Beauty Topics

濡れても落ちにくいプールメイク方法!仕上がりを保つポイントを押さえて楽しもう

出典:adobestock

濡れても落ちにくいプールメイク方法!仕上がりを保つポイントを押さえて楽しもう

夏といえばプールや海などの水のレジャー。大人女子もめいっぱい楽しみたいですよね。ですが、そんな水のレジャーでどうしても気になるのがメイクの「ヨレ」や「崩れ」。ばっちりキメたキレイなメイクが台無しになっていたら、せっかくの楽しい時間が満喫できなくなってしまいます。
そこで今回は、水に濡れても落ちにくいプールメイク方法を徹底解説。ベースメイクやアイメイク、チーク&リップのパーツ別のメイク方法から、崩れたときのお直し方法まで詳しくご紹介します。

カテゴリ | アイメイク
How to

落ちにくいプールメイクの方法【アイメイク】

《プールメイク》ベースを仕込んで崩れにくいアイメイクに

《プールメイク》ベースを仕込んで崩れにくいアイメイクに 出典:adobestock

プールや海へのお出かけの日は、アイシャドウベースのひと手間で崩れにくいアイメイクの土台をつくっておきましょう。アイシャドウベースとは、アイシャドウを塗る前に使う下地のこと。アイシャドウの密着力を高めたり発色をよくしたりなど、化粧下地のような役割をします。

アイメイクにこのワンステップを加えると、メイクの持ちが格段に変わるのでぜひ活用してみてください。

《プールメイク》アイシャドウは高密着力のクリームやリキッドを

《プールメイク》アイシャドウは高密着力のクリームやリキッドを 出典:adobestock

アイシャドウにもさまざまな種類がありますが、水で落ちにくいアイメイクに仕上げるならまぶたへの密着力が高いクリームタイプやリキッドタイプを選びましょう。

こっくりとした使い心地で、上品なツヤ感を演出したいならクリームタイプ。サラッとした使い心地で、みずみずしい濡れたようなツヤを演出したいならリキッドタイプがおすすめです。好みのテクスチャーや仕上がりに合わせて選んでみてください。

《プールメイク》マスカラ、アイライナーはウォータープルーフを

《プールメイク》マスカラ、アイライナーはウォータープルーフを 出典:adobestock

マスカラやアイライナーはパンダ目になるのを避けるため、ウォータープルーフタイプを選びましょう。水に強いウォータープルーフタイプならプールメイクでも落ちにくく、キレイな状態が長続きします。

しかし、ウォータープルーフタイプは耐水性には優れていますが、皮脂などの油分には対応していません。皮脂崩れも気になる方は、ウォータープルーフタイプと耐脂性に優れたスマッジプルーフタイプを兼ね備えたアイテムを選びましょう。

《プールメイク》アイブロウコートで落ちにくい眉に仕上げる

《プールメイク》アイブロウコートで落ちにくい眉に仕上げる 出典:ライター撮影画像

眉毛は顔の印象に大きく影響するので、絶対に崩したくないパーツ。なるべく水に濡れても落ちにくいアイブロウに仕上げるため、アイブロウコートで眉毛を仕上げましょう。

アイブロウコートとはパウダーやペンシル、眉マスカラなどで眉毛を仕上げたあと、上から塗って眉毛を保護するコーティングアイテムのこと。汗や水、皮脂やこすれなどから崩れを予防してキレイな眉毛の状態を長時間キープするというものです。

仕上げにサッと塗るだけで持ちが格段によくなるので、ぜひプールメイクにも取り入れてみてください。

落ちにくいプールメイクの方法【チーク&リップメイク】

《プールメイク》チークは落ちにくいクリーム&リキッドが◎

《プールメイク》チークは落ちにくいクリーム&リキッドが◎ 出典:adobestock

頬に彩りを与え、顔を華やかに見せるチーク。チークが落ちてしまうだけで血色感が失われ、顔色が悪く見えてしまうことがあります。それを回避するためには、やはりアイテム選びが鍵に。クリームタイプやリキッドタイプなどしっとりとしたテクスチャーのチークは、肌への密着力が高く比較的色持ちがよい傾向にあります。

最近は色持ちが長時間続くティントタイプのチークもあるので、そのようなアイテムを試してみるのもおすすめです。

《プールメイク》リップはティントタイプがGOOD

《プールメイク》リップはティントタイプがGOOD 出典:adobestock

他のパーツに比べて落ちやすいリップメイクは、長時間色持ちが続くティントタイプのリップを使って落ちにくい対策をしていきましょう。色味をのせるだけのリップやグロスに比べ、唇を染めるティントリップなら水に強く落ちにくいのが特徴です。

しかし、なかにはティントリップを使うと唇が荒れてしまう方もいます。そんな方は、リップの上からコーティングして色持ちをよくするリップコートを使うのもおすすめです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share