Beauty Topics

まつ毛パーマ前はどこまでメイクしていいの?施術後に気をつける注意点と化粧の仕方とは

出典:adobestock

まつ毛パーマ前はどこまでメイクしていいの?施術後に気をつける注意点と化粧の仕方とは

ナチュラルな上向きまつ毛を叶える「まつ毛パーマ」。メリットが多い反面、初めてまつ毛パーマをする人は「施術前どこまでメイクしてよいのか」「施術後何に注意すべきなのか」など、疑問もたくさん思い浮かぶのではないでしょうか。
そこで今回は、まつ毛パーマの施術前後の注意点を徹底レクチャー。初めてのまつ毛パーマ前に、カール持ちをよりよくする正しいメイクやケア方法を学んで美しい仕上がりを長く楽しみましょう。

カテゴリ | アイメイク
How to

自まつ毛をいたわる!まつ毛パーマ後に注意したいケア方法

日常生活ではとにかく負担をかけない意識を

日常生活ではとにかく負担をかけない意識を 出典:adobestock

まつ毛パーマをした日以降は、より丁寧にお手入れをする必要があります。メイクもスキンケアも、何をする際も「まつ毛に負担をかけない」意識が大切です。

摩擦や圧迫、衝撃など、まつ毛へのダメージにつながる行動には気をつけましょう。あまり神経質になる必要はありませんが、頭の片隅に忘れず思っておくことで、いつでもまつ毛をいたわるお手入れができますよ。

メイク落としのコツ

メイク落としのコツ 出典:adobestock

アイメイクを落とす際は、「こすらない」ことが何よりも大事です。なるべくまつ毛に触れないように気をつけ、軽くなでる程度のソフトな力加減でメイクオフしましょう。

まつ毛の根本付近にアイシャドウやアイライナーを使った場合、指だと上手く届かずメイクを落としきれないケースもあります。コットンや綿棒にリムーバーを含ませ、クルクルとやさしくなぞるようにメイクをなじませると、きれいに落とせますよ。

乾燥は大敵!まつ毛美容液でケア

乾燥は大敵!まつ毛美容液でケア 出典:ライター撮影画像

パーマをかけた後のまつ毛は、乾燥などのダメージを受けやすいデリケートな状態にあります。むやみに触れるのは控えるべきですが、まったく何も手を加えないのもよくありません。

朝のメイク前や夜のお休み前に、「まつ毛美容液」でお手入れをしましょう。美容成分が含まれているものが多く、いつものスキンケアにプラスするだけで簡単にまつ毛のケアができます。マスカラをつける要領で、根本から毛先に向かってすみずみまで塗ってください。

寝るときは「横向き」や「うつ伏せ」を控えて

寝るときは「横向き」や「うつ伏せ」を控えて 出典:adobestock

持ちをよくするためには、メイクやスキンケアだけでなく毎晩の「寝る姿勢」も大切です。寝るときはできるかぎり、「仰向け姿勢」を心がけましょう。

横向きやうつ伏せの姿勢で寝ると、枕と顔の間にまつ毛が挟まって圧迫され、カールのデザインが変形する可能性があります。せっかくのパーマが取れやすくなるばかりか、抜けや切れなどのきっかけにもなってしまうので注意してください。

メイクの前に毛流れを整える

メイクの前に毛流れを整える 出典:adobestock

施術後まもなくはきれいにセパレートしていたまつ毛も、日が経つにつれて少しずつ絡まりが目立ちやすくなります。絡まったままでは、カールのデザインがイマイチきれいに見えなくなってしまうので、こまめに毛流れを整えるのがおすすめです。

朝のメイク前にスクリューブラシを使って、根本から毛先に向かって毛をとかしましょう。決してブラシを強く当てずに、ふわっと軽いタッチで整えるのを意識してください。

まつ毛パーマの特徴や注意点を理解して、上手にメイクを楽しもう

まつ毛パーマが初めての人も、施術前後のメイクやお手入れの大切さが分かったのではないでしょうか。日頃のメイク方法やケアに注意を払ってこそ、持ちを長くしてよりきれいな仕上がりを叶えられるのです。どこまでがOKでどこまでがNGなのか、正しい境界を見極められればまつ毛パーマをもっと身近に楽しめます。

今回の内容を参考にまつ毛パーマを取り入れて、ナチュラルなぱっちり目を満喫してくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share