Beauty Topics

意外と簡単な「香水」の正しい捨て方!使いきれなかったときの活用法もチェック

出典:adobestock

意外と簡単な「香水」の正しい捨て方!使いきれなかったときの活用法もチェック

香水の容器には瓶や金属が使われているため、処分するときに捨て方で悩むことも多いでしょう。とくにTPOによって使い分けると、手元に何個も古い香水が残ってしまう場合も。
そこで今回は、香水の正しい捨て方をステップごとに詳しくレクチャーします。余った香水を捨てずに処分する方法や、上手な活用方法も解説。香水の捨て方でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

カテゴリ | その他
How to 香水
INDEX

余った香水の「捨て方」で困っていませんか?

ついつい集めてしまい、余りがちな香水

ついつい集めてしまい、余りがちな香水 出典:adobestock

シーンによって気分をチェンジできる香水は、日頃から愛用している方が多いでしょう。数種類持っていると、すべて使いきるまでに中身が劣化したり、捨て方がわからないまま何年も放置してしまったりすることも。

香水はアルコールの揮発や香りがもれないように容器が頑丈なため、正しい方法で捨てるには分解や分別の手間がかかります。一度手順を覚えれば簡単なので、この機会に不要な香水の捨て方をマスターしてすっきりしましょう。

注意!香水にも使用期限がある

注意!香水にも使用期限がある 出典:adobestock

香水を捨てるか否かを判断するときにチェックしたいのが使用期限。香水の使用期限は開封済みの場合で約1年、未開封の場合は約3年が目安です。意外と短いと感じる方も多いのではないでしょうか。もちろん使いきることが最善ですが、処分が必要になったときにルールを守って捨てられるようにしたいですね。

ちなみに、ボトルの香水は1プッシュあたり約0.1ml、アトマイザータイプは0.05mlです。1回で使う量に日数をかけるとちょうどよい量が計算でき、次に買うときは使いきれるサイズを選べます。

間違った捨て方はトラブルの元に

間違った捨て方はトラブルの元に 出典:adobestock

不要になった香水をなんとなく処分してしまうと、知らず知らず間違った捨て方をしていることも。香水には油分やアルコールが含まれているため、取り扱いには注意が必要なのです。

場合によっては環境汚染や体調不良、自宅の配管に問題が発生するなど、厄介なトラブルを招くこともあります。

こんな方法はNG!香水の間違った捨て方

NGな捨て方(1)シンクやトイレに流す

NGな捨て方(1)シンクやトイレに流す 出典:adobestock

香水が不要になった際にキッチンのシンクやトイレの便器に直接流す方もいますが、これは間違った捨て方です。香水の中にはアルコールや油分が入っているため、香水を流すと配管に匂いが染みつく可能性も。

いつまでも匂いが消えず、水を流すたびに気分が悪くなってしまうことも考えられますので、十分注意しましょう。

NGな捨て方(2)燃えるゴミでまとめて捨てる

NGな捨て方(2)燃えるゴミでまとめて捨てる 出典:adobestock

香水の容器はよくあるスプレーボトルとは違い、主にガラス瓶や金属、プラスチックなどの異素材が組み合わさっています。したがって、すべて一緒に燃えるゴミとして捨てることはNGです。

慣れないと少々手間に感じるかもしれませんが、パーツごとにそれぞれ決められた分別方法をチェックし、きちんと分けて捨てるようにしましょう。

NGな捨て方(3)香水の中身を残したまま捨てる

NGな捨て方(3)香水の中身を残したまま捨てる 出典:adobestock

中身が残った香水を処分する場合、どのように液体を取り出したらいいか迷いますよね。分別を考えると面倒になり、そのまま捨てたくなる気持ちも理解できますが、もちもんNG行為です。

香水の液体を出さなければ容器を分別することもできないため、必ず中身を出してから捨てましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share