Beauty Topics

《基本》眉毛コームの使い方!おすすめアイテムときれいに仕上げるコツまとめ

出典:adobestock

《基本》眉毛コームの使い方!おすすめアイテムときれいに仕上げるコツまとめ

メイクのバランスに関わる重要なポイントとは、何といっても「アイブロウ」ですよね。キレイな眉を描くために欠かせない自眉のお手入れは、眉毛コームの使い方をマスターすることが大切。
そこで今回は眉毛コームの基本の使い方や、上手に仕上げるコツをご紹介します。タイプ別の特徴や、人気のおすすめアイテムもあわせてお伝えしますので、この記事を見ればあなたにぴったりな眉毛コームがきっと見つかるはずです。

カテゴリ | アイメイク
How to おすすめ 基本編 アイブロウ

【眉毛コームの基本の使い方】コツを覚えてキレイな眉に

必要な基本アイテムとは

必要な基本アイテムとは 出典:adobestock

必要なもの

  • ・眉毛コーム
  • ・ハサミ
  • ・ブラシ
  • ・普段使っているアイブロウ
  • ・鏡

先ほどご紹介したようなハサミやブラシが付いた眉毛コームなら、必要なアイテムも少なくなります。

鏡は卓上タイプや手鏡でもOKですが、失敗を防ぐためにはできるだけ正面から眉毛の形を確認できるようにしましょう。高めの位置で垂直に近い角度にセットするか、洗面台の鏡を使用するのがおすすめです。

自眉を整える時の使い方

使い方(1)いつも通りの眉メイクをする

使い方(1)いつも通りの眉メイクをする 出典:adobestock

眉毛をカットする前に、一旦普段のアイブロウメイクをしましょう。(眉マスカラはしないこと)素肌のまま眉毛を整えると完成形をイメージすることが難しく、必要な部分までカットしてしまう可能性があるからです。

アイブロウの下地があれば、はみ出した部分をカットするだけでも、十分垢抜けた印象になります。

使い方(2)眉の形をチェックする

使い方(2)眉の形をチェックする 出典:adobestock

眉毛の黄金比率・3つのポイント

  • ・眉頭:小鼻の真上
  • ・眉山:黒目の外側〜白目の外側の間
  • ・眉尻:小鼻と目尻を結んだライン上

アイブロウが描けたら、鏡から40〜50cm程度離れて遠目で眉毛の形をチェックします。眉毛の黄金比率を参考にしながら足りない部分は足して、各パーツは左右対称になっているかを確認してください。

ここの工程で理想的な眉毛をしっかり描けているかどうかが、大きなポイントになります。

使い方(3)全体をとかし、毛流れを整える

使い方(3)全体をとかし、毛流れを整える 出典:adobestock

基本の眉毛のとかし方

  • 1.眉頭は真上に向かってとかす
  • 2.中間部分は平行にとかす
  • 3.眉尻は斜め下に向かってとかす

上記のステップを基本に、眉毛コームを使って自分の眉の毛流れに従い、全体的にとかしてください。髪の毛と同じように、眉毛もとかすことで毛のもつれがほぐれて扱いやすくなります。

毛流れが整うと濃い部分と薄い部分の違いや、毛が伸びてはみ出した部分が明確になるため、お手入れがより簡単に。

使い方(4)コームを斜め下に当ててカットする

使い方(4)コームを斜め下に当ててカットする 出典:adobestock

毛流れが集中する眉の中間部分に、眉毛コームを斜め下に向かって当て、先ほど描いたメイクからはみ出した部分のみをハサミでカットします。切りすぎを防ぐため、眉毛コームを地肌に密着させない使い方が上手に整えるコツ。

基本的には眉頭と眉上はできるだけ触れないようにすると、今っぽいトレンド眉に仕上がります。どうしても気になる場合のみ、毛流れに沿って上に向かって眉毛コームを当てて、はみ出た部分をカット。やりすぎないように気をつけ、仕上がりを確認しながら行ってくださいね。

使い方(5)眉毛の周辺はシェーバーで剃る

使い方(5)眉毛の周辺はシェーバーで剃る 出典:adobestock

眉毛をカットしたらブラシで全体をとかし、余分な毛を払ってください。

その後眉毛の周りにも毛がまばらに生えていたり、産毛が目立ったりする方は、フェイスシェーバーを使って剃ります。眉毛用の小さなカミソリか、電動のフェイスシェーバーを使うとよいでしょう。

コツはアイブロウを描いたラインから1〜2mmあけて剃ることです。際まで攻めると不自然な眉毛が完成するので、注意しましょう。鏡から離れて目立つ部分のみを処理すると、ナチュラルでおしゃれな眉毛になります。

メイクするときの使い方

眉毛を描く前に、毛流れを整える

眉毛を描く前に、毛流れを整える 出典:adobestock

メイク前は眉毛があちこちに向いていることも多いので、必ず眉毛コームを使い毛流れを整えることが基本です。毛並みが整っていない眉毛は、疲れ顔や野暮ったい印象になってしまうことも。

手間もかからずにできるので毎回自眉をしっかりとかして、洗練された美眉を手に入れてくださいね。

眉マスカラがダマになったときにほぐす

眉マスカラがダマになったときにほぐす 出典:adobestock

眉マスカラをつけると、マスカラ液が固まりダマになってしまうことがありますよね。そのようなときにも、眉毛コームでささっととかすだけでダマが取れて、眉マスカラを均一に仕上げられます。

とかし方は自眉の整え方でご紹介した、基本の方法がベスト。眉頭はとくに意識して、真上に向かってしっかり立たせるようにとかすことが、人気の立体眉作りのコツです。

まつ毛兼用タイプなら、マスカラの仕上げにも

まつ毛兼用タイプなら、マスカラの仕上げにも 出典:adobestock

くし目が細かい眉毛コームは、基本的にまつ毛への使い方も可能です。マスカラをつける前とつけた後に眉毛コームでまつ毛をとかすと、根元から毛先までキレイにセパレートされて美しい仕上がりに。

とくに繊維たっぷりのマスカラを使用するときは、「マスカラ→コーム」の手順を数回繰り返すと、キレイに長さをアップできます。

人気の眉毛コームを紹介!愛用者多数のおすすめアイテムはこちら

おしゃれな見た目で、使い心地も抜群

【シュウウエムラ アイブローブラシ】
シンプルなデザインにブランドロゴがきいた、シュウウエムラの眉毛コームは、ブラシがついた2way仕様。ロングタイプで適度な太さがあるため、手になじむ使い心地が人気の理由です。デパコスでありながら、お手頃価格なのも嬉しいポイント。

人工毛を使用していますが、肌あたりは比較的ソフトで使いやすいアイテムです。

660円(税込) 編集部調べ

珍しい3D形状で、自眉のお手入れがスムーズに

【貝印 クシ付きマユハサミDX】
刃物で有名な老舗メーカーである貝印では、眉用のハサミにコームがセットされたこちらのアイテムが人気です。片手で余分な眉毛をカットできるため、初心者から上級者まで幅広い方に支持されています。

「クシ付きマユハサミDX」は持ち手にゆるやかなカーブがあるため、手元が顔に当たりにくく不器用な方にもおすすめです。

1,100円(税込) 編集部調べ

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share