Beauty Topics

《キャンメイク》のフェイスパウダーはどれがいい?全6種の仕上がり&配合成分を徹底比較

出典:キャンメイク公式画像

《キャンメイク》のフェイスパウダーはどれがいい?全6種の仕上がり&配合成分を徹底比較

プチプラ化粧品を取り扱う「CANMAKE(キャンメイク)」は、多くの方から支持されている人気のコスメブランド。なかでもとくに人気が高いフェイスパウダーは全部で6種類あり、いざ購入しようと思ってもどれがいいのか迷ってしまう方も多いですよね。
そこで今回は、今発売されているキャンメイクのフェイスパウダーをすべて実際に試して徹底比較!機能性や使用感の違いを詳しく解説していますので、アイテム選びに迷っている方は参考にしてみてください。

人気のキャンメイクフェイスパウダーを実際に使って比較!

《マシュマロフィニッシュパウダー》マットな質感

《マシュマロフィニッシュパウダー》マットな質感 出典:ライター撮影画像

「マシュマロフィニッシュパウダー」は、ふわっとパウダーがつくので使用感が軽く、塗っていてストレスなく使えました。塗った瞬間、肌表面がサラッと仕上がりなめらかなマット肌が作れます。

付属のパフで塗ると凹凸が整った陶器肌、大きめのブラシで塗ると素肌感のあるなめらか肌に仕上がるので、メイクの雰囲気や好みに合わせてツールを使い分けるのもいいでしょう。

《マシュマロフィニッシュパウダー Abloom》透明感のある肌に

《マシュマロフィニッシュパウダー Abloom》透明感のある肌に 出典:ライター撮影画像

パウダーの使用感は軽やかで、「マシュマロフィニッシュパウダー」とほとんど同じような感じでした。ですが、仕上がり方は5色のパウダーが肌色補正をしてくれるぶん比較するとより明るさや透明感がアップでき、くすみなどの肌悩みをカバーできます。

肌のトーンによっては、たっぷりパウダーをつけると白っぽくなってしまう恐れがあるため、量を調整して塗るのがおすすめです。

《シークレットビューティーパウダー》軽やかな使用感

《シークレットビューティーパウダー》軽やかな使用感 出典:ライター撮影画像

「シークレットビューティーパウダー」は、24時間使用可能なフェイスパウダーだけあって、かなり軽やかな使い心地でした。仕上がりもナチュラルで、ノーファンデで過ごしたい日のメイクにぴったりです。

薄付きではありますが、毛穴などの肌悩みがカバーされ目立たなくなるので、まるで素肌がきれいなように見せてくれます。

《トランスペアレントフィニッシュパウダー》自然なツヤ肌に

《トランスペアレントフィニッシュパウダー》自然なツヤ肌に 出典:ライター撮影画像

「トランスペアレントフィニッシュパウダー」は、微細なパールを配合しており、光に当てるとほんのり輝きを感じます。自然なツヤ感が演出できるので、ナチュラルメイク派の方にも使いやすいフェイスパウダーです。

また、パウダーが3色で構成されているため、つけたときにほんのり血色感や透明感がアップします。

《オイルブロックミネラルパウダー》サラサラ肌に

《オイルブロックミネラルパウダー》サラサラ肌に 出典:ライター撮影画像

「オイルブロックミネラルパウダー」は、パウダーの粒子が細かくサラッとした使用感。塗った瞬間ベタつきやテカリを抑え、サラサラ肌に仕上がるのでお直し用としても便利です。

また、塗った直後だけではなく、時間が経ってもサラサラ肌をキープしてくれるので、皮脂や汗が出やすい夏にも重宝します。

《シルキールースモイストパウダー》フラットなきめ細かい肌に

《シルキールースモイストパウダー》フラットなきめ細かい肌に 出典:ライター撮影画像

「シルキールースモイストパウダー」は、他のフェイスパウダーと比較して粉質がなめらかでしっとりした印象。肌にのせると表面はサラッとしていますが、しっとりとした感覚もあり、時間が経っても乾燥が気になりませんでした。

「サラッと仕上げたいけれど、乾燥が悩み」という方におすすめです。

どれがいいの?失敗しないキャンメイクフェイスパウダーの選び方

選び方1|肌質に合わせて選ぶ

選び方1|肌質に合わせて選ぶ 出典:adobestock

6種類あるキャンメイクのフェイスパウダーはどれも使用感や機能性に優れているので、結局どれがいいのか悩んでしまいますよね。ここでは、失敗しない選び方のポイントを3つご紹介します。

まず1つ目は、肌質に合わせて選ぶこと。キャンメイクのパウダーにはオイルカット機能があるものや、保湿力に優れているものがあります。例えば脂性肌の方はオイルカット機能があるアイテム、乾燥肌の方は保湿力に優れているアイテムなど、自分の肌質に合わせて選ぶことでより満足して使用できるでしょう。

選び方2|なりたい仕上がりに合わせて選ぶ

選び方2|なりたい仕上がりに合わせて選ぶ 出典:adobestock

2つ目は、なりたい仕上がりに合わせて選ぶこと。キャンメイクのフェイスパウダーはマット肌に仕上がるものやツヤ肌に仕上がるものなどがあるため、好みやメイクの雰囲気に合わせて選ぶのもおすすめです。

6種類を実際に比較した際に、ライターが感じた仕上がりの印象は以下のとおり。

仕上がりの印象 商品名
マットな仕上がり ・マシュマロフィニッシュパウダー
・マシュマロフィニッシュパウダー Abloom
・オイルブロックミネラルパウダー
ナチュラルで素肌感のある仕上がり ・シークレットビューティーパウダー
・シルキールースモイストパウダー
ツヤのある仕上がり ・トランスペアレントフィニッシュパウダー

選び方3|色味で選ぶ

選び方3|色味で選ぶ 出典:adobestock

3つ目は、色味で選ぶこと。キャンメイクのパウダーは、色がつかないクリアタイプやベージュなどの色つきタイプなどがあります。カラーによって仕上がりの雰囲気が変わるので、肌悩みや好みの仕上がりに合わせて選ぶといいでしょう。

クリアタイプと色つきタイプの一般的な仕上がりの特徴は以下のとおりです。

パウダーのカラー 仕上がりの特徴
クリアタイプ ・透明感が出る
色つきタイプ ・肌色が整う
・カラーによってトーンアップしたり血色感が出たりする

人気のキャンメイクフェイスパウダーでメイクの完成度を上げよう

今回は、キャンメイクの人気アイテム「フェイスパウダー」のそれぞれの特徴を実際に使用し、比較しました。どれもプチプラということを忘れてしまうほど、クオリティの高いものばかり。使用感や仕上がり方など、自分に合った選び方ができれば満足して使えるのではないでしょうか。

ぜひ気になるアイテムがあれば、この機会に試してみてくださいね。

※本記事ではアイテムや画像を一部ブランド様よりご提供頂いております。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る