Beauty Topics

ファンデーションを塗ると余計に毛穴が目立つ原因とは?きれいに防ぐメイク方法を伝授

出典:adobestock

ファンデーションを塗ると余計に毛穴が目立つ原因とは?きれいに防ぐメイク方法を伝授

毛穴をカバーしたいのに、ファンデーションを塗ると余計に目立つ…。こんな経験はありませんか?多くの方が悩むファンデーションを塗ったときの毛穴の目立ち。原因やきれいにカバーするメイク方法が理解できると、防ぐことが可能です。
そこで今回は、ファンデーションで余計に毛穴が目立つ原因や、事前に防ぐメイク方法をご紹介します。

カテゴリ | ベースメイク
How to ファンデ

ファンデーションはしっかり密着するように塗る

ファンデーションはしっかり密着するように塗る 出典:adobestock

ファンデーションの塗り方1つで、ベースメイクの仕上がりが大きく変わります。とくにファンデーションで毛穴が余計に目立ってしまう方は、密着力が高く崩れにくい肌に仕上げることが重要です。下地やファンデーションを塗る場合は、できるだけブラシやスポンジを使いましょう。指で塗るよりも密着しやすくなり、薄く均一に伸ばせますよ。

また、塗る際は顔の内側から外側に向かって伸ばすのが基本ですが、毛穴をカバーしたい場合は、あらゆる方向から凹みを埋めるようにスライドさせ、最後にトントンとやさしく叩き込みながらなじませるのがポイントです。

タイプ別!毛穴が目立つのを防ぐファンデーションの塗り方

毛穴落ちタイプ

スキンケア後は時間をおいてからメイクをする

スキンケア後は時間をおいてからメイクをする 出典:adobestock

凹み部分にファンデーションがたまる毛穴落ちタイプの方は、事前に化粧水や乳液で肌に水分と油分を与え、開いた毛穴をふっくらさせてからベースメイクに取り掛かりましょう。

スキンケアをした後は、水分と油分がしっかりなじんでから下地やファンデーションを塗るのがポイントです。なじみきらない状態でメイクを重ねてしまうとメイクのりが悪くなり、ヨレや崩れの原因になります。肌表面のベタつきがなくなった状態になるまでしばらく時間をおくか、時短で済ませたいときは軽く肌表面をティッシュオフしてからメイクをスタートさせてください。

毛穴を埋めるポアプライマーを使う

毛穴を埋めるポアプライマーを使う 出典:adobestock

毛穴落ちが目立つタイプの方はポアプライマーを使い、凹凸のないフラットな肌に仕上げましょう。塗り方は、毛穴が目立つところに部分的に塗るのがポイント。クルクルと指で小さく円を描きながら塗り広げてください。たるみ毛穴の場合は、軽く皮膚を引き上げながら塗ると凹凸がなめらかに仕上がります。

また、塗る量も気をつけてほしいポイント。たくさん付けすぎるとヨレて余計に目立つ恐れがあるので、少量を薄く塗り広げてくださいね。

ファンデーションはブラシやスポンジで塗る

ファンデーションはブラシやスポンジで塗る 出典:adobestock

ファンデーションを塗るときは密着力を高めるため、ブラシやスポンジなどを使うのがおすすめです。しっかり密着させることで毛穴がカバーされ、時間が経っても美しい状態がキープできます。とくに毛穴落ちが目立つタイプの方は、厚塗りは厳禁。ツールを使うことで、厚塗り防止にもなります。

さらに、もっと厳重に防ぎたい方は、ヨレや崩れを防ぐフィックスミストを仕上げに使うのもよいでしょう。

毛穴浮きタイプ

肌質に合ったスキンケアで保湿する

肌質に合ったスキンケアで保湿する 出典:adobestock

毛穴浮きが目立つ方は、皮脂の過剰分泌が原因の1つ。この皮脂の過剰分泌は、オイリー肌だけではなく、肌内部が乾燥しているインナードライ肌にも起こります。そのため、それぞれの肌質に合ったスキンケアで水分と油分のバランスを整えてあげることが大切です。

しかし、なかには自分の肌質がどちらなのかわからない方もいるかもしれません。そんなときは簡単な見分け方として、洗顔後何も付けずに10分ほど放置した肌の状態を確認してみるのがおすすめです。洗顔後しっとりした状態から徐々に表面がベタつく方はオイリー肌、つっぱった状態から徐々にテカりだしたらインナードライ肌といえるでしょう。

油分をコントロールする下地を使う

油分をコントロールする下地を使う 出典:adobestock

毛穴浮きは、時間が経っても油分を抑えられるベースメイクに仕上げることが大切。そのため、化粧下地は皮脂をコントロールできるようなアイテムを選んでください。

皮脂コントロール系の化粧下地は、油分を抑え仕上がりがサラサラになるタイプが多いため、インナードライ肌のように部分的にテカリが目立つ方には、ところどころ乾燥が気になる場合があります。そんなときは、乾燥しやすい部分に保湿系の下地を塗り、テカリやすく毛穴が目立つ部分に皮脂コントロール系の下地を使うとよいでしょう。

皮脂崩れに強いファンデーションを使う

皮脂崩れに強いファンデーションを使う 出典:adobestock

毛穴浮きが気になる方は、ファンデーションも過剰な皮脂を抑えられるアイテムを選んでみてください。リキッドやクリーム、パウダーなどさまざまなタイプがありますが、皮脂を吸着してくれるものであれば好みの使用感や肌質に合った形状を選んでOKです。

また、厚塗りも余計に毛穴浮きを目立たせる原因になります。できるだけ薄付きで済むように、少量である程度カバーできるものを選ぶとよいでしょう。もし、肌への負担が気になる場合は、化粧下地+コンシーラーのポイント使いで、ベースメイクを完成させるのもおすすめです。

ファンデーションで余計毛穴が目立ってしまったときのお直し方法

毛穴落ちしたときのお直し方法

気になる部分のメイクを乳液でオフ

気になる部分のメイクを乳液でオフ 出典:adobestock

毛穴落ちした部分に直接ファンデーションを重ねてしまうと、余計に崩れが目立ち、仕上がりがきれいになりません。メイク直しの際は、必ず崩れた部分を1度オフしてからおこなうようにしてください。

油分を含む乳液を使うと手軽にオフでき、同時に肌へうるおいも与えられるので便利です。コットンに乳液を含ませ、落としたい部分をやさしく擦りながらオフしていきましょう。

下地から順番にメイクをやり直す

下地から順番にメイクをやり直す 出典:adobestock

オフができたら、再びベースメイクをやり直していきます。このとき、化粧下地から塗り重ねていくのがポイント。つい部分的なお直しなので、いきなりファンデーションを塗りたくなってしまいますが、凹凸が整っていない状態で塗ると、余計に毛穴を目立たせる原因になります。

必ずポアプライマーなどで肌を整えてから塗るようにしてください。

毛穴浮きしたときのお直し方法

過剰な皮脂をティッシュオフ

過剰な皮脂をティッシュオフ 出典:adobestock

ファンデーションが毛穴浮きしている場合は、皮脂などの余分な油分が肌表面にある状態。メイク直しをする前に、ティッシュやあぶらとり紙などで軽く油分をオフしておくのが鉄則です。表面に浮いた皮脂などの上からメイクを重ねてしまうと、余計に毛穴を目立たせる原因になります。また、メイクが密着しにくいため、きれいな状態が長時間続かず、すぐに崩れてしまう恐れもあるのです。

メイクした直後のようなきれいな肌にリセットするためには、油分をオフするひと手間を省かないようにしましょう。

スポンジなどでファンデーションをオフ

スポンジなどでファンデーションをオフ 出典:adobestock

ティッシュやあぶらとり紙などで余分な油分をオフしたら、毛穴浮きしているファンデーションをスポンジで軽く拭っていきます。そのあと、ファンデーションを拭った部分の境目のムラを、なじませるようなイメージでトントンとやさしく叩き込んでいきましょう。

スポンジが表面の皮脂とファンデーションが混ざった油分を吸収し、肌を均一に整えます。

化粧水などで保湿

化粧水などで保湿 出典:adobestock

皮脂やファンデーションがある程度オフできたら、化粧水などで肌にうるおいを与えます。保湿をせずにベースメイクを重ねてしまうと、肌が乾燥して再び皮脂が過剰分泌する恐れがあるため、毛穴浮きが気になる方は必ずこの工程を飛ばさずにおこないましょう。

外出先などでメイク直しに時間をかけられないときは、手早く肌の保湿ができるミストタイプの化粧水を活用するのもおすすめです。

ファンデーションを塗る

ファンデーションを塗る 出典:adobestock

肌の保湿ができたら、オフした部分にファンデーションを塗ります。ファンデーションは指ではなく、オフするときに使用したスポンジのきれいな面を使いましょう。密着力を高めるため、軽く叩き込むように塗るのがコツ。小鼻などピンポイントのお直しであれば、コンシーラーを使用するのもおすすめです。

もしメイク直しに時間をかけられるなら、ファンデーションの前に化粧下地を塗っておくとよりきれいに仕上がり、持続力が上がります。

ファンデーションの塗り方を工夫して毛穴が余計に目立つのを解決

ファンデーションで毛穴をカバーしたいのに余計目立ってしまう…。こんな悩みを抱えている方も多いと思います。毛穴の目立ち方はファンデーションが詰まる「毛穴落ち」と白いプツプツが目立つ「毛穴浮き」の主に2パターンが一般的。原因を理解し、それぞれに合ったファンデーションの塗り方を習得できれば、防ぐことが可能ですよ。

ぜひ今回の記事を参考に、日々のメイクに取り入れて長時間の毛穴レス肌を手に入れましょう。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る