Beauty Topics

【まぶたのタイプ別】目尻だけアイラインの引き方!おしゃれな雰囲気満点の目元に

出典:adobestock

【まぶたのタイプ別】目尻だけアイラインの引き方!おしゃれな雰囲気満点の目元に

今トレンドの、目尻だけにアイラインを引いたメイク方法。ほどよい抜け感が出せて、今っぽいと多くの女性たちが実践しています。ですが、なかには「すっぴんに見えそうで不安」と挑戦できない方がいるのも事実。
そこで今回は、目尻だけアイラインメイクの魅力や描き方の方法などをわかりやすく解説します。目の形別やなりたい印象別の描き方のコツも詳しくレクチャーしていますので、この機会にチャレンジしてみてください。

カテゴリ | アイメイク
How to 基本編 アイライナー

ポイント2|ナチュラルさを求める方は選ぶカラーを工夫する

ポイント2|ナチュラルさを求める方は選ぶカラーを工夫する 出典:adobestock

最近は、アイライナーもカラーが豊富ですよね。使う色味で目元の印象が大きく変わるので、なりたい仕上がりに合わせてカラー選びをしましょう。

やはり、目元をしっかり強調できるのはブラック。ベーシックなカラーなので、オフィスメイクからデイリーメイクまでシーンを問わず使えます。ブラックよりナチュラルに仕上がるのはブラウン。発色がやわらかなので、やさしい目元が作れます。他にもメイクに合わせて、オレンジやピンクなどのカラーアイライナーを使うのもおすすめ。一気におしゃれ感のある目元が作れます。

目尻だけアイラインメイク方法|基本の描き方

方法1|黒目の外側からまつ毛の間を埋めるように描く

方法1|黒目の外側からまつ毛の間を埋めるように描く 出典:adobestock

まずは、黒目の外側から目尻に向かってインラインを引きましょう。インラインを引いておくことで、よりはっきりとした目元が作れますよ。

インラインを引く方法は、まぶたを軽く持ち上げ、まつ毛の隙間を埋めるように引きます。粘膜に引くと涙で落ちてしまうので、まぶたの隙間にだけ色がのるように点置きで引くのがコツです。アイライナーのテクスチャーが硬いと上手に色がのらない場合があるため、なめらかに引けるジェルライナーを使うとよいでしょう。

方法2|目尻の延長線上に3〜5mm程度はみ出るように描く

方法2|目尻の延長線上に3〜5mm程度はみ出るように描く 出典:ライター撮影画像

インラインが引けたら、次は目尻部分にラインを引いていきます。目尻のラインは外側に向かって少し長さを出して引くのがポイントです。

ラインの引き始めは、1番外側に生えているまつ毛あたりからスタートし、まつ毛を付け足すようなイメージで目の形に沿って引きます。目の横幅を強調するように、目尻から3〜5mm程度はみ出るように長く引きましょう。このとき、目の形に沿った角度でラインを描いてくださいね。

方法3|目尻部分を軽く引っ張りながら描くのがコツ

方法3|目尻部分を軽く引っ張りながら描くのがコツ 出典:ライター撮影画像

目尻部分のラインがガタガタだと意外に目立ってしまい、見栄えが悪くなります。スーッと伸びるようなきれいなラインを描くのが、目尻だけアイラインメイクを魅力的に仕上げるコツです。

アイラインを引くのが苦手な方は、軽く目尻部分のまぶたを引っ張りながら描いてみてください。皮膚が引っ張られることで、なめらかにラインが引きやすくなり、ガタガタしにくくなりますよ。

目尻だけアイラインメイク方法|まぶたのタイプ別の描き方

二重まぶたは黒目の中央から描き始めるのがおすすめ

二重まぶたは黒目の中央から描き始めるのがおすすめ 出典:ライター撮影画像

二重さんはまぶたでラインが隠れてしまうことがあまりないので、少し引く範囲を広くしましょう。黒目の中央あたりからインラインを描き、まぶたの外側に目尻ラインを引くのがおすすめです。

二重さんはまぶたが覆いかぶさってラインが隠れることはありませんが、逆にまつ毛の隙間がしっかり見えてしまいがち。少し内側の位置からインラインを描くことで、隙間が目立たなくなり目元を自然に強調できますよ。

奥二重まぶたは目尻アイラインを長めに描くのがおすすめ

奥二重まぶたは目尻アイラインを長めに描くのがおすすめ 出典:ライター撮影画像

奥二重さんはまぶたでほとんどラインが隠れてしまうため、目尻から引き始めましょう。目尻の延長線上に少し長さを出して引くと、目の横幅が強調されてデカ目効果が狙えますよ。

奥二重さんは目尻にアイラインを引くだけでもアクセントとなって、おしゃれな目元に仕上がります。ブラックやブラウンなどの定番カラーでもよいのですが、カラーアイライナーでニュアンスを加えると、ポイントとなってより魅力的なアイメイクが楽しめますよ。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る