Beauty Topics

水が必要ない『ドライシャンプー』とは?市販で買えるおすすめ10選をピックアップ!

出典:adobestock

水が必要ない『ドライシャンプー』とは?市販で買えるおすすめ10選をピックアップ!

水を使わず、頭皮のベタつきや臭いを簡単にオフできるドライシャンプー。1つ持っておくとさまざまなシーンで重宝する便利なアイテムですが、いざ購入しようと思っても種類が豊富にあるため、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?
今回は、ドライシャンプー選びに迷っている方にぜひチェックしてほしい、失敗しない選び方や市販で買える人気のおすすめ商品をご紹介。また、ドライシャンプーの役割を最大限に活かす、正しい使用方法もあわせて解説します。

カテゴリ | ヘアケア
How to おすすめ シャンプー
INDEX

ドライシャンプーとは?特徴や魅力を解説

水を使わず髪のベタつきがリセットできる

水を使わず髪のベタつきがリセットできる 出典:adobestock

ドライシャンプーとは、スプレーやミストを吹きかけたりムースやジェルなどを揉み込んだりすることで、頭皮の臭いやベタベタを抑えてくれるもの。水で洗い流す必要がなく、気になったときに簡単に頭皮をリフレッシュできるのが特徴です。

スプレー・ミスト・ムース・ジェル・パウダー・シートの主に6種類の形状があります。

幅広いシーンで手軽に頭皮を洗浄できる

幅広いシーンで手軽に頭皮を洗浄できる 出典:adobestock

ドライシャンプーは水やお湯で洗い流す必要がないため、1つ持っておくとさまざまなシーンで便利に使えるおすすめアイテム。 例えば、以下のような場面で重宝します。
 
ドライシャンプーを使うと便利な場面

  • ・通勤や通学などで汗をかき、頭皮や髪のベタつきが気になったとき
  • ・ジムやスポーツなどのあと
  • ・食べ物やタバコなどの臭いが気になったとき
  • ・災害時やアウトドア、入院などでシャワーや入浴ができないとき

上記のようにシャワーや入浴ができない状況のときに、ドライシャンプーを使うと手軽に髪や頭皮を洗浄でき、清潔に保てます。

ドライシャンプーの失敗しないおすすめの選び方とは?

おすすめの選び方1|使いやすい形状の種類で選ぶ

おすすめの選び方1|使いやすい形状の種類で選ぶ 出典:adobestock

一口にドライシャンプーといってもあらゆる種類があり、形状もさまざまです。アイテム選びに失敗しないためには、まず自分が使いやすい形状の種類を選ぶようにしましょう。

以下の表に形状の種類や特徴をそれぞれ詳しくまとめました。

形状 特徴
スプレータイプ ・1度で広範囲に吹きかけられるので、初心者でも扱いやすい
・微粒子のパウダーを含んでいる物が多く、仕上がりがサラッとして爽快感を得られやすい
ミストタイプ ・ミストを吹きかけるので、使った直後は髪が少し濡れる
・水分が多いため、さっぱり感を得られやすい
フォームタイプ
ジェルタイプ
・塗ったあと、タオルなどで拭き取るものが多い
・泡やジェルを揉み込むことで頭皮や髪全体に行き渡りやすいため、隅々まで爽快感を得られやすい
パウダータイプ ・スプレーとは違い、直接自分でパウダーをつけるので量を調節しやすい
・皮脂を吸着するので、サラッと仕上がる
シートタイプ ・直接頭皮を拭けるので、さっぱり感を得られやすい
・コンパクトで持ち運びに便利

同じドライシャンプーでも、形状によって使用方法や仕上がり方がさまざま。好みの使用感で選ぶのはもちろん、使うシチュエーションも考えながら選ぶと、満足できるアイテムにめぐり逢いやすくなりますよ。

おすすめの選び方2|頭皮が敏感な方は配合成分をチェックする

おすすめの選び方2|頭皮が敏感な方は配合成分をチェックする 出典:adobestock

頭皮が敏感で荒れやすい方は、なるべく地肌に負担をかけずに使えるドライシャンプーを選びましょう。多くのものは皮脂汚れを除去するため、アルコールを配合しています。爽快感は得られやすいのですが、敏感な方にはダメージを与えてしまう恐れがあるため、できるだけ含まれていないものを選ぶのがおすすめです。

また、香料や界面活性剤なども使う方によっては地肌への負担となる場合があるので注意しましょう。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る