Beauty Topics

《団子鼻》の悩みを解消するメイク術!簡単に自然見え×鼻を高く見せる裏技テクを伝授

出典:adobestock

《団子鼻》の悩みを解消するメイク術!簡単に自然見え×鼻を高く見せる裏技テクを伝授

「鼻が低い」「小鼻が大きい」などの団子鼻に悩む女性は多いのではないでしょうか。鼻は顔の中央にあるため、コンプレックスが目立ちやすい部分。ですが、メイクで少し手を加えるだけで変化が出やすいパーツでもあります。
そこで今回は、シェーディングやハイライトで自然に団子鼻を解消するメイク術を伝授!基本のメイク方法から鼻の形に合わせたメイク方法まで、徹底レクチャーします。今まで鼻にコンプレックスを抱えていた方は、本記事で紹介する鼻を高くするメイク術を参考に、理想の美鼻を手に入れましょう。

カテゴリ | ベースメイク
How to

鼻の下のシェーディングで人中の長さを解消

鼻の下のシェーディングで人中の長さを解消 出典:adobestock

鼻の下にシェーディングを入れ、人中を短く見せます。人中とは鼻と唇の間にある溝部分のこと。ここの長さが短いと、若々しく顔立ちがバランスよく見えるのです。また、鼻の穴の形もキュッと引き締まって見え、小鼻の広がりも隠せます。

鼻の下のシェーディングは、影を作るようにVの形で入れてください。淡く色味が付くようにサッと軽くのせるのがコツです。鼻のキワに赤みがある方は、コンシーラーやグリーンのコントロールカラーを使って事前にカバーしてからおこないましょう。

《基本のハイライト》自然に鼻筋を高く!団子鼻解消メイク

ハイライトを入れる基本の位置をチェック

ハイライトを入れる基本の位置をチェック 出典:ライター撮影画像

明るさを出し、光を集めることで立体感を出すハイライトは、高さを出したいところに入れるのがポイント。団子鼻を解消するには「鼻の付け根」と「鼻の先端」にのせるのが基本です。ハイライトもシェーディングと同様、広範囲に塗りすぎてしまうとわざとらしく仕上がるので注意してください。自然に鼻を高く見せるには、ピンポイントでのせていくのが重要です。

それでは、団子鼻を解消するハイライトの基本の入れ方を詳しく解説していきます。

鼻の付け根にハイライトを入れてさらに鼻筋を高く

鼻の付け根にハイライトを入れてさらに鼻筋を高く 出典:adobestock

鼻根のハイライトは、付け根から高さのある鼻に見せます。シェーディングと組み合わせて影と光をプラスすることで鼻筋が際立ち、よりメリハリのある顔に仕上がるのです。

ハイライトを鼻先のほうまで長めにのせてしまうと、そこだけが目立ってしまい不自然な印象に見えます。鼻が長く大きく見えてしまう恐れもあるので、必ずピンポイントで塗りましょう。

また、肌にのせるとラメが目立ち、ギラギラしすぎるハイライトは、いくらピンポイントでのせてもそこだけが悪目立ちするので避けてください。ラメ感が強くなく、自然なツヤ感が出るナチュラルな仕上がりのアイテムを選びましょう。

鼻の先端のハイライトで団子鼻をシャープに見せる

鼻の先端のハイライトで団子鼻をシャープに見せる 出典:adobestock

鼻の先端に入れるハイライトは鼻先を高く見せ、小鼻をシャープに見せます。鼻先が低く丸みがある方は、小鼻横のシェーディングと組み合わせることで、影だけでは作れないツンッと高さのある鼻先を表現できますよ。

鼻の先端にハイライトを塗るときは鼻先全体に塗るのではなく、てっぺんにチョンッとピンポイントでのせるのがコツ。部分的に光を集めて高く見せることで、より小鼻の大きさが目立たないシャープな鼻先に仕上げます。

《鼻の形別》自然に鼻筋を高く!団子鼻解消メイク

全体的に低い団子鼻

全体的に低い団子鼻 出典:ライター撮影画像

全体的にあまり高さがない団子鼻の方は、鼻筋に入れるハイライトを付け根から鼻の頭あたりまで長めに入れましょう。ハイライトを基本の位置よりも長めに入れることで、全体的な低さを解消し、鼻筋の通った高い鼻に見せます。

ですが、ツヤ系のハイライトをがっつり鼻筋に入れてしまうのは、不自然な仕上がりになるのでNG。ラメやパールを含んでいないマットタイプのもので明るさだけを足しましょう。その上から付け根と鼻先にだけ、パールやラメを含んだツヤが出るハイライトを部分的に重ね付けするのがポイントです。明るさと光を部分的に使い分けることで、がっつり長めにのせても変に浮くことなく自然に仕上がります。

小鼻が大きい団子鼻

小鼻が大きい団子鼻 出典:ライター撮影画像

小鼻が横に広がり大きい団子鼻の方は、基本のシェーディングやハイライトの入れ方に加え、小鼻のキワにも影を入れましょう。キワに沿ってシェーディングを入れることで、横に広がった小鼻を、小さく鼻筋が通った高い鼻に見せられます。

また、このタイプの方に気を付けてほしいのが小鼻の赤み。赤み部分が目立ってしまうと、より鼻が大きく見える原因になるのです。シェーディングを入れる前に、コントロールカラーやコンシーラーで色ムラを整えておくだけでも小鼻の存在感を抑えられます。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る