Beauty Topics

【バスオイル】の魅力とは?湯船での使い方やおすすめアイテムをピックアップ!

出典:adobestock

【バスオイル】の魅力とは?湯船での使い方やおすすめアイテムをピックアップ!

心地よい香りに癒されながら全身の保湿ケアをしたいときには、バスオイルがおすすめです。しかし、バスソルトや固形入浴剤との違いがわからず、あまり使ったことがない人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、バスオイルを使うメリット・デメリットや正しい使い方をご紹介します。人気のバスオイルもご紹介するので、アイテム選びに迷っている人は参考にしてください。

カテゴリ | ボディケア
How to おすすめ

アイテム選びで迷ったらチェック!バスオイルの選び方

好みの香りで選ぶ

好みの香りで選ぶ 出典:adobestock

バスオイルは各メーカーからさまざまなアイテムが登場しているため、迷ってしまう人も多いでしょう。アイテム選びで迷ったら、好みの香りで選ぶ方法がおすすめです。バスオイルには、フローラル系や柑橘系、ミント系などのさまざまな香りがあります。好みのアイテムと出会うためにも、実際に香りを嗅いでみてから選ぶのがおすすめです。

また、ぐっすり眠りたいときはラベンダー系、頭をすっきりさせたいときはミント系など、香りの効果で選んでもよいですね。

成分で選ぶ

成分で選ぶ 出典:adobestock

バスオイルの選び方で迷ったときは、成分に注目する方法もおすすめです。バスオイルは、アイテムによって配合されているオイルの種類が異なります。肌の成分に近いオイルを選ぶことで肌なじみがよくなるので、迷ったときはオイルの種類をチェックしましょう。

一般的に肌なじみのよいオイルは、オリーブオイルやホホバオイル、アーモンドオイルなどが挙げられます。その他にも、乾燥が気になるときにはセラミドなどの保湿成分が配合されたアイテムもおすすめです。

使い続けられる価格帯で選ぶ

使い続けられる価格帯で選ぶ 出典:adobestock

ボディオイルを継続して使用するためには、予算に合ったアイテムを選ぶことも大切です。ボディオイルの価格は、1,000円前後で購入できるプチプラのアイテムから5,000円を超えるような高価なアイテムまで幅広くあります。

自分へのご褒美のために高価なアイテムを購入するのもよいですが、毎日使いたいのであれば無理なく購入できるアイテムを選びましょう。

プレゼント用にはデザインも重視

プレゼント用にはデザインも重視 出典:adobestock

バスオイルをプレゼントとして贈る場合は、デザインにもこだわりましょう。バスオイルには、どんなインテリアにも合うシンプルなものや、香水ボトルのような高級感のあるデザインのものまで幅広くあります。

プレゼントを贈る相手の好みに合わせて、しっくりくるデザインを選びましょう。また、プレゼント用にラッピングしてくれる店舗で購入すると渡すときもスムーズです。

試してほしい!おすすめのバスオイル2選

アロマティックハーブの香りで安らぎを与える入浴料

【AYURA(アユーラ) メディテーションバスt】
「メディテーションバスt」は、カモミールやローズマリーなどをブレンドしたアロマティックハーブの香りの入浴料です。森林浴をしているようなすっきりとした香りが特徴で、安らぎと癒しを感じられます。しっとりとした肌に導く、植物由来の美容成分※を配合していることも魅力の1つ。乾燥が気になる肌にもおすすめです。

使い方は、2層になっている液体をしっかり混ぜ合わせてから湯船に入れてください。1回分の使用量が目盛りで示されているので、入れすぎる心配はありません。

※保湿成分

2,200円(税込) 編集部調べ

潤いのヴェールに包まれて保湿ケアできるバスオイル

【SHIRO(シロ) サボン バスオイル】
「サボン バスオイル」は、フルーツのみずみずしい香りが漂う石鹸を基調とした香りのバスオイルです。ヒマワリ油※やシアバター※などの美容成分を配合していることも特徴。しっとりと潤いに満ちた肌に整うので、入浴後の保湿ケアを短時間で済ませたい人にもおすすめです。

使い方は、キャップ5杯分のバスオイルを湯船に入れて、しっかりと混ぜ合わせてください。1本で約7回分使用できます。

※保湿成分

4,180円(税込) 編集部調べ

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share