Beauty Topics

《セラミド美容液》おすすめ10選!しっとり保湿スキンケアで美肌を叶えよう

出典:adobestock

《セラミド美容液》おすすめ10選!しっとり保湿スキンケアで美肌を叶えよう

乾燥による肌トラブルが気になるときは、保湿効果に優れたセラミド美容液がおすすめ。セラミド美容液には、ヒト型セラミドを配合したタイプや天然セラミドを配合したタイプなどさまざまな種類があります。そのほかにもヒアルロン酸など数種類の保湿成分を組み合わせたタイプも登場しているので、選び方に迷ってしまいますよね。
そこで今回は、おすすめのセラミド美容液を口コミと共にご紹介します。自分に合った美容液の選び方や使い方のコツもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

カテゴリ | スキンケア
How to おすすめ 美容液

【肌美精】真珠玉のような美肌に導く!和漢花セラミド配合の美容液

年齢による肌の変化が気になったときには、「ターニングケア美白 薬用美白美容液」がおすすめ。美白有効成分である高純度ビタミンCと消炎成分であるトラネキサム酸が、シミの原因にアプローチして真珠玉のような美肌に導きます。

保湿成分として、和漢花セラミドや和漢花バランスセラムを配合していることもポイント。乾燥による肌トラブルを予防します。美容成分たっぷりなのにプチプラで購入できることも魅力です。

【肌美精 ターニングケア美白 薬用美白美容液】
1,430円(税込) 編集部調べ

口コミをチェック

「成分よく、なじみやすい質感。」「そして大切なのが価格が妥当ということ。」

美肌に近付く!セラミド美容液の使い方をチェック

セラミド美容液を使うタイミング

セラミド美容液を使うタイミング 出典:adobestock

セラミド美容液を使用するタイミングは、化粧水の後につけるのが一般的です。化粧水容液の順番でつけることで、化粧水で補った水分を角層内にキープする効果が期待できます。

ただし、美容液の種類によっては化粧水の前につけるブースタータイプもあるので、初めて使うときには使い方の注意書きを必ずチェックしましょう。

【STEP1】美容液を手のひらで温める

【STEP1】美容液を手のひらで温める 出典:adobestock

ここからは、セラミド美容液の上手な使い方をステップごとにご紹介します。美容液の使い方に自信がない人はチェックしてくださいね。

まずは、規定量のセラミド美容液を手のひらに出します。次に両方の手のひらを重ねて、体温でじんわりとセラミド美容液を温めましょう。肌につける前に温めるステップをはさむことで、美容液の浸透力がアップしますよ。

※角層まで

【STEP2】顔全体になじませる

【STEP2】顔全体になじませる 出典:adobestock

美容液を温めたら、両方の手のひらで包み込むように美容液をなじませていきます。このとき美容液を肌の内側に押し込むイメージでハンドブレスをすると◎です。

美容液をつけるときにやってはいけないことは、肌をゴシゴシ擦ること!肌への摩擦はバリア機能の低下につながるので、美容液をつけるときはなるべく擦らないようにしましょう。また、美容液をつけた状態でのフェイスマッサージも摩擦につながるのでNGです。

【STEP3】乾燥が気になるパーツには重ね塗り

【STEP3】乾燥が気になるパーツには重ね塗り 出典:adobestock

顔全体に美容液をなじませた後は、目元や口元などの乾燥が気になるパーツに重ね塗りをしましょう。重ね塗りをすることで、乾燥しがちなパーツをピンポイントでケアできますよ。

美容液が十分に浸透※したかチェックしたいときは、手の甲で肌に触れてみてください。肌がひんやりしていて手の甲に吸いつく感触になれば、きちんと浸透※した合図です。

※角層まで

保湿力の高いセラミド美容液で乾燥知らずの肌へ

セラミド美容液は、乾燥に悩む肌には心強いコスメです。セラミドにはヒト型セラミドや天然セラミドなどさまざまな種類があるので、選び方で迷ったときは種類ごとの特徴をチェックしてくださいね。

今回ピックアップしたセラミド美容液も乾燥に悩む肌におすすめです。保湿力に優れたセラミド美容液を取り入れて、乾燥に負けない美肌を作りましょう!

この記事を書いた人

南コウ

化粧品メーカーで商品開発に携わった経験を活かし、美容ライターとして活動中。コスメの知識を深めるため、日本化粧品検定1級の資格を取得。現在は1児の母として子育てに奮闘中。忙しくても肌は綺麗でいたいと願う女性たちに役立つ情報を発信します。

記事一覧へ戻る