Beauty Topics

一重さんのためのアイメイク術!押さえておきたい3のポイントとパーツ別テクニック

出典:ライター撮影画像

一重さんのためのアイメイク術!押さえておきたい3のポイントとパーツ別テクニック

お化粧をしても“まるですっぴん”に見えてしまう一重さん。
そこで今回は、ナチュラルだけどデカ目に見せる一重のメイク術を解説!
一重の魅力を生かすアイシャドウ・アイラインなどのメイクアイテムの使い方、重いまぶたを立体的に見せるコツ、一重さんのコスメの選び方や相性のいい韓国メイクまで詳しくご紹介します。
この記事を参考に、あなたの目の形にあったメイクを研究してみてくださいね!

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別 一重

一重さんと相性のいい韓国メイクは?

ポイント(1)下まぶた・三角ゾーンにカラーをのせる

下まぶた

ポイント(1)下まぶた・三角ゾーンにカラーをのせる 出典:adobestock

韓国の芸能界には、一重まぶたの魅力的なアイドルや俳優・女優が複数いますよね。

韓国の一重メイクは、アイラインをしっかり引いてデカ目を狙いつつ、上まぶたのシャドウは控えめでナチュラル感があるのが魅力です。

その代わり、目を開けていても隠れない“下まぶた”にしっかり色をのせている方が多いです。

三角ゾーン

三角ゾーン 出典:ライター撮影画像

中間色を上まぶたに軽くのせたら、そのまま下まぶたの目尻から目頭へ全体的に色をオン。三角ゾーンには濃いめの色をのせます。三角ゾーンとは、上まぶたと下まぶたの延長線の中にある「目尻の三角地帯」のこと。韓国の一重メイクを詳しく知りたい方は、SNSなどで무쌍메이크업(一重メイク)と検索してみてください。

ポイント(2)アイライナーは長めに引く

ポイント(2)アイライナーは長めに引く 出典:adobestock

一重は、アイラインを長く引いてもナチュラルに見えるのがメリット。

上まぶたの延長線上から、三角ゾーンの角までガッツリ引きましょう。

韓国風メイクはあえてぼかさず線を生かすのが特徴です。韓国感のある切れ長な目元を作りたいときは、まぶたを持ち上げてラインを平行に引くのがポイント。

アイラインをしっかり引くときは、アイシャドウを薄めにのせることでバランスがとれますよ。

ポイント(3)大粒ラメをちょこんのせ

ポイント(3)大粒ラメをちょこんのせ 出典:adobestock

ナチュラルメイクよりにちょっと華やかさを足したいときは、大粒ラメをまぶたと涙袋にのせると韓国っぽい華やかなメイクになります。

ラメは、立体感を出したいまぶたの中央(瞳の上と下)にちょこんとのせるのがおすすめです。

派手になりがちな大粒ラメも、ちょこんとのせることで大人っぽく使いこなせますよ。

一重まぶたが腫れぼったく見えないコスメの選び方

ポイント(1)ラメ系よりマット系アイシャドウを選ぶ

ポイント(1)ラメ系よりマット系アイシャドウを選ぶ 出典:ライター撮影画像

一重さんがラメ系のシャドウを使うと、まぶたの重みが強調されてしまうことがあります。

目が腫れぼったく見えるのを防ぐために、ラメ系よりマット系シャドウを選ぶのがおすすめです。

ラメを使いたいときは、まぶたの中心(瞳の上)や涙袋など、部分的に使うとまぶたが腫れぼったく見えませんよ。

涙袋に使えば、デカ目効果や白目をきれいに見せる効果もあります。

ポイント(2)やさしげな色を選ぶ

ポイント(2)やさしげな色を選ぶ 出典:adobestock

一重さんは、目元がキツく見られがち。やさしげなカラーを使うことで、ふんわりやさしい雰囲気を演出することができます。

おすすめのシャドウカラーは、赤みブラウンやオレンジ、ピンクなど。アイライナーも、黒より明るいブラウンなどやさしげな色がおすすめです。

パステルオレンジやピンクなどの膨張色は、まぶたの上や下に塗って、目尻は濃いブラウンなどの締め色を使うと奥行きが生まれ目元が引き締まります。

ポイント(3)ミステリアスを演出したいときは、ブルー系を選ぶ

ポイント(3)ミステリアスを演出したいときは、ブルー系を選ぶ 出典:adobestock

一重のクール感を際立たせたい!そんなときは、やさしい色とは相反するブルーやパープルなど寒色系の冷たい色をあえて使ってみてください。

一重さん特有のミステリアスで色っぽい印象を演出することができます。

色が鮮やかで使うのに勇気がいるときは「目尻にだけ」など部分的に使うといいでしょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share