Beauty Topics

ルースパウダーの正しい使い方レッスン!崩れ知らずのツヤ肌を手に入れよう

出典:adobestock

ルースパウダーの正しい使い方レッスン!崩れ知らずのツヤ肌を手に入れよう

メイクの仕上げに欠かせないアイテム、ルースパウダー。でも、意外と正しい使い方を知っている人は少ないのではないでしょうか?
そこで今回は、きれいな肌を作るために押さえておきたいルースパウダーの基本的な使い方をはじめ、理想の仕上がりや肌タイプに合わせたルースパウダーの選び方、初心者の方でも簡単に美しく仕上げる方法や人気アイテムなど、ルースパウダーの魅力を徹底解剖していきます。

カテゴリ | ベースメイク
How to 基本編

基本のルースパウダーの使い方【パフ編】

ルースパウダー×パフの塗り方は、初心者さんでも簡単!

ルースパウダー×パフの塗り方は、初心者さんでも簡単! 出典:adobestock

それでは、基本のルースパウダーの使い方を見ていきましょう。まずは、ルースパウダーをパフでつける方法です。パフで付ける方法は肌に均一に粉を乗せることができるため、メイク初心者さんも安心の塗り方。
ルースパウダーの塗り方で迷ったときは、パフを使った方法は失敗が少なく、おすすめですよ。

ルースパウダーの使い方(1)パフにパウダーを揉みこむ

ルースパウダーの使い方(1)パフにパウダーを揉みこむ 出典:ライター撮影画像

まずはパフにパウダーを乗せたら、しっかり両手で揉みこんでパフの内部まで粉を含ませます。揉みこまずにそのままの状態で肌に乗せると、パフの上についている粉の量がまばらになり、粉っぽい仕上がりや、白浮きの原因にも。
また、パフにルースパウダーを取る時は、フタやティッシュの上に粉を出して取りましょう。この使い方を心がければ、一回でパフ全面に粉をつけることができ、忙しいときでもスムーズですよ。

ルースパウダーの使い方(2)肌をおさえるように付ける

ルースパウダーの使い方(2)肌をおさえるように付ける 出典:ライター撮影画像

パフに十分ルースパウダーを含ませたら、肌をやさしくおさえるように付けていきましょう。この時の使い方の順番は、顔の広い場所~油分の多い場所の順番がベスト。
おすすめは、ベースメイクの印象を決める頬を最初に塗り、次にテカリやすいTゾーン、そして最後にあご部分、という塗り方です。
このような使い方をすることで、必要な場所に必要な量のルースパウダーを付けることができるため、基本として覚えておきましょう。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

ルースパウダーの使い方(3)ブラシで余分な粉を払う

ルースパウダーの使い方(3)ブラシで余分な粉を払う 出典:ライター撮影画像

パフの段階で顔全体にまんべんなくルースパウダーをつけて表面をサラッと仕上げたら、最後に余分な粉を払ってあげましょう。
何もつけていないきれいなブラシを用意したら、肌の上を磨くようにくるくると軽く動かし、余分なパウダーを落とします。
少し手間はかかりますが、この使い方をすることで、ルースパウダーの人気の所以である「ナチュラルツヤ肌」をさらに際立たせてくれますよ。

ルースパウダーを上手に付ける方法:パフを折りたたむ

ルースパウダーを上手に付ける方法:パフを折りたたむ 出典:ライター撮影画像

パフを使った基本の使い方をチェックしたところで、さらに美しい塗り方をお伝えしていきます。ルースパウダーをきれいに仕上げるには、顔全体に均一につけることが基本。
ただ、パフの基本の使い方だと、小鼻の脇や眉下のくぼみなど、細かいところが塗りづらいですよね。
そんな時はパフを折りたたむようにして指に沿わせ、塗りたいところに密着させる使い方がおすすめ。とくに小鼻はテカりやすいため、忘れずに塗ってくださいね。

基本のルースパウダーの使い方【ブラシ編】

ルースパウダー×ブラシの塗り方は、素肌に近い透明感を演出

ルースパウダー×ブラシの塗り方は、素肌に近い透明感を演出 出典:adobestock

次にご紹介するのは、ルースパウダーをフェイスブラシで使う方法です。ブラシでの使い方の魅力は、パフよりもフワッと肌に乗るため、ナチュラルな透明感が出ること。
ルースパウダーを付けていることを忘れるような軽やかなタッチで、近くで見ても素肌のような仕上がりにしてくれますよ。
また、ブラシを使うことで毛穴のカバー力もUPし、つるんとしたツヤ肌に導いてくれます。

ルースパウダーの使い方(1)ブラシに粉を含ませる

ルースパウダーの使い方(1)ブラシに粉を含ませる 出典:ライター撮影画像

それでは、ブラシでのルースパウダーの基本の塗り方を順を追ってチェックしていきましょう。
まず、フタやティッシュなどにルースパウダーを出したら、ブラシにたっぷりと含ませます。
そのまま肌に直接つけてしまうと粉っぽさが顔に残り、せっかくのナチュラル感が台無しになってしまうため、必ず一度手の甲に乗せて、粉の量を調整するのがうまく付ける方法です。

ルースパウダーの使い方(2)肌にパウダーをポンポンと乗せる

ルースパウダーの使い方(2)肌にパウダーをポンポンと乗せる 出典:ライター撮影画像

手の甲でルースパウダーの量を調節したら、肌に乗せていきます。このときの基本ポイントは、ブラシを横に寝かせるようにして、ポンポンと置くように肌に乗せること。
塗り方の順番は、「顔の中心から」がおすすめ。顔の中心にルースパウダーを乗せたら、そこから顔全体に広げるように、ポンポンと顔の外側に向かっていく塗り方を心がけましょう。

ルースパウダーの使い方(3)ブラシでくるくると磨く

ルースパウダーの使い方(3)ブラシでくるくると磨く 出典:ライター撮影画像

ポンポンと置くように顔全体にルースパウダーを乗せ終わったら、最後はブラシの毛を立てて、くるくるとまんべんなく磨いていきます。
この塗り方をすることで、小さな毛穴にもパウダーが密着し、肌に自然に馴染んでカバー力を上げてくれます。
さらにパウダーを磨くことによってナチュラルなツヤ肌を作り、頬などの高い位置に自然に光を集めて立体感のある仕上がりにしてくれますよ。

ルースパウダーを上手に付ける方法:ブラシ選びが重要

ルースパウダーを上手に付ける方法:ブラシ選びが重要 出典:adobestock

ブラシでルースパウダーを上手に付ける方法は、ずばりブラシ選びにこだわること。
フェイスパウダーブラシはあまりに形状の種類が多いので、どれを選ぶべきか悩んでいる人も多いはず。ルースパウダーを使うときにおすすめなのは、毛先が丸くカットしてある「丸平筆」。
毛の長さと量が多く全体的にふんわりとしていているのが特徴で、毛穴をぼかしながらふんわりと仕上げてくれるので基本の1本として持っていると便利です。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share