Beauty Topics

《高コスパ化粧水》特集!しっかりスキンケアできるおすすめアイテム厳選ベスト10選

出典:adobestock

《高コスパ化粧水》特集!しっかりスキンケアできるおすすめアイテム厳選ベスト10選

毎日のスキンケアで使う化粧水は、コスパのよいアイテムを選びたいですよね。しかし、プチプラで購入できる人気の化粧水はたくさんあるので、選び方に迷ってしまう人も多いでしょう。
そこで今回は、おすすめのコスパのよい化粧水についてRAXY読者にアンケートを実施しました。アンケート結果をもとに人気の高コスパ化粧水をTOP10をランキング形式でご紹介していくので、化粧水の選び方で迷っている人はぜひチェックしてくださいね!

敏感肌は低刺激タイプがおすすめ

敏感肌は低刺激タイプがおすすめ 出典:adobestock

敏感肌の人は化粧水の成分がきっかけで、肌トラブルを起こすことがあります。肌トラブルを防ぐためには、自分の肌に合わない成分を知ることが一番ですが、成分を特定できない人も多いでしょう。 

そんなときにおすすめする選び方は、低刺激タイプであるかをチェックすること。低刺激タイプの化粧水は、アルコールやパラベンなどの肌刺激につながりやすい成分を含んでいないので、敏感肌の人も比較的肌トラブルを起こしにくいです。低刺激タイプの高コスパ化粧水は数多く登場しているので、チェックしてみてください。 

配合成分に注目!コスパのよい化粧水の選び方

ニキビが気になるときは薬用タイプ

ニキビが気になるときは薬用タイプ 出典:adobestock

ニキビが気になる人には、抗炎症成分が配合された薬用タイプの化粧水がおすすめです。高コスパ化粧水の中には、グリチルリチン酸ジカリウムやアラントインなどの抗炎症成分が配合されたアイテムが数多く登場しているので、選び方で迷ったときは抗炎症成分に着目しましょう。 

ただし、抗炎症成分を配合した化粧水は、長期間使い続けることでバリア機能が低下する可能性も!肌トラブルを防ぐためにも、薬用タイプの化粧水はニキビが気になったタイミングで使うようにしましょう。 

シミを予防したいときは美白タイプ

シミを予防したいときは美白タイプ 出典:adobestock

シミは一度できてしまうと、化粧水だけで対処するのは難しくなります。透明感1のある滑らかな肌をキープするためにも、シミができる前から薬用美白2化粧水を取り入れましょう。 

高コスパ化粧水によく配合されている人気の美白※2成分は、トラネキサム酸・カモミラET・ビタミンC誘導体などが挙げられます。美白※2成分は種類によって肌内部での働きが異なるので、数ヶ月使っても変化が見られない場合は、ほかの成分を配合した高コスパ化粧水に切り替えてみましょう。 

※1潤いによる肌印象 
※2メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ 

毛穴が気になるときにおすすめの成分

毛穴が気になるときにおすすめの成分 出典:adobestock

毛穴の開きは皮脂の過剰分泌が原因で起こることがあるため、毛穴の開きが気になったときには皮脂分泌抑制成分を配合した化粧水を取り入れましょう。 

高コスパ化粧水に配合されている皮脂分泌抑制成分は、ライスパワーNo.6が挙げられます。そのほかにも、ビタミンC誘導体やフラーレンなどの抗酸化成分も毛穴ケアにおすすめです。毛穴が気になるときは、毛穴に働きかける成分に着目してみてください。 

シワを予防したいときにおすすめの成分

シワを予防したいときにおすすめの成分 出典:adobestock

目元や口元にシワができると、一気に老けた印象になりますよね。若々しいハリのある肌を保ちたい人は、シワ対策ができる成分を配合した高コスパ化粧水を選びましょう。 

シワを改善する有効成分には、レチノールやニールワンなどが挙げられます。また、乾燥が原因でシワが目立ってしまうこともあるので、保湿力を重視した選び方もおすすめ。セラミドやアミノ酸などの保湿成分が配合された化粧水で、潤いのあるしっとりとした肌に整えましょう。 

しっとり潤いを与えられる!人気の高コスパ化粧水TOP10

RAXY読者117人を対象にコスパのよい化粧水に関するアンケートを実施しました。ランキング形式でTOP10を順番に紹介していくので、化粧水の選び方で迷っている人は、ぜひ参考にしてください! 

【年齢分布】

【年齢分布】 出典:楽天RAXYアンケート

今回は20代~60代を対象にアンケートを実施しました。その中でも、20代30代が7割以上を占めています。 

【肌タイプ】

【肌タイプ】 出典:楽天RAXYアンケート

アンケートにお答えいただいたRAXY読者の肌タイプは、円グラフの通りです。乾燥肌が最も多いですが、ほかの肌タイプの人にもバランスよく回答していただいています。 

【肌悩み】

【肌悩み】 出典:楽天RAXYアンケート

現在の肌悩みをお聞きしたところ、円グラフの通りの結果になりました。毛穴で悩んでいる人が最も多く、次いでシミ・くすみ、乾燥となっています。 

【化粧水で一番重視するポイント】

【化粧水で一番重視するポイント】 出典:楽天RAXYアンケート

化粧水で一番重視するポイントをお聞きしたところ、「肌悩みに合っている」というポイントが最も多い結果になりました。毛穴やシミなどの特定の肌悩みに対処できる化粧水を探している人が多いようですね。 

それでは、コスパのよい化粧水のランキング結果をご紹介します! 

第10位 【FANCL】シワ改善有効成分配合!ふっくら弾力のある肌に

第10位 【FANCL】シワ改善有効成分配合!ふっくら弾力のある肌に 出典:RAXY撮影画像

乾燥によるシワが気になる人に人気の化粧水は、FANCLの「エンリッチプラス 化粧液 II しっとり」です。シワ改善有効成分のナイアシンアミドを配合していることが特徴で、コラーゲンの生成を促しながらふっくら弾力のある肌へ導きます。 

FANCL独自のモニターでは、使用を始めてから3ヶ月で徐々にシワが改善しているという結果も!定期購入では1本1,770円とコスパがよいので、リピートしやすい化粧水です。 
 
【FANCL(ファンケル) エンリッチプラス 化粧液 II しっとり】 
1,870円(税込) 編集部調べ 

口コミをチェック

「とろみのあるテクスチャーで化粧水だけでもしっかり保湿してくれます。(30代女性)」

第9位 【Avene】スキンケアの最初に!温泉水から生まれた化粧水

第9位 【Avene】スキンケアの最初に!温泉水から生まれた化粧水 出典:Instagram(@subway_kitten)ご提供

「アベンヌ ウオーター」は、スキンケアの最初に使うプレ化粧水です。マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分を含んだ南フランスの温泉水※を使用しており、お手入れのしやすい潤いに満ちた肌へ整えます。

スプレータイプなのでお風呂上がりに手軽に使えることも人気の秘密!スキンケアを手早く済ませたい大人女子におすすめできます。 

※整肌成分 

【Avene(アベンヌ) ウオーター】 
50g 770円(税込)/ 150g 1,650円(税込)/ 300g 2,420円(税込) 編集部調べ 

口コミをチェック

「安いので、肌に髪にたっぷり使えるので嬉しいです!!(30代女性)」

第8位 【AQUA LABEL】シミ・ハリ・乾燥をまとめてケアしてクリアな肌へ

第8位 【AQUA LABEL】シミ・ハリ・乾燥をまとめてケアしてクリアな肌へ 出典:Instagram(@onon_s0510)ご提供

シミや乾燥、ハリなどの大人の肌悩みをまとめてケアしたい人には、AQUA LABELの「ホワイトケア ローション」がおすすめです。ポイントは人気の美白※1有効成分であるトラネキサム酸を配合していること。 

薬用美白※1化粧水でありながらプチプラで購入できるので、幅広い世代からコスパのよい化粧水として注目されています。ややとろみのあるしっとりしたテクスチャーも好評です。 

※7位と8位は同点 
1メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ 

【AQUA LABEL(アクアレーベル) ホワイトケア ローション】 
1,540円(税込) 編集部調べ 

口コミをチェック

「プチプラなのでたっぷり使っても罪悪感が無くて良いです。(20代女性)」

第7位 【MINON】しっとり感が続く!乾燥敏感肌に寄り添った化粧水

第7位 【MINON】しっとり感が続く!乾燥敏感肌に寄り添った化粧水 出典:Instagram(@masu._.des)ご提供

乾燥による肌トラブルが気になる人には、MINONの「モイストチャージ ローション I しっとりタイプ」がおすすめです。乾燥肌や敏感肌に寄り添ったスキンケアラインであることから、高い保湿力が期待できます。 

しっとりとした付け心地でありながら、べたつかないことも大きな魅力!べたつきのある使用感が苦手な人でも心地よく使えます。また、アルコールフリー・パラベンフリー・無香料・無着色と、敏感肌向けの処方になっていることも特徴です。 

※7位と8位は同点 

【MINON(ミノン) モイストチャージ ローション I しっとりタイプ】 
2,244円(税込) 編集部調べ 

口コミをチェック

「低刺激、無香料で程よくしっとりしています。」

第6位 【Curel】敏感肌向け処方!セラミドの働きを守る化粧水

第6位 【Curel】敏感肌向け処方!セラミドの働きを守る化粧水 出典:Instagram(@hono_coo)ご提供

Curelの「潤浸保湿 化粧水 III とてもしっとり」は、外部刺激により肌荒れが起こりやすい人に人気の薬用化粧水です。肌の潤いをキープするセラミドの働きを守り、肌荒れが起こりにくい潤いに満ちた肌へ導きます。 

肌の炎症を抑える消炎剤※1を配合していることも特徴。季節の変わり目など、肌荒れが起こりやすいタイミングで取り入れてみてはいかがでしょうか? 

※5位と6位は同点 
1アラントイン 

【Curel(キュレル) 潤浸保湿 化粧水 III とてもしっとり】 
1,980円(税込) 編集部調べ 

口コミをチェック

「敏感/乾燥肌なので、しっとりする化粧品(で香料が入っていないもの)を探していてたどり着きました。使いやすいです。(30代女性)」

第5位 【肌ラボ】シミや肌荒れを防ぐ!美容液級の薬用化粧水

第5位 【肌ラボ】シミや肌荒れを防ぐ!美容液級の薬用化粧水 出典:Instagram(@chippi_19)ご提供

コスパのよい薬用美白※1化粧水として注目を集めているのが、「白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水」です。人気の美白※1有効成分であるホワイトトラネキサム酸TMと抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムを配合していることが特徴で、シミや肌荒れなど大人女子が直面する肌悩みをまとめてケアします。 

さらに、潤い成分としてヒアルロン酸を配合していることも魅力。人気の美容成分が贅沢に配合されていることから、美容液級の薬用化粧水として人気を集めています。 

※5位と6位は同点 
1メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ 

【肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水】 
990円(税込) 編集部調べ 

口コミをチェック

「とろみのないシャバシャバ系で、何にでも使える万能なローションのため絶賛リピート中です。」「とくに朝はシャワーを浴びないので洗顔後に髪の生え際やデコルテ、腕などをふき取るための化粧水として大活躍。」

第4位 【ちふれ】乾燥肌に人気!とろっとした化粧水でもっちり肌に

第4位 【ちふれ】乾燥肌に人気!とろっとした化粧水でもっちり肌に 出典:Instagram(@motecosme)ご提供

「保湿化粧水 とてもしっとりタイプ」は、スキンケアの基本とされる保湿に着目した化粧水です。潤いメカニズムである「水分を蓄える」「水分を抱え込む」「水分を閉じ込める」の3つの役割を兼ねており、潤いで満たされたもちもちの肌に整えます。 

1本770円とプチプラで購入できるため、惜しみなく使えることも魅力。保湿ケアに着目したコスパのよい化粧水を探している人にはおすすめです。 

※3位と4位は同点 

【ちふれ 保湿化粧水 とてもしっとりタイプ】 
770円(税込) 編集部調べ 

口コミをチェック

「コットン1枚分たっぷりの量でパッティングしてもお値段が手頃なのがいいですねー」

第3位 【ORBIS】ニキビと毛穴をケアしてみずみずしい肌へ

第3位 【ORBIS】ニキビと毛穴をケアしてみずみずしい肌へ 出典:Instagram(@nknk.nk2020)ご提供

繰り返す大人ニキビをケアしたい人には、ORBISの「クリアフル ローション」がおすすめ。ニキビの原因と毛穴の詰まりにアプローチし、つるんと滑らかな肌へ導きます。 

バリア機能を整える和漢植物由来成分※1に加え、毛穴ケアができるナノVCショットカプセル※2を配合していることが特徴。ニキビと毛穴悩みをまとめてケアできる高コスパ化粧水を探している人にはぴったりの薬用化粧水です。 

※3位と4位は同点 
※1整肌成分、ニキビ・肌荒れ防止有効成分、保湿成分 
※2整肌成分 

【ORBIS(オルビス) クリアフル ローション】 
1,650円(税込) 編集部調べ 

口コミをチェック

「しっとりタイプでもわりとサラサラしています。」

第2位 【メラノCC】ビタミンC誘導体配合!シミ対策ができる化粧水

第2位 【メラノCC】ビタミンC誘導体配合!シミ対策ができる化粧水 出典:Instagram(@r_cosme_room)ご提供

ドラッグストアなどで手軽に購入できる高コスパ化粧水として人気を集めているのが、メラノCCの「薬用しみ対策 美白化粧水」です。美白※有効成分のビタミンC誘導体を配合した薬用シミ対策化粧水で、シミやそばかすを防いで滑らかな美肌に導きます。 

抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムを配合していることもポイント。美白※ケアとニキビ予防を同時にできるコスパのよさも多くの大人女子から愛される理由です。 

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ 

【メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水】 
990円(税込) 編集部調べ 

口コミをチェック

「塗り心地もいいし、夜のケアに最適だと思います!」

この記事を書いた人

南コウ

化粧品メーカーで商品開発に携わった経験を活かし、美容ライターとして活動中。コスメの知識を深めるため、日本化粧品検定1級の資格を取得。現在は1児の母として子育てに奮闘中。忙しくても肌は綺麗でいたいと願う女性たちに役立つ情報を発信します。

記事一覧へ戻る