Beauty Topics

美人眉をつくりたい!アイブロウパウダーの基本的な使い方からテクニックまでご紹介

出典:adobestock

美人眉をつくりたい!アイブロウパウダーの基本的な使い方からテクニックまでご紹介

アイブロウアイテムはたくさん種類がありますが、「アイブロウパウダー」はフワッとしたナチュラル眉をつくりたい時に活躍します。
使い方が簡単なので、これからメイクをはじめたい方や眉メイクに慣れていない方にも扱いやすいメイクアップコスメです。
今回は、そんなアイブロウパウダーの基本的な使い方から少し意外な使い方をする番外テクニックまでご紹介!
選び方のポイントやおすすめ商品も併せてご紹介もするので、ぜひチェックしてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to 基本編 アイブロウ

アイブロウパウダーの使い方【応用テクニック編】

事前にフェイスパウダーでサラサラ眉毛にしておく

事前にフェイスパウダーでサラサラ眉毛にしておく 出典:adobestock

眉毛がファンデーションなどでベタベタしていると、綺麗に粉がのらず、ムラになることがあります。
事前にフェイスパウダーでベタつきを抑え、描きやすい状態をつくっておくのがおすすめです。
また、フェイスパウダーは皮脂や汗を吸着する働きもしてくれるので、メイク持ちをよくするためにも、ぜひおこなってほしい応用テクニックです。

ブラシの使い方は一方向ではなく左右に小刻みに

ブラシの使い方は一方向ではなく左右に小刻みに 出典:ライター撮影画像

ブラシでパウダーをのせる時に、一方向にブラシを動かしていませんか?
ブラシの使い方次第で眉毛の仕上がりに差が出ます。
眉の輪郭のラインを描く時はブラシの動かし方は一方向で正解ですが、中を埋める時は一方向だけだと毛の隙間に色が入り込まず、ムラの原因になってしまいます。
眉の中に色をのせる時は、毛のすき間とすき間に色をのせるイメージでブラシを左右に小刻みに動かしてください。

使う場所でブラシを変える

使う場所でブラシを変える 出典:adobestock

より綺麗な眉を描くには、ブラシの選び方も大事。
ブラシは描く部分によって、形の種類が違うものに変えてみてください。
眉の輪郭のラインや眉尻など、細かい部分に線で描きたい時は斜めカットのブラシ、全体に淡く色をのせたい時は、ラウンドカットのブラシなど。
ブラシによって色ののり方や見え方が変わるので、用途や場所で種類を分けると表現したい質感に仕上がりますよ。

ニュアンスカラーで垢抜け眉をつくる

ニュアンスカラーで垢抜け眉をつくる 出典:adobestock

最近はカラーの種類が増え、レッド系やグリーン系などニュアンスカラーのアイブロウパウダーが数多く販売されています。
髪色やメイク、ファッションに合わせてニュアンスカラーのアイブロウパウダーを選ぶと、今っぽく垢抜けた眉毛になるのでおすすめです。
少し上級者メイクに挑戦してみたいと思った方は、遊び心のあるカラーでいつもと違う眉メイクを試してみるのもありですよ。

仕上げにコンシーラーで立体感を出す

仕上げにコンシーラーで立体感を出す 出典:adobestock

眉メイクが完成したら眉山の上、眉間にコンシーラーをオンするとより形の整った立体的な眉毛が完成します。
コンシーラーの選び方は、肌よりワントーン明るめをチョイスするとハイライト効果も叶うので参考にしてみてください。
また、コンシーラーの代わりにピンクのコントロールカラーを使ってみるのもOK!
パウダーで仕上げたふんわり眉とやわらかいピンクのカラーがマッチして、洗練された眉メイクに仕上がります。

アイブロウパウダーの使い方【番外テクニック編】

ノーズシャドウとして使うテクニック

ノーズシャドウとして使うテクニック 出典:adobestock

アイブロウパウダーは発色がやわらかくぼかしやすいので、眉メイク以外にもたくさんの使い方があります。
まずご紹介するのが、ノーズシャドウとしての使い方。
パレットタイプの一番明るいカラーをブラシで眉間から鼻筋にかけてスーッと軽くなぞると鼻筋に陰影がつき鼻が高く見えます。
毛先が長くやわらかめのブラシを使うと色が濃くなりすぎず、ナチュラルになじみますよ。

シェーディングとして使うテクニック

シェーディングとして使うテクニック 出典:adobestock

顔に立体感を出したい時や、小顔に見せたい時はシェーディングとしての使い方も。
髪の生え際や頬骨下のラインなど、影をつくりたい部分にふんわりのせてぼかすと自然に肌になじみ、立体感のある顔に仕上がります。
シェーディングで使う場合は、ブラシでつけられるパレットタイプがおすすめ。
色味も肌に合わせてブレンドできるので、パレットタイプのアイブロウをお持ちの方はぜひ試してみてください。

アイシャドウとして使うテクニック

アイシャドウとして使うテクニック 出典:adobestock

アイブロウパウダーは、ぼかしやすく濃淡をつけやすいのでアイシャドウとしても使えます。
アイシャドウとして使う場合も、カラーの種類が複数入っているパレットタイプが一番便利です。
使い方は簡単で、薄いカラーをアイホール全体につけ、濃いカラーを締め色としてつけるだけ。
特別なテクニックなしで綺麗なグラデーションができます。
眉と目元が同じカラーになるので、メイクに統一感が生まれますよ。

涙袋メイクに使うテクニック

涙袋メイクに使うテクニック 出典:adobestock

涙袋をつくりたい時にもアイブロウパウダーは活躍します。
やり方は、涙袋の下にアイブロウで線を引いて指でぼかして肌になじませるだけ。
アイブロウパウダーの種類はチップでもパレットでも、なんでもOKです。
涙袋の下に影ができて、ぷっくりとした涙袋がつくれます。
さらに涙袋にハイライトをのせると、目元がうるっとしてかわいらしい印象になりますよ。
目を大きく見せたい時に、ぜひこのテクニックを試してみてください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share