Beauty Topics

《骨格ウェーブ向け》脚痩せが叶う!下半身ダイエットの方法とトレーニングのコツを伝授

出典:adobestock

《骨格ウェーブ向け》脚痩せが叶う!下半身ダイエットの方法とトレーニングのコツを伝授

骨格ウェーブは、曲線的な女性らしい体型が魅力。ですが一方で、太ると下半身に肉が付きやすく、ダイエットをしても脚がなかなか痩せないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、骨格ウェーブの方が悩む「脚痩せ」について徹底解説!効率よく脚痩せが叶うトレーニングやマッサージ、ストレッチなどの方法をご紹介します。どの方法も簡単にできるものばかりなので、運動が苦手な方もぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | ボディケア
How to ダイエット 骨格系
INDEX

《骨格タイプ診断》骨格ウェーブの特徴をチェック

曲線的で女性らしいボディライン

曲線的で女性らしいボディライン 出典:adobestock

骨格ウェーブは、曲線的なボディラインが特徴。全体的にほどよい肉感があり、女性らしい体型をしています。横から見たときの体のラインも曲線的で、あまり体に厚みがありません。

また、脂肪が付きやすく筋肉が付きにくいタイプのため、筋張った感じがなくやわらかくふわっとした質感の方が多い印象です。

胸元や胴周りに厚みがなく上半身が華奢

胸元や胴周りに厚みがなく上半身が華奢 出典:adobestock

骨格ウェーブは、胸元や胴周りに厚みがないのが特徴。バストトップの位置もやや低めにあるため、上半身が華奢な印象を与えます。

また、首も長く鎖骨が目立つのも骨格ウェーブの特徴の1つ。そのため、ボートネックやラウンドネックなどの首元が少し開いたトップスを着ると、鎖骨がきれいに見えて素敵に着こなせます。

腰の位置が低く下半身にボリュームがある

腰の位置が低く下半身にボリュームがある 出典:adobestock

骨格ウェーブは、上半身よりも下半身に重心が偏っている傾向にあります。ウエストのくびれはしっかりありますが、腰の位置が低く下腹部やヒップ、太ももなどに脂肪が付きやすいため、下半身にボリュームを感じやすいでしょう。

また、太ももの外側が張りやすく、脚のラインが少し湾曲しているのも骨格ウェーブの特徴です。

骨格ウェーブは太るとどうなるの?

下半身にボリュームが出やすい

下半身にボリュームが出やすい 出典:adobestock

骨格ウェーブは、太ると下半身に脂肪が付きやすいタイプ。上半身が華奢なまま、ウエストにくびれが残る状態で下半身ばかりにボリュームが出るので、洋梨のような体型になるのが特徴です。

また、骨格ウェーブは脂肪が付きやすいタイプですが、筋肉は付きにくいため脚にむくみを感じる方も多いでしょう。むくんで水分や老廃物が溜まった状態になるとさらにボリュームアップし、脚が太く見える原因になります。

下半身にボリュームが出るぶん胸元が寂しく見える

下半身にボリュームが出るぶん胸元が寂しく見える 出典:adobestock

骨格ウェーブは太ると下半身に脂肪が付きますが、胸元は華奢なまま。そのため、上半身と下半身のボリュームの差が出やすいため、より胸元が寂しい印象になります。

また、上半身と下半身のボリュームに差が出ることで、全体的にスタイルが悪く見えてしまうこともあるでしょう。

上半身は華奢なままなので太っても気付かれにくい

上半身は華奢なままなので太っても気付かれにくい 出典:adobestock

骨格ウェーブは、多少太っても上半身に脂肪が付きにくく、ウエストのくびれも残ったままなので周りから変化に気付かれにくいのが特徴です。

Aラインスカートやテーパードパンツなど下半身のラインが分かりにくい服を着れば、ボリュームのあるヒップや太ももなどがカバーでき、さらに体重の変化に気付かれにくくなります。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る