Beauty Topics

リキッドファンデーションの塗り方。よりきれいに仕上がるスポンジの使い方もチェック!

出典:adobestock

リキッドファンデーションの塗り方。よりきれいに仕上がるスポンジの使い方もチェック!

リキッドファンデーションは保湿力やカバー力にすぐれていて、肌質や年齢問わず人気のアイテムです。しかし意外に、基本の塗り方や使い方、ツールの使用方法を理解していないという人もいるのでは?
今回は、リキッドファンデーションの塗り方や使い方のコツ、各ツールの使用方法まで幅広くご紹介します。普段使っているアイテムも全体的に使い方を見直すことで、大きく仕上がりを変えられますよ。

カテゴリ | ベースメイク
How to ファンデ
INDEX

ツヤ肌を目指すなら必須!リキッドファンデーションの特徴は?

使い方次第でツヤ肌もマット肌も自由自在に演出できる

使い方次第でツヤ肌もマット肌も自由自在に演出できる 出典:adobestock

リキッドファンデーションはツヤ肌からマット肌まで、使い方や塗り方次第で幅広い質感の肌を演出できます。

リキッドと反対のパウダーファンデーションの場合は比較的粉っぽく仕上がるため、ツヤ感を出すには部分的にハイライターを仕込むなどのひと手間が必要。

リキッドファンデーションならツヤ感を簡単に出せるのはもちろん、セミマットからマットまで塗り方や使う方法を工夫するだけで、自由になりたい肌を叶えられます。

乾燥が気になる時期はリキッドファンデーションがおすすめ

乾燥が気になる時期はリキッドファンデーションがおすすめ 出典:adobestock

リキッドファンデーションには油分や水分が多く含まれているため、乾燥が気になる秋冬にはとくにおすすめです。乾燥肌さんはもちろん、混合肌・脂性肌の方でも季節によってファンデーションのタイプを使い分けることで、ストレスなくメイクできるでしょう。

油分が多く崩れやすいイメージを持つ方は、ぜひこのあと紹介する塗り方やツールの使用方法を実践してみてください。

ファンデーションの中でもダントツのカバー力

ファンデーションの中でもダントツのカバー力 出典:adobestock

リキッドファンデーションの特徴に、高いカバー力があります。シミや毛穴、ニキビ、ニキビ跡など誰しも肌に悩みはつきものですよね。

リキッドファンデーションは密着力が高く肌にピタッとつくタイプのため、いろいろな肌悩みが気になる人におすすめです。

濃いシミなどをリキッドファンデーションだけでカバーするのは難しいですが、薄いものなら無理なくカバーできるでしょう。

汗や皮脂に強く崩れにくいタイプが多い

汗や皮脂に強く崩れにくいタイプが多い 出典:adobestock

リキッドファンデーションは、汗や皮脂に強いタイプのアイテムが多く展開されています。ウォータープルーフタイプとなっているものは、夏のレジャーやスポーツなど汗や水しぶきによる崩れが気になる場面でおすすめのアイテムです。

ただし、メーカーや商品によって使い方や化粧持ちはさまざまなので、説明をきちんと確認したうえで使用しましょう。

リキッドファンデーションの基本の塗り方とコツ

基本の塗り方は点置きしたあと内側から外側へ伸ばす

基本の塗り方は点置きしたあと内側から外側へ伸ばす 出典:ライター撮影画像

基本的なリキッドファンデーションの塗り方として、まずはおでこ・両頬・鼻・アゴにファンデーションを置いたら内側から外側へ伸ばしていきます。指でもスポンジでも、基本はトントンとやさしく叩きながら広げましょう。

フェイスラインまでしっかり塗ると顔が大きく見えてしまうため、ファンデーションをしっかり塗るのは顔の中心のみにするのが立体的な肌に仕上げるコツです。

塗り方のポイントは目の下の三角ゾーンを重点的に仕上げること

塗り方のポイントは目の下の三角ゾーンを重点的に仕上げること 出典:ライター撮影画像

目の下の三角ゾーンといわれる部分にリキッドファンデーションがついていれば顔全体が明るくきれいに見えるため、重ね塗りする場合はその部分を中心に足すのがコツ。

リキッドファンデーションの塗り方や使用方法に迷ってしまったとしても、基本は目の下の三角ゾーンを重点的に仕上げることを意識すればOKです。

そうすると、どんなアイテムを使ってもツヤ感あふれる美しい肌に仕上がりますよ。

細かい部分の塗り方にも気をつけて

細かい部分の塗り方にも気をつけて 出典:adobestock

目元や口の周りなどは、基本は余ったファンデーションで塗るのが崩れない肌を作るコツ。

メイクがよれやすい部分になるので、ファンデーションの塗り方に気をつけましょう。小鼻のわきや毛穴の凹凸が気になる部分は、指やスポンジをたててみて。

毛穴を埋めることを意識した塗り方をすると、薄付きでもきれいにカバーできますよ。

保湿はしっかり行うのが崩れない肌をつくるコツ

保湿はしっかり行うのが崩れない肌をつくるコツ 出典:adobestock

保湿が足りておらず肌の水分量が減ると乾燥により皮脂の分泌が増えて、リキッドファンデーションがドロッと崩れてしまう原因になります。

化粧崩れを減らすコツは、メイク前の保湿をしっかり行うこと。

しっかりと保湿して水分で満たされた肌はメイクのりもよくなるため、まずは顔全体をしっかり保湿しましょう。

化粧下地は肌タイプにあったものを使い分けて

化粧下地は肌タイプにあったものを使い分けて 出典:adobestock

リキッドファンデーションの塗り方以外に、ぜひ化粧下地の使い方にもこだわってみてください。

全顔を同じ下地で仕上げるのではなく、皮脂分泌が多いTゾーン部分は皮脂吸着タイプ、そのほかの部分は保湿タイプなど部分ごとに下地を使い分けるのがコツ。

自分の肌のタイプに合う化粧下地でベースの肌が整うと、そのあとに使うリキッドファンデーションの仕上がりもなめらかになるため、おすすめです。

フェイスパウダーの使い方をもう一度チェック

フェイスパウダーの使い方をもう一度チェック 出典:adobestock

基本の塗り方の最後に、フェイスパウダーの使い方もリキッドファンデーションにあわせたものを紹介します。フェイスパウダーは、Tゾーンなどの崩れやすい部分を中心にブラシでふわっとのせるのがコツです。

そうすることで、リキッドファンデーションのツヤ感を残したまま崩れにくい肌に仕上がります。

Tゾーンに軽くのせたら、あとは余っているパウダーをフェイスラインにも薄くのせましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share