Beauty Topics

「頭皮が硬い!」その原因とは?柔らかく改善する&セルフチェックの方法まとめ!

出典:adobestock

「頭皮が硬い!」その原因とは?柔らかく改善する&セルフチェックの方法まとめ!

自分の頭皮が硬いことにふと気がついて、この記事を見ている方は多いでしょう。丁寧なヘアケアを心がけても、頭皮が硬いままでは大人女子にとってはタブー。早めに対策すると美しい髪の毛だけでなく、そのほかのさまざまな悩みも予防できますよ。
そこで今回は頭皮の簡単なセルフチェックと、硬い頭皮を柔らかくする方法をお伝えします。正しく改善して、健康的でしなやかな頭皮をキープしましょう!

カテゴリ | ヘアケア
How to
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら

頭皮が硬くなる原因は、大人女子の日常にも潜んでいた

原因(1)冷えやむくみの原因「血行不良」

原因(1)冷えやむくみの原因「血行不良」 出典:adobestock

冷えやむくみがあるという方は、それにともない頭皮の血流が滞り硬くなっている可能性があります。

とくに女性の身体は、末端が冷えたりむくみやすかったりしますよね。この原因は、男性に比べて女性は筋肉量が少ないため。筋肉は本来血流やリンパの流れをスムーズにする働きがありますが、筋肉が少ないとどうなるでしょう?手足や頭皮の血行不良によってコンディションが乱れるので、頭皮が硬い女性は意外に多いのです。運動不足の方は、日頃の運動習慣もこの機会に見直してみてください。

原因(2)姿勢の崩れによる「コリ」

原因(2)姿勢の崩れによる「コリ」 出典:adobestock

アラサー女子には、家事や子育てなどに追われる方もいるでしょう。これらの習慣はとくに猫背になってしまうことが多いですよね。

最近は仕事もパソコンを使うデスクワークが中心なので、もちろんこれも猫背を引き起こしやすい習慣。

姿勢が崩れると頭の重さが後頭部から首・肩にかけて集中します。すると、首周りの血行不良が慢性化し、硬い頭皮の原因となるのです。

肩コリで悩んでいる方は、マッサージとストレッチ運動で対策しましょう。

原因(3)心と身体にたまる「ストレス」

原因(3)心と身体にたまる「ストレス」 出典:adobestock

不安やストレスが増えると自律神経が乱れ、血行不良から頭皮のコンディションが低下する原因になります。

20代後半〜30代前半の女性は、心理的にもストレスが溜まりやすい時期。結婚・出産などの大きな変化や、仕事の責任が重くなり悩みごとも増えがちですよね。

頭皮マッサージは硬い部分を柔らかくするだけでなく、リラクゼーション効果も得られるので、おやすみ前におこなう方法もおすすめです。

〈解説〉頭皮の簡単マッサージ&おすすめストレッチ

頭皮マッサージのコツは、手間のかからない方法で改善すること。スキンケアやボディメイクも欠かせないからこそ、ぱぱっとできるマッサージ方法とこまめなストレッチ運動で対策しましょう!

朝は、手軽な方法で「ブラシマッサージ」

朝は、手軽な方法で「ブラシマッサージ」 出典:adobestock

頭皮マッサージを最も簡単におこなうのなら、ブラシを使った方法が最適です。クッション性が高く、ブラシの先が丸くなったタイプがおすすめ。

所要時間は1分程度なので、メイク前に髪をとかしつつ頭皮マッサージしましょう。顔まわりの血流やリンパも促され、肌のくすみ改善や青クマ対策にも効果的です。

ブラシを使ったマッサージの手順

  • 1.まずは全体をとかし、髪の毛の絡まりをとく。
  • 2.生え際からうなじに向かって後ろ方向にとかす。
  • 3.生え際付近と後頭部の2カ所を、ブラシでジグザグほぐす。
  • 4.耳の後ろ側4カ所にわけて、ブラシを密着させくるくる円を描くようにマッサージ。
  • 5.頭皮全体をブラシでポンポン叩き、血流を刺激する。

夜は、ほぐしてゆるめる「頭皮マッサージ」

夜は、1日の疲れやコリをリセットする頭皮マッサージをおこないましょう。

指腹(指の腹)と母子球(親指の付け根の膨らみ)を使って硬い筋肉を柔らかく改善し、血行不良の原因にアプローチします。

マッサージのタイミング

マッサージのタイミング 出典:adobestock

基本的にお好きな時間帯でOKですが、シャンプー前後かシャンプーのときに一緒におこなうと習慣化しやすいですよ。それぞれのメリットに合わせて自分にぴったりのタイミングを選んだら、できるだけ毎日おこない改善を目指しましょう。

おすすめのタイミング

  • ・シャンプー前:毛穴の汚れが落ちやすくなる。
  • ・シャンプー中:泡のクッションで髪の摩擦が少ない。
  • ・シャンプー後:頭皮エッセンスを浸透しやすくして効果的。

手順(1)前頭筋マッサージ

手順(1)前頭筋マッサージ 出典:adobestock

まずは親指以外の指腹をそろえて生え際中央に置きます。表面は滑らずに頭皮をスライドさせるようにして、頭頂部に向かって3回引き上げましょう。生え際のラインに沿って少しずつ横に移動し、耳の付け根までおこないます。

その後は生え際中央から頭頂部方向に移動しながら、同じ手順でマッサージしてください。

マッサージ中は息を止めないように、自然な呼吸を意識するのがポイントですよ。

手順(2)側頭筋マッサージ

手順(2)側頭筋マッサージ 出典:adobestock

母子球を両耳のすぐ上の位置に当ててから、頭を包み込むように手のひら全体をぴたっと密着させます。そのまま両手で押しあい圧をかけながら、ゆっくり大きく円を描きます。

このとき、頭頂部に向かって引き上げるイメージでおこなうと、リフトアップ効果が高まりますよ。5回円を描いたら、最後は頭頂部に向かってぐっと引き上げたまま3秒停止します。 これを耳の上から頭頂部まで、位置をずらしながら3カ所おこなってください。

手順(3)首&後頭筋マッサージ

手順(3)首&後頭筋マッサージ 出典:adobestock

次に首の後ろに手を回し、骨を挟むように指腹を揃えて置きます。首の下からスタートし、両手同時に細かく円を描くように刺激しましょう。

徐々に位置を上ずらし、耳の高さまでおこないます。とくに硬い部分は、指圧しながら小刻みに揺らすマッサージ方法がおすすめ。

首や後頭筋は現代人のほとんどが硬い場所なので、何度か往復して血流を促すとよいでしょう。

手順(4)帽状腱膜マッサージ

手順(4)帽状腱膜マッサージ 出典:adobestock

指腹でリズミカルにタップするように、頭頂部全体をトントンとまんべんなく叩きましょう。脱力して手首のスナップを効かせると、上手にできますよ。最後に頭頂部でポニーテールを作るように髪を束ね、天井方向にほどよく引き上げ小さく揺らします。髪が短い方はブロックごとに分けてください。頭皮全体が動いたら、マッサージ完了です。

「首のストレッチ運動」も柔らかい頭皮作りに◎

「首のストレッチ運動」も柔らかい頭皮作りに◎ 出典:adobestock

首の筋肉は後頭筋と直接つながっており、さらに後頭筋は額側の前頭筋まで1枚の膜でつながっています。マッサージに加え首のストレッチ運動でより柔らかくしてあげると、頭皮全体の改善効果が高まりおすすめです。

筋肉をストレッチするときはふーっと息を吐きながら、伸びを感じてみてくださいね。

首のストレッチ方法

  • 1.頭頂部から上半身を引き上げるように姿勢を正す。顎は軽く引いて。
  • 2.右手を後ろ側に回して腰に当てる。左手でサポートしながら頭を左に倒し、右肩を下げて30秒キープ。反対側もおこなう。
  • 3.頭の後ろで両手を組み、首を前後に倒す。ゆっくりと5回程度おこなう。
  • 4.デコルテに両手を重ねて置き、顎を真上・右斜め上・左斜め上に引いて各10秒キープ。首の前側をよく伸ばす。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share