Beauty Topics

今さら聞けないコンシーラーの使い方。気になるシミやクマをカバーしよう!

出典:adobestock

今さら聞けないコンシーラーの使い方。気になるシミやクマをカバーしよう!

シミやクマで悩んでいる大人女子のために、上手なコンシーラーの使い方を紹介します。コンシーラーで肌の欠点を上手に隠せると、陶器のように綺麗な肌になり、美人な印象を与えられますよ。
大人女子にぴったりのおすすめコンシーラーも紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。コンシーラーを使いこなして、「薄塗りなのに綺麗な肌」を手に入れましょう!

カテゴリ | ベースメイク
How to 基本編 コンシーラー

コンシーラーの上手な使い方≪目元編≫

【目元×コンシーラー】小じわをケアする美容成分入りを選んで

【目元×コンシーラー】小じわをケアする美容成分入りを選んで 出典:adobestock

目元は表情によって皮膚が動きやすいため、コンシーラーが崩れやすいです。化粧崩れを防ぐには、美容成分入りのコンシーラーを使うのがおすすめ。美容成分が配合されていれば、目元が乾燥しづらく化粧崩れも防げます。
明るい印象をだしたいなら、パール入りコンシーラーがおすすめです。クマを隠しつつ、目元を明るく見せてくれますよ。

【目元×コンシーラー】少量を重ねる付け方で上手にカバーして

【目元×コンシーラー】少量を重ねる付け方で上手にカバーして 出典:ライター撮影画像

少量ずつ下まぶたに重ねるのが、目元にコンシーラーを塗るコツです。カバー力をだしたいときは、何度も薄く重ねる付け方を試してみて。直接コンシーラーチップを下まぶたにのせると、のせすぎてしまう可能性もあるためやめておきましょう。
また、クマは完全に消してしまうと、顔に陰影がなくなりのっぺり顔になってしまいます。少しクマが透けてみえるくらいにしておくと、陰影のある顔立ちを作れますよ。

【目元×コンシーラー】大人女子の目元を明るくするピンク

【目元×コンシーラー】大人女子の目元を明るくするピンク 出典:ライター撮影画像

コンシーラーはベージュだけでなく、ピンクやグリーンなどさまざまな色味があります。目元のクマを隠すには、ベージュよりピンク色のコンシーラーを使うのがおすすめです。ピンク色は目元を明るくするだけでなく、血色感をプラスしてくれます。
いつも通りコンシーラーを塗るだけなので、メイク初心者でも取り入れやすいですよ。ベージュよりもカバー力は劣りますが、ナチュラルに仕上げてくれるのでぜひ試してみてくださいね。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

【目元×コンシーラー】大人女子の目元のくすみにはオレンジ

【目元×コンシーラー】大人女子の目元のくすみにはオレンジ 出典:ライター撮影画像

目元がくすんでみえるときは、オレンジのコンシーラーを選んでみてください。血色感がプラスされて、健康的な目元になります。カバー力が欲しいときは、オレンジのあとにベージュのコンシーラーを重ねてみましょう。そうすると、頑固なクマをナチュラルに隠せます。
また、目元のゴルゴライン(目頭のあたりから頬の中央に沿って斜め下方に入る線)を消すときにもオレンジのコンシーラーは大活躍。ゴルゴラインに沿って指でぼかすだけで、顔色が一気に明るく華やかになります。

コンシーラーの上手な使い方≪頬編≫

【頬×コンシーラー】頬の赤みや毛穴を隠すための使い方

【頬×コンシーラー】頬の赤みや毛穴を隠すための使い方 出典:ライター撮影画像

頬の肌トラブルといえば、ニキビ跡などの赤みや毛穴、シミなどがあります。
ファンデーションで隠し切れない肌トラブルには、コンシーラーを使ってみてください。頬はデコボコやしわなどが少ないため、頬全体に塗り広げるだけでOKです。
赤みや毛穴が頬全体にでている場合は、リキッドタイプでカバーします。一方でシミや痣など一部分のみを隠したいときは、ペンシルなどのカバー力が高いものを選びましょう。

【頬×コンシーラー】赤みはグリーンカラーで透明感のある肌へ

【頬×コンシーラー】赤みはグリーンカラーで透明感のある肌へ 出典:ライター撮影画像

頬の赤みを隠したいときには、グリーンのコンシーラーがおすすめ。赤とグリーンは補色の関係にあり、グリーンは赤みを消してくれる色味だからです。
頬にグリーンのコンシーラーをのせたら、指や手のひらを使って頬全体になじませます。ただし、ニキビなどで頬の一部分だけ赤い場合は、ベージュのペンシルコンシーラーで部分的に隠す方法がおすすめです。

【頬×コンシーラー】毛穴はベージュやパールでカバー

【頬×コンシーラー】毛穴はベージュやパールでカバー 出典:ライター撮影画像

頬の毛穴は、パール入りベージュコンシーラーで隠す方法がおすすめ。パールが光を反射させて、毛穴による肌のデコボコや陰影を目立ちにくくする効果があるためです。肌にツヤ感もプラスされて、一石二鳥のメイクテクニック。
使い方は、毛穴が気になる部分にコンシーラーを塗り広げたあとに、手のひらを使って頬を温めるようにコンシーラーを密着させます。手のひらでしっかり肌に密着させる付け方にすることで、コンシーラーが肌になじんでナチュラルに仕上がりますよ。

【頬×コンシーラー】シミには硬いスティックタイプがおすすめ

【頬×コンシーラー】シミには硬いスティックタイプがおすすめ 出典:adobestock

リキッドコンシーラーで隠しきれないシミや痣に悩んでいませんか?そんなときに役立つのが、スティックタイプのコンシーラーです。硬めのテクスチャが、しっかりシミや痣に密着してカバーしてくれます。
ブラシなどに取って、気になる部分にのせればOK。コンシーラーと肌の境目を指で優しくぼかすと、ナチュラルに仕上がりますよ。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share