで簡単にできるため、初心者にもぴったり。手軽に憧れのデカ目が手に入るアイメイク方法ですよ。

気になった方は今回の記事を参考に、毎日のメイクに取り入れてみてくださいね。ご紹介したおすすめアイテムも優秀なものばかりなので、要チェックですよ。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る